「のり巻きしたい」... 「ユンレストラン2」、イ・ソジンの野望はing

ユン食堂2
もうシーズン3が待たれる。

ケーブルチャンネルtvN「ユンレストラン2」が23日、監督版を最後に大詰めの幕を下ろした。この日の放送では、ユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミ、パク・ソジュンが再会して撮影裏話を交わした。

家とユンレストランを行き来していけチコの童話のような風景を鑑賞する余裕がなかったユン・ヨジョンは「私はそこがそうきれいな所思わなかった。初回見て驚いた」と話した。

「ユンレストラン2」は、テネリフェ島取るチコ村で8日間のレストランのドアを開けビビンバ、ホットク、ダルガンジョン、キムチ、チャプチェ、カルビ、キムチチャーハンなどのメニューを販売した。

この日製作陣が最も多く出たメニューのランキングを公開した51ディッシュを販売したビビンバが1位を占めた。続いて50ディッシュに餅、45ディッシュを注文されたダルガンジョンが並んで2、3位に上がった。

総営業することができ、8日間57チーム、160人がユンレストランを訪問し、主に住民だった地元の客は「レストランの料理が沈んチコに新しいものであった」、「行けチコに初めてできた韓国料理店だ。すべての住民が幸せすることだった」というより感謝した。

イ・ソジンは果たせなかっ満たした野望を表わし、ユンレストラン3 'に対する期待感を呼び起こした。追加したいメニューがあるか尋ねると、一気に「のり巻きを少ししたかった」とし「のり巻きをアルミホイルに加え、世界どこに行ってもいない」と力を込めた。豚肉炒め物、トッカルビ、キムチ餃子なども欲した。

「ユンレストラン2」は、今シーズンの新しい組み合わせだったユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミ、パク・ソジュンの完璧なケミに沈んチコ村の童話のような風景、懐かしい隣人の様子を溶かし出して、最高のヒーリングをプレゼントした。常連客と待機席登場は「ユンレストラン2」の地元の熱い人気を実感させた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

パク・ソジュン、「ユンレストラン2」代表の顔になるまで

ユン食堂2
'ユンレストラン2」の中核人材としてナ・ヨンソク社団に合流したパク・ソジュン。彼の努力塀が「ユンレストラン2」のスペシャルを通じて公開された。

23日放送されたtvN「ユンレストラン2」監督版では、営業ビハインドストーリーが公開された。

「ユンレストラン」オープン前ユン・ヨジョンをはじめとする従業員は、ホン・ソクチョンを受けレシピを伝授受けたバー。パク・ソジュンはホール担当にも着実に料理の練習をして意欲を見せた。営業前の材料の準備もチョン・ユミとパク・ソジュンの分け前。繰り返される練習にファン転がしは、プロレベルに達した。

パク・ソジュンがチキン家アルバキャリアを生かして専門であるようにした鶏ガンジョンウン3日目に投入されたメニューにもビビンバ餅に続いて販売3位を記録した。

宿泊施設でもパク・ソジュンは休まなかった。ユンハウスのメインシェフはユン・ヨジョンはなく、パク・ソジュン。パク・ソジュンは疲れたユン・ヨジョンの代わりに夕食のメニューを作成し、また、一度腕を誇った。

その中でも、残りのチャプチェ材料で作られた豚肉炒めはイ・ソジンをひきつけ、その味をうかがわせた。

「ユンレストラン」の最後の日、すべてが疲れになって帰宅した中でユン・ヨジョンは、「すごかった。私たちの本当のよかった。まぶたがこんなに重いことができない」と苦痛を示した。イ・ソジン、あまりにも疲れて計算もできなかった死王。

今回もパク・ソジュンはユンハウスのシェフに扮した。様々な材料を入れたラーメンでイ・ソジンとユン・ヨジョンを捕らえた。特にユン・ヨジョンは「よく食べ、ソジュンああ。私はラーメンをこのように食べたことがない。実際みんな苦労した」と満足感を示した。

特有の優しい魅力も目立った。かつて末っ子チョン・ユミとパク・ソジュンのケミはシーズン2の観戦ポイントの一つ。この日の疲れチョン・ユミが食事中眠りに入った中でパク・ソジュンは彼女をサルトゥルに守ること、また一度女心を狙撃した。パク・ソジュンが「ユンレストラン2」の代表顔で満点活躍を終えた。

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

アディオス取るチコ... 全160人のゲスト訪れ8日の食堂「ユンレストラン」

ユン食堂2
ユンレストラン」の社員が集まって監督版の撮影を見ながら行けチコを思い出した。

23日放映終了されたtvN「ユンレストランシーズン2(以下「ユンレストラン」)」では、上岩洞の社員が集まって監督版の撮影を一緒に見てくださいチコを思い出す姿が電波に乗った。

この日ユンファミリーは、ソウル上岩洞でお互いの近況を尋ね従業員会食を行った。特にユン・ヨジョンが「私たちが撮影したところ、このようにきれいな所なのか知らなかった。最初の放送を見てびっくりした。そこにはあのようにきれいなところだったんだし」と取るチコを思い出した。続いて彼は「私たちは、毎日のお店前だけ過ぎなんてだからそうきれいな所なのか分からなかった」と重ね物足りなさを表わした。

