韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2016.12.30.Fri

「友達」に帰ってきた妖精SES#20周年#ファンバカ#リーダーの涙

S.E.S
ループSESも友達(ファンクラブ名)も16年の間に指折り数えて待っていた瞬間である。誰のママも妻でもない、その時、その頃、私たちが愛した「妖精」に戻る時間である。

ガールグループ1世代を代表するSESが30日夜8時、ソウル特別市広津区アクティブに世宗大学海洋ホールで単独コンサートを開催する。SESは、コンサートに先立って記者懇談会に出席し、取材陣と会った。

今回の公演「Remember、the day」(リメンバー、ザ・デイ)は、SESデビュー20周年記念プロジェクトの一環として、2000年最後のコンサート以来、実に16年ぶりに開催される単独コンサートだ。

ユジンは「いつも私たち同士の再会を話してきた。活動のようしなくてもならない会ってきたのではない。会うたびに、この瞬間を想像して話分けてきた」とし「しかし、抑止に作ることは嫌だった。縁とタイミングがオ保たしようとした。心の準備をしてみると、適切なタイミングが来るだろうと思った」と話した。

彼女は「グリーンハートバザーを8回まで進行した。子供とユギギョンを助け、自然環境のために寄付して、小さいながらもそれなりのファンと一緒に8年間行事をしてきた。今回のコンサートも寄付コンサート次元でになったのだ。「デビュー20周年コンサート」という意味を持っているが、別の次元で今新たに開始する最初のバザーのコンサート」と説明した。

ユジンは「毎年このようにコンサートを企画することができるか分からない、数年に一度ずつでもバザーやコンサートをしていく予定である。ファンと一緒にしてきたものであり、今後もするので意味がある。バザーを離れてコンサートを通したファンも多く好むことができる桁が作られたようだ」と、困難心を表わした。


パダは「バザーでさらに今回は音楽が好きな方も一緒にすることができてもいい。慈善バザー形でSESが一つになる機会を持って嬉しい。快く一緒にしてくれたイ・スマン先生とSM家族に感謝している。良い気持ちで始めたためだ楽しく準備したようだ」と感謝の気持ちを伝えた。

SESとSMエンターテイメントは、心を合わせてデビュー20周年記念プロジェクトで発生する収益全体の20%を寄付することを決定した。今回のコンサートを通じた収益金の一部も寄付することにして意味を加える。

SESは、コンサートで2017年新年に発売されるスペシャルアルバム収録曲とダブルタイトル曲「Remember」(リメンバー)と「一幅の絵(Paradise)」はもちろん、「I'm Your Girl」、「Dreams Come True」、「 Love」など名曲と振付を披露する。過去20周年を記憶しながらも、豊かな新曲たちに新鮮さを加えた。

ユジンは"良い曲を得ることができるか心配した。「もう一度してみよう」との意味を集める時もタイトル曲を受けるのが容易ではないようだった。イ・スマン先生も「大変こともできる。定しないと、以前に出てきた曲をリメイクする方法も検討してみよう」と言われた」とし「しかし、ミーティングを重ねながら余計な心配をしたと思った」と話した。

彼女は続いて「SESの活動当時はアルバムを出すほどの実力の向上のために負担もあった。今回のアルバムは、負担感なく楽しみながら作業した。アルバムが出てくるということだけでも、ファンが喜んでくれることを知っているから」とし「とても楽しいよ。アルバムを出すだけでも、いい曲も良かったよ。SES最高のアルバムだと満足していた。感謝している」と付け加えた。


パダは「曲が本当に良かった。私たちの曲を聴いてたくさん泣いた。偶然なく歌詞が共感なったよ」とし「イ・スマン先生がたくさん気に与えられた。クリスマス午前3時に「タイトルのミックス終わっコンフォームした」は、文字を受けて感動した。すべてのスタッフが愛情を持ってくれた」と涙を流したりもした。

コンサートを控えてSESは、外的にも破格的な変身を試みた。ユジンはピンク色でシューは黄色に染めた。今日と明日だけアップデートワイスブラックピンク劣らない「アイドル」であり、妖精である。

シュは「コンサートを控えてアイドルようなスケジュールを送った。「いつこのような頭を試みるか、または「するつもりで染色を試みた。子供たちが「ママ、なぜ頭黄色の?」と言われたので「変?」と聞いたらきれいだったよ。子供応援を受けるから気持ちいい」とし「練習しながらも、冷蔵庫気にしながらマート思った」と冗談を言った。

