韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017/04/05(Wed)

ユ・アイン「軍再検査の結果はまだ...心配すること作らない」

ユ・アイン
'シカゴタイプライター」ユ・アインが軍入隊と関連論議について立場を明らかにした。
tvNの新しいグムトドラマ「シカゴタイプライター」(ジン・スワン脚本、キム・チョルギュ演出)製作発表会が5日午後、ソウル江南インペリアルパレスでユ・アイン、イム・スジョン、コ・ギョンピョ、クァク・シヤン、キム・チョルギュPDなどが参加した中で開かれた。
この日ユ・アインは健康上の問題について、「どうしても大変である。多くの部分の配慮をしてくれてジャムモト寝撮影する状況ではない。日常生活は可能である。無理な運動は、問題になる可能性があるため、自制しようと努力している」と述べた。
ユ・アインは2014年、ソウル警察庁広報団に支援したが、当時のふくらんだ陸軍芸能兵士制度廃止と利点論議が重なり、サポートを放棄した。その後2年間、4回にわたり再検査を受け、3次再検査の両方兵役保留判定を受けた。このうち骨腫瘍診断の事実まで知らされて、再び話題を集めた。
これと関連しユ・アインは「涼しく申し上げたい。作品について実例になるか慎重なのに大目に考えてほしい」とし「今年3月15日にはまだ再検査の結果を受けなかった。第ケースが特異な状況である。注目も集まっている。だから慎重に結果を出そうと兵務庁で努力しているようだ」と報じた。
続いてユ・アインは「作品や軍隊か、それは私の選択が絶対ではない」とし「すごい権力者もジャプヒョガヌン状況だ。私は何の力があって不正を犯すのか。痛い視線で眺めてくれ飲ん待ってくれている。心配すること作らないように最善を尽くしたい」と強調した。
一方、「シカゴタイプライター」は、1930年代日帝治下を激しく生きた文人たちが現生のそれぞれスランプに陥ったベストセラー作家、彼の名前の後ろに隠れて代筆してくれる謎のゴーストライター、ミズーリより恐ろしいアンチに生まれ変わりながら広がるファンタジーヒューマンロマンスコメディだ。「明日君と」の後続で来る7日に初放送。
スポンサーサイト
2017/04/05(Wed)

「シカゴタイプライター」ユ・アイン "惰性に外れた演技···宿題に思っている」

ユ・アイン
俳優ユ・アインが「シカゴタイプライター」に出演理由を伝えた。

5日午後、ソウル江南区インペリアルパレスでtvNの新しいグムトドラマ「シカゴタイプライター」の制作発表会が行われた。この日の制作発表会にはキム・チョルギュPDをはじめ、ユ・アイン、イム・スジョン、コ・ギョンピョ、クァク・シヤンが参加して席を輝かせた。
ユ・アインは「シカゴタイプライター」に出演を決心した理由について、「作家演技をぜひ一度したかった」と告白した。

続いて「普通の家でもなく珍しいスター作家であり、特異なキャラクター設定に反していた。ジン・スワン作家、キム・チョルギュ監督は、パートナーと一緒にしたかった」と付け加えた。

ユ・アインは「シカゴタイプライター」で演技するポイントについて「ある程度取り上げられた設定日ことができるようだ。従ってより新たに演技しようとしたし、ロマンスが出てくる主人公の惰性から離れ、新しい人物を見せを宿題に思っている」と伝えた。

一方、「シカゴタイプライター」は、1930年代日帝治下を激しく生きた文人たちが現生の生まれ変わるそれぞれスランプに陥ったベストセラー作家、彼の名前の後ろに隠れて代筆してくれる謎のゴーストライター、ミズーリより恐ろしいアンチとして活動しながら起るロマンチックな謎アンティークロマンスに企画段階から大きな関心を集めた。来る7日に初放送。
2017/04/03(Mon)

「推理の女王 'クォン・サンウ、「「四十春期」本当に私の姿、デビュー以来最も好き "

クォン・サンウ
俳優クォン・サンウが3年ぶりにテレビ劇場に復帰する所感を明らかにした。

KBS 2TV水木ドラマ「推理の女王'製作発表会が3日、ソウル市永登浦区永登タイムスクエアアモリスホールで開かれた。この日の行事には、キム・ジンウPD、クォン・サンウ、チェ・ガンヒ、イ・ウォングン、シン・ヒョンビンが参加した。