一方、ユンファミリーは監督版の撮影を見ようと集まって、パク・ソジュンは当時を思い出してビハインドを伝えた。最初にユンシクを訪れたお客様のビハインドストーリーが描かれた。ユン・ヨジョンは花屋社長匹と「オメイジング」を叫んだ団体客が考え出ると述べた。特にイ・ソジンは韓国の焼酎を特別なサービスとしてお客様に披露賛辞を受けた。

一方、製作陣は8日間営業した「ユンレストラン」を訪れた客が57チーム、160人が訪れたと集計した。以後製作陣はユンファミリーにメニュー別販売実績について公開して"最も売れたメニューが何であるかをじゃない」と質問を投げた。これチョン・ユミがすぐに"ホットク」を唱え、「ベストメニューで餅が50皿が出て行った」と述べた。チョン・ユミは、ガラスチコでカーンの女優ユン・ヨジョンが餅焼く姿がとても笑わせたと延伸不思議そうに笑った。2位のメニューは、3日目から披露したダルガンジョンで45皿が販売された。ダルガンジョンは注文率最高メニューで明らかになった。

続いて製作陣が「ビビンバは39皿であった」とし「ベジタリアンまで合わせれば51皿」と明らかにした。これユン・ヨジョンは製作陣に向かって、「ジェネが計算を変ね」と指摘したためにベストメニューはすぐにビビンバに訂正された。

一方、ユンレストランの撮影4ヶ月前の準備過程も描かれた。パク・ソジュンはホン・ソクチョンから餅を、イウォンイルシェフからはビビンバを作成する方法を伝授受け、自宅で休まず料理の練習に邁進したもので明らかになり、お客様が感心した味の秘訣はすべて隠れ汗と努力の結果だったことが明らかになった。

また、ユンファミリーはレストランで販売されて残った食べ物で毎晩を解決したとの思い出だった。特にイ・ソジンはチャプチェにもてなしに盛られたチャプチェの記憶を挙げた。野菜がたくさん残ったら野菜チャプチェ、肉が多く残った日は肉チョップで毎晩チャプチェパーティーをしたという。

ユンファミリーが最も幸せだった瞬間は、それぞれ、いつだったのか。チョン・ユミは、韓国で直接空輸してきたおかずで夕食の食卓を担当バー。仕事を終えて戻ってご飯食べたときに挙げた。続いてイ・ソジンは「終わって計算するときに、「最も良かったと告白して笑いを誘った。彼は経営を専攻した、以前の無らしく「毎日売り上げがそう上がるのが容易ではない」と強調し、これにユン・ヨジョンが「そう。あなたは素晴らしい子供よ」と言って笑いを抱かれた。

最初の売上高の74ユーロをはじめ、地元の新聞に紹介され口コミを乗りながらユンレストランの総売上高は急激に上昇した。特に6日目には650ユーロで売上の最高点をとった、最後の営業でも570ユーロの売り上げを上げた。

一方、イ・ソジンはすでにシーズン3を夢見てメニューの悩みと物足りなさを明らかにした。彼は「私はのり巻きをしたかった」としながら豚肉炒め物、トッカルビ、キムチ餃子などのメニューを次々に言及した挙句の果てに「週5日勤務で、従業員を休ませなければならない」との経営理念に公開して目を引いた。これユン・ヨジョンが「ソジンア、お前映画制作してみろ」と感心するとイソジンは「食堂開業がより速いようだ」と受け返して爆笑させた。

ユンファミリーはいけチコで最も特別な隣人との最後の抱擁を交わし、別れをした。を飲み込んだ。チョン・ユミとパク・ソジュンは「住み慣れたようだ。気持ちが異常である」と物足りなさを明らかにした。

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ユンレストラン2」イ・ソジン "明後日五十...結婚?一人で生きるのが楽になった」

ユン食堂2
俳優イ・ソジンが結婚式の計画について話しました。

23日夜、ケーブルチャンネルtvN「ユンレストラン2」ではユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミ、パク・ソジュンが再会して撮影裏話を分ける監督版放送された。

食事中ユン・ヨジョンはイ・ソジンに「結婚しなければならないのか」と尋ねた。

苦い表情を現したイ・ソジンは「一人で生きるのがより楽になった。私の主」とし「私ももう明後日五十ある。五十場合昔の孫、孫娘見る私である」と述べた。

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

パク・ソジュン、「ユンレストラン2」隠れたシェフ... 未放送よセクナム公開

ユン食堂2
"パク・ソジュンパスタの味いた"

「ユンレストラン2」が米放送分を公開した中で分かってみるとパク・ソジュンの味がすごかった。

23日放送されたtvN「ユンレストラン2コメンタリー」でユン・ヨジョン、チョン・ユミ、パク・ソジュン、イ・ソジンは久しぶりに集まり、撮影時の話を交わした。製作陣は放送にエクスポートなかった画像を公開した。

営業当時パク・ソジュンは空腹チョン・ユミのためのパスタをさっと作った。事実パク・ソジュンはスペインに出発前ホン・ソクチョンとイウォンイルに餅を作り、野菜を炒めるなどの料理を学んだこと。

家でも野菜切りを嵐練習して」ユンレストラン2」のために満開の準備をすべてしていたパク・ソジュンだった。だから、撮影を終えた後、宿泊施設で先輩たちのために豚肉炒めを調理しておもてなしした。

テーマ : 韓国メディア情報
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
RSSフィード
リンク