ユジンも「歳月の流れにおいて、外的なものについては負担た。私たちの間で「TV出演を多くしないでください」と言った。画質がとても好きになって、私たちと、同じなかったよ。ファンが付いている幻想と神秘があるので苦心の末に適切に示すことだった」と冗談を言った。

メンバーの中で唯一未婚のパダは、「(家がある)ユジンとシュがー倍増トリプル努めた。時には明け方まで振り付け練習して家に行っても振り付け映像をもう一度見て寝ようとしたよ。このグループのリーダーと呼ばれるものに感謝を感じた。数ヶ月SESのチームワークをまた感じることができた」とユジンとシューに感謝した。


今回のコンサートは、チケットオープン02分で全席売り切れを記録し変わらない人気を立証した。ユジンは「ファンと再会桁ということだけでも、意味が深い。桁をタイト満たしたファンたちと会うと思うと、胸が熱くだ。期待される"と所感を伝えた。海は「SESで一つになることができるということ自体が私たちの歌のように「Dreams come true」だ。幸せな気持ちで一緒にしたい」と期待を表わした。

シューは「毎分」の時間」の大切さを感じている。一緒に作業しながら、あまりにも幸せだった」とし「やはりSESは三人が一緒にいる時最も輝くことを確実に感じた」と愛情を表わした。

ユジンは「過去の活動当時発見できなかったことを今回のアルバムを準備しながら、新たに感じた。「この声がSESの声だ」と思った。セットの声を一緒に歌で聞いたら、その時の香水を誘発た」と言って期待感を高めた

の両日、ファンと会うSESは、31日夜12時、各種音楽サイトを通じてダブルタイトル曲の一つである「Remember」(リメンバー)を先公開した後、1月2日午後12時、別のタイトル曲「一幅の絵(Paradise)」を含むスペシャルアルバム全曲の音源を公開する。アルバムは、2日に発売される。
スポンサーサイト
2016.12.30.Fri

SES "再会?解体した後から、いつも想像してきた"

S.E.S
SESが再結合のきっかけを明らかにした。

SESは、30日午後6時、ソウル世宗大学校海洋ホールで行われたコンサートの記者懇談会で再結合が自然に行われた理由について説明した。

メンバーユジンは「解体したとしてなら会ったのではない。その瞬間から想像になったようだ。いつも話をしていた。いつも話の素材であった。心の準備を少しずつしてきた。少しずつ準備をするタイミングが来るのだ」と述べた。

続いて、パダは「バザーを8回までの8年間、進行した。それとともにイ・スマン先生に連絡を差し上げた快く一緒にしていただきます。慈善バザーと一緒に20周年を一緒にして、より嬉しいようで良い気持ちで一緒にいただき、とても多感謝申し上げる"という所感を伝えた。

一方、SESは、30日、31日、ソウル世宗大学校海洋ホールで16年ぶりのコンサート」リメンバー、ザ・デイ」を開催する。
2016.12.30.Fri

「再会」SES」神秘ためTV出演自制することに合意し、「笑い

S.E.S

16年ぶりに再会したガールズグループSESが神秘のためにTV出演を自制すると明らかにした。

SESは、30日午後6時、ソウル世宗大学校海洋ホールで単独コンサート「リメンバー、ザ・デイ」(Remember、the day)の開催に先立って記者懇談会を開いた。

この日のSESユジンは頭を脱色して、完全なガールズグループの姿で現れた。これと関連しユジンは「私達同士」TV出演をやめよう」、「画質がとても良くなった」とした」とし「ファンの皆さん持っている幻想や神秘があるはずなのに、適切よくしてみよう苦心して計画された結果である」と述べた。

ユジンは「今日と明日のコンサートすることで20周年公式的な活動に仕上げられる」と付け加えた。

16年ぶりに広がるSES単独コンサートには、「アイム・ユア・ガール」(I'm Your Girl)、「ドリームスコムトゥルー」(Dreams come True)、「君を愛してる」、「ラブ」など、90年代の歌謡界を席巻したヒット曲をはじめ、来る1月2日発売されるスペシャルアルバムのタイトル曲「リメンバー」、「一幅の絵」なども初公開される。

30日午後8時、31日夜10時開かれる。
2016.12.30.Fri

SES "1998年度以降初めてのコンサート、とても楽しく感動"