「推理の女王」は、クォン・サンウの3年ぶりの復帰作。しかし、彼は自分が引き立つキャラクターではなく、「推理の女王」であるチェ・ガンヒをサポートしてくれる役割である。これに対して彼は「現場で私にくく方が多い。しかし、キャラクターの大きさよりも、その時々私に入ってくる台本が私に面白いとならなければなら演技をすることができる。時期に合わせて、このような作品が入ってきたようだ」と率直に答えた。

続いて「ドラマを久しぶりにするため、当然のことながら、よくなければならないという負担感がありますが、それより全体的な完成度が重要であると考えている。タイトルが「推理の女王」も私楽しく演技することができるキャラクターなら、それよりも良いことがない」と説明した。

また、「デビュー以来こんなに楽しい現場は初めてという気がするほどのエネルギーにあふれ気持ちよく撮影している」とし、楽しい現場の雰囲気を伝えた。

「推理の女王」は、生活密着型推理クイーンソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルド熱血刑事ワンスン(クォン・サンウ)が相乗効果コンビを成し迷宮にバージン事件を解放ながら犯罪に傷ついた人々の心を撫でるヒューマン推理ドラマ。来る5日午後10時初放送。
2017/04/03(Mon)

クォン・サンウ、「「探偵ザビギニング」以降チェ・ガンヒと再会、輝きようサポートすること」

クォン・サンウ
俳優クォン・サンウが「探偵ザビギニング」以降再びチェ・ガンヒと出会った所感を伝えた。

3日午後、ソウル永登浦区タイムズスクエアアモリスホールでKBS2新しい水木ドラマ「推理の女王'製作発表会が開かれた。この席にはキム・ジンウPDと俳優クォン・サンウ、チェ・ガンヒ、イ・ウォングン、シン・ヒョンビンなどが参加した。

「推理の女王」は、生活密着型ソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルド熱血刑事ワンスン(クォン・サンウ)が相乗効果コンビを成し迷宮に陥った事件を解放ながら犯罪に傷ついた人々の心を撫でるヒューマン推理ドラマ。

チェ・ガンヒクォン・サンウは先に映画「探偵ザビギニング」で呼吸を合わせたことがある。今回はお互いの役割が変わって再会した。

クォン・サンウは「今回「探偵」と「チェチェなロマンス」の姿も見ることができる。私は事件を解決するよりもワンスンの役割が演じ面白いようだ。私たちのドラマが「推理の女王」である。チェ・ガンヒが最も光るべきこのドラマがよくなると思う。私をはじめチェ・ガンヒ役が映えようサポートする計画で、このドラマを始めることになった"と伝えた。
2017/03/24(Fri)

「耳打ち4」イ・サンユン "イ・ボヨンと信じて無条件に出演OK ... 5年ぶりの再会いい」

イ・サンユン
イ・ボヨン、イ・サンユンが「私の娘ソヨンが「以後5年ぶりに再会した所感を伝えた。

24日、ソウル特別市陽川区木洞SBSでSBS新しい月火ドラマ「耳打ち」(パク・ギョンス脚本、イ・ミョンウ演出)の制作発表会が行われた。イ・ミョンウ監督、イ・ボヨン、イ・サンユン、権慄、パク・セヨンなどが参加した。

イ・ボヨンはイ・サンユンと再会について「サンユンさんや5年マンインジ今分かった。サンユンさんとソヨンこのとき、呼吸が本当に良かった。イ・サンユンさんがとても開いている演技者だ。お互いの意見の共有がうまくなった。気にならなかったのが、今ではキャラクター自体が全く違う」と述べた。

イ・サンユンは「私より姉が先にキャスティングされていた。前にも言ったが、パク・ギョンス作家とボヨン姉なのに無条件OKだった」とし「再び会った場合、より良いようだと思いました。」私の娘ソヨンが「時幼くパンクだったが、姉に学んだこと多い」と伝えた。

「耳打ち」は、法律事務所「太白」を背景に、これまでの同志が、結局恋人に発展する二人の男女がボプビ(法匪:法を悪用した盗賊、権力無理)を痛快に報復する話を描いたドラマ。「被告人」の後続で来る27日午後10時初放送される。
次のページ>>

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する