韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017/04/05(Wed)

イム・スジョン「13年ぶりの復帰ドラマ「シカゴ」の最初の一目惚れ」

イム・スジョン
俳優イム・スジョンが13年ぶりのドラマ復帰作で「シカゴタイプライター」を選択した理由を明らかにした。

5日午後、ソウル江南区論峴洞インペリアルパレスソウルでtvNの新しいグムトドラマ「シカゴタイプライター」の制作発表会が開かれた。

劇中イム・スジョンはハン・セジュの熱烈なファンでアンチファンに急変した作家ヲタチョ・ソル役を引き受けた。

2004年のドラマ「ごめん、愛してる'以後映画に集中してきたイム・スジョンは「シカゴタイプライター」を使用して、13年ぶりにテレビ劇場に復帰することになった。

イム・スジョンは「久しぶりにドラマを出演することになった」シカゴタイプライター」の脚本を初めて見た瞬間に出演したくなった」とし「話がとても新しくエキサイティングキャラクターが新しかった」と述べた。

イム・スジョンは続いて「現在のスター作家とファンの関係、残りの作家の内容も興味深かった。これら80年前に縁があって出てくるされている内容も気になった。一目惚れしたと見ることができる」と付け加えた。

「シカゴタイプライター」は、スランプに陥ったベストセラー作家ハン・セジュ(ユ・アイン)と彼の名前の後に隠れたゴーストライターユ・ジンオ(コ・ギョンピョ)、ハン・セジュの熱烈なファンでアンチファンに急変した作家オタチョ・ソル(イム・スジョン)は、疑問古いタイプライターとからまった三人の男女のミステリーなアンティークロマンスを描く。

「キルミーヒールミー」、「太陽を抱いた月」のジン・スワン作家、「空港への道」キム・チョルギュ監督が意気投合した。来る7日午後8時から放送。
スポンサーサイト
2017/04/03(Mon)

「推理の女王」チェ・ガンヒ "おばさんと呼ばれた敵NO ...タメ口が嬉しい年齢"

チェ・ガンヒ
チェ・ガンヒが「おばさん」と呼ばれる所感を明らかにした。

3日午後KBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本イ・ソンミン、演出キム・ジンウ、遊泳は、製作Aストーリー)の制作発表会がソウル永登浦タイムスクエアアモリスホールで開かれた。キム・ジンウPD、俳優チェ・ガンヒ、クォン・サンウ、イウォングン、シン・ヒョンビンなどが参加した。

この日チェ・ガンヒは、劇中で「おばさん」と呼ばれるものの考えを述べた。彼は「生きながら「おばさん」という言葉をよく聞いたことはない」とし「ただ駐車場の係員をされる方が「先生」とすることがある。数年前であれば「娘」と言いながらぞんざいな言葉をいただいたのに、今はないよ。最近はタメ口がうれしい」と冗談を言った。

続いて「現場で聞く「おばさん」と音は聞くがよい。クォン・サンウがそれだけ劇中の流れに打たれ、トクソとおいしく呼んくれる。軽快である」とした。

チェ・ガンヒは「最近面白い台本がなかったよ。私は判断力が曇ったことが分かった。ところで友達とこの作品を読んでみた面白いと言っていた」と「推理の女王」を選択した理由を語った。

「推理の女王」は、生活密着型推理クイーンソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルドベテラン刑事ワンスン(クォン・サンウ)が幻の空調パートナーとして生まれ変わり犯罪で傷ついた人々の心まで解きほぐすヒューマン推理ドラマだ。来る4月5日に初放送。
2017/04/03(Mon)

「推理の女王」チェ・ガンヒ "推理物、好きではない」爆弾告白

チェ・ガンヒ
チェ・ガンヒが推理物の考えを明らかにした。

3日午後2時、ソウル永登浦区永登浦タイムスクエアアモリスホールでKBS2新水木ドラマ「推理の女王'製作発表会が開かれた。

チェ・ガンヒは「私は推理物を好きではない。このドラマは、私の好きな最初の推理物になりそうだ。だから、参考にした作品は、別にない」と述べた。

「推理の女王」は、生活密着型推理クイーン芝峰類ソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルド熱血刑事しワンスン(クォン・サンウ)が迷宮に陥った事件を解いて出して犯罪に傷ついた人々の心を撫でるヒューマン推理ドラマだ。「グッドドクター」、「ヒーラー」などで温かい人間愛を照明していたキム・ジンウPDがメガホンを取って「4次元クイーン」チェ・ガンヒと元祖韓流スタークォン・サンウが出演を確定した。ここでシン・ヒョンビン博餅はキム・ミンジェ、アン・ギル、カンヤン、イ・クジュン、イ・ウォングン、キム・ヒョンスク、トョン・スジン、パク・ジュングム、ユ・フイソクなど個性の強い俳優たちが加勢して、さまざまなケミを披露する。

作品は「キム課長'後続で5日午後10時放送される。
2017/03/24(Fri)

「耳打ち」イ・ボヨン「夫チソンフィードバック?顔見てなくて長い "

イ・ボヨン
"ささやき"イ・ボヨンが夫知性について言及した。

24日午後、ソウル陽川区木洞SBSは、新しい月火ドラマ「ささやき」の制作発表会が開催された。この日の制作発表会には主演俳優イ・ボヨン、イ・サンユン、クォン・ユル、パク・セヨンと演出を引き受けたイ・ミョンウPDが参加した。

この日のイ・ボヨンは「視聴率よりよく作られた、良い作品を披露したい気持ちが大きい。視聴率に対する負担感は夫が道をよく拭いてありがとう」と「しかし、私はドラマの視聴率とは関係がないと思う」と話した。

続いて「夫婦関係においてアドバイスをしていない。今、顔を見れなくで長すぎるとされた」とし「その機会はなかった」とチソンとお互いに演技のフィードバックをするのかという質問に答えた。

一方、「耳打ち」は、法律事務所「太白」を背景に、これまでの同志が、結局恋人に発展する二人の男女がボプビ(法匪:法を悪用した盗賊、権力無理)を痛快に報復する話だ。「黄金の帝国」、「追跡者」のパク・ギョンス作家と「君たちは包囲された」、「ファッション王」のイ・ミョンウ監督が「パンチ」に続いて再び意気投合した作品である。
2017/03/24(Fri)

「ささやき」イ・ボヨン "3年ぶりの復帰作...パク・ギョンス作家信仰から"

イ・ボヨン
俳優イ・ボヨンが3年ぶり復帰作で「ささやき」を選択するようにされた理由でパク・ギョンス作家に対する信頼を挙げた。

イ・ボヨンは24日午後、ソウル陽川区木洞SBS社屋で行われたSBS新しい月火ドラマ「ささやき」(脚本パク・ギョンス演出イ・ミョンウ)製作発表会でこのように述べた。

この日、イ・ボヨンは作品の選択理由について「最初は作家に対する信頼だった。作品をすべて見た後ろあまりに台本を硬くソジュシ方と作品を待っていた」と打ち明けた。

イ・ボヨンは「台本が出てきた時もとてもおもしろかった。だから、選択することになった」と付け加えた。

イ・ボヨンは劇中、父の無念を明らかにするために、裁判官イ・ドンジュン(イ・サンユン)に体まで投げる刑事シンヨウンジュ役を引き受けた。

一方、「ささやき」は、法律事務所太白を背景に敵から仲間に、そして最終的には恋人に発展する二人の男女が人生と命をかけた愛を介してボプビを痛快に膺懲する話を扱った作品で来る27日午後10時初放送される。
次のページ>>

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する