S.E.S
グループSESが16年ぶりに持つ単独コンサートに困難所感を明らかにした。

30日午後、ソウル広津区グンジャドン世宗大学海洋ホールでSES単独コンサート「Remember、the day」の記者懇談会が開かれた。

この日ユジンは「1998年度にコンサートをして、数年ぶりにいるかどうか、あまりにも楽しく感動である。いつも別れた後も、このような日を夢見てきた」とし「ファンと再会桁だけでも意味が深い。あまりにも久しぶりにいっぱいになったファンの方々に会うと思うと胸がいっぱいになる。期待される」と告白した。

パダも「今日のコンサート幸せな気持ちで一緒にする」と述べ、シューは「時間というのが本当に速く行く。特に子供に栄養を与えるみる時間の大切さを感じている。妙な感動を感じているようだ」と説明した。
2016.12.18.Sun

「スケッチブック」20年目の妖精SES、美貌・歌・フン召喚完了

S.E.S
"最初のSパダ、第二Eユジン、第三Sシュー、こんにちはSESです。"

この挨拶を再聞くことができることです。SESが全盛期の頃と変わらない姿で帰ってきた。完全体でカムバックするならKBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」でというリーダーのパダの約束のままであった。

18日放送されたKBS 2TV「ユ・ヒヨルのスケッチブック」は、「3つの贈り物」というテーマで特集が行われた。そして、この日の特集の最後を飾ったのは、まさに14年ぶりのカムバックを知らせた「援助妖精」SESであった。

この日のSESは、代表ヒット曲「君を愛している」で初の舞台を広げ開いた。第1世代の援助ガールグループのびっくり登場に客席は驚いた反応を隠せなかった、SESやはり久しぶりの舞台にときめく表情でその時、その舞台を再演した。

最初のステージが終わった後、挨拶も昔のままであった。「最初のS「パダを始め 'のうち、E'ユジン、「最後のS」シューまで挨拶を終えた後、「私たちの衝撃的なルックスに驚くせる音楽性がない聞こえる室かと思って心配になる」は、パダの気の利いたコメントが続いて雰囲気を喚起した。

このように多くの人々に驚きと嬉しさをプレゼントした彼らのカムバックもリーダーパダの推進に進行されたという事実も知ることができた。パダは "以前に「スケッチブック」に出演した時怖いの約束をしていった。言っておいても守ることができないこともできるしたSESアルバムの準備を決定するとすぐに連絡ささげた」とし「ユジンとシューにひざまずいて仕えてきた」と明らかにした。

また、過去のいきなりの解体を選んだ理由については、「SESが出てきたSMとは、会社は、非常に明確な色を持っている会社なのですが、私たちは、社会経験もないから(イ・スマン)先生に外口径もしてみて帰ってくるとしたら、先生も「そう必要家良いことを知ら「言われた」とし「その言葉通り、再迎えてくださり、当社も世界の水ほど学び、成熟した姿で束になった」と述べた。

このようにホットな話術を誇るパダとは異なり、少し緊張した様子がうかがえるだったユジンは、「三人がスタイルが違いすぎる。という言葉が通じないとすれば、オバマと、むしろ性格が多違ってよく合った」とフッ化せずに友情を続けてくることができた理由を説明した。

彼らはこの日変わらない美貌と清らかな音色とダンスの実力で "妖精」のクラスを証明したが、実際には二人はすでに一人の男の妻であり、ウサギのような子供の母親であった。特にシューは息子イム・ユと双子の姉妹ラフイ、ラユルにメッセージを残すという言葉に「ママイェプニ?朝に目覚めたとき、お母さんがいつも妖精だったら良いだろう。本当に素敵なママの姿を見せてくれる。愛している "と言ってかっとしたように涙を流して見る人さえジーンさせた。

最後に、SESの夢を問う質問には「80周年コンサートを「スケッチブック」に出てきているのだ」と答えて、今後も三人完全体としての活動の可能性を大きく開い据えファンの期待を精一杯高めた。

SESは、この日「君を愛して」のほか、「ラブストーリー」、「Candy Lane」、「生きることだそんなことはないのかい」、「Just A Feeling」でアンコール舞台まで披露し、最近のガールグループに劣らない、いや超える食と美貌に「援助」の名前の値段を正確にした。

 | HOME |  OLD »