「過去」を知っているキ・ソンヨンとク・ジャチョルは「現在」が痛い

キ・ソンヨン
代表内部で出ている「言葉」が話題だ。ウリ・シュティーリケ監督の「流体離脱法」も少なくない論争を起こしているが、選手たち自ら自分の問題に向かって苦言を投げるよりも大きな関心が集まっている。その投擲者キ・ソンヨンとク・ジャチョルという「大物」たちだますます注目を集めている。

キ・ソンヨンとク・ジャチョルは、現在の代表チームの柱である。プレーヤーとして、また選手団のリーダーとして、彼ら占める割合は相当である。同い年の彼らいつのまにか年齢(28)も敵じゃないなった。去る23日中国戦と28日、シリア戦に招集された23人の名簿の中でキ・ソンヨンとク・ジャチョルより「兄」は、1984年生まれのGK權純泰だけだった。

年齢よりも重要なのが、実質的な経験だが、二人はこの点においても最高だ。キ・ソンヨンはシリア戦をフルタイムで消化し、91番目のAマッチ(9得点)を撮った。ク・ジャチョルは59番目Aマッチ(19得点)を記録した。二人の選手の公式国家対抗戦回数だけ150回である。まだ三十にもならない年齢を考えると大変なマイルストーンとそれほど早目に代表で重要な役割をしたという傍証だ。

2008年9月、ヨルダンとの親善試合を通じてデビューを行ったキ・ソンヨンは、2010年南アフリカ共和国ワールドカップと2011年AFCアジアカップ、2014年ブラジルのワールドカップと2015アジアカップなどチームの主要歩みにもれなく一緒にした。パク・チソン、イ・ヨンピョ先輩たちと一緒に出場した2010年には、遠征ワールドカップ初の16強という快挙を一緒に仕事した2015年のアジアカップ準優勝時チャ・ドリと涙を流した。もちろん毎回嬉しいことではない。2014年、ブラジルのワールドカップでは、すさまじい失敗を味わうこともした。

ク・ジャチョルも変わらない。キ・ソンヨンより進んで2008年2月に東アジアサッカー選手権を通じてAチーム入りしたク・ジャチョルは、2010年南アフリカ共和国ワールドカップを除いた他のメジャー大会にキ・ソンヨンといつも一緒にいた。特に2011年のアジアカップでは5得点王に上がったがミッドフィルダーにも得点力が優れている。サッカー協会の調査によると、ク・ジャチョルはワールドカップ、オリンピック、U-20ワールドカップ、アジアカップ、アジア大会ですべてゴールを決めた韓国唯一の選手だ。配布が分厚くという傍証だ。

要するにパク・チソンとイ・ヨンピョの引退後、韓国サッカーを代表する人物だというのに遜色ない。個人的な実力と仲間たちの信頼、大衆的な人気まで「看板」という式が惜しくない選手だ。2018ロシアのワールドカップを目指すシューティケホも二人の選手の立地は同じだ。そんな選手たちが止められない発言をしており、関心が向かう。行間の意味を把握するための努力があちこち広がっている。

開始は長沙遠征だった。中国との対決を控えてク・ジャチョルは、 "もし誰かが競技場の雰囲気が気にか尋ねる答えよりは笑うようだ。そんなことは全く問題ありませんから」と言い切った。続いて「慎重に、油断せずに準備を終えたままフィールドを踏むスタジアムに誰といるかどうか見えない。ここがどこなのかも重要ではない」と徹底した準備を促した。
彼は「熱心にした結果が出なかった言い訳を挙げること代表選手としての資格がないようだ。遠征時の環境が変わって結果を得なかったということも言い訳」と言った後、「ワールドカップにどのように出たいと思うか、切実に悟らなければなら。誰の代表選手であれば、競技場の中ですべてを注いでなければならない」と声を高めた。

選手団のリーダーの決心発言にもかかわらず、韓国は28日、シリア戦でも総崩れの末1-0苦しい勝利を収めた。シューティせ監督は胸をなでおろし下し笑ったが、キ・ソンヨンとク・ジャチョルの表情は不便だった。そしてまた、内心を取り出した。

キ・ソンヨンは「今は監督や戦術の問題ではない。これは代表レベルではない。ボールを受けても、看守ができず多奪われる」と資質と実力が足りないと後輩たちを叱咤した。ク・ジャチョルも同調した。彼は「国家代表ユニホームは重大な責任が伴う。精神的に強くなる必要がある。国とサッカー関係を代表しているだけの結果を持って来ている。精神的武装が必要だ」と使命感を強調した。

した代表者は、ビハインドストーリーかを伝えてくれた。今回の招集期間中いずれか一人と虚心坦懐な話をする機会があったという。オープンされた発言者と大同小異しながらも、同時に苦しみが感じられる吐露した。過去の先輩たちと一緒にした代表で自ら感じた雰囲気と代表選手としての姿勢を知るに、ますます別の方法で変化している現在ひどく痛む形だ。

「私は実際に子供のころは、ただ先輩たちも一緒に行くだけで、された。そして、最善を尽くして従った。先輩が心強い標本になってくれた、そのありがたい日陰を追いかけていった。しかし、今の後輩たちは昔とは違う。個人的な性向が大きくなってそのか、我々は不足しているかどうかを知らないが、大きく変わった。これはないようだ。(代表の)多数が変わらなければ、難しい。 "
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

「オンジュン遺骨」キ・ソンヨンとク・ジャチョルの一針、「選手たちが間違って "

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(28、スウォンジー・シティ)とク・ジャチョル(28、アウグスブルク)の言葉には、骨があった。監督に向けた非難より選手たちのせいでは大きいことだ。

ウリ・シュティーリケ監督率いる大韓民国サッカー代表チームは28日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で開かれた2018国際サッカー連盟(FIFA)ロシアのワールドカップアジア最終予選第7戦、シリア戦でホン・ジョンホのゴールで1-0の勝利を収めた。これで韓国は勝ち点13で中国戦惨事を忘れリーグ2位を守った。

勝利したが、最悪の姿だった。韓国は前半4分ホン・ジョンホがソン・フンミンのCKを守備が正しく処理できなかったボールを終えて有利な状況を作った。これはシューティせ号ゴールになった。残り時間韓国はシリアの攻撃をギリギリに防いで出して勝ち点3を獲得した。難しい試合だったが、韓国は冷静に勝利を収めた。

勝利したが、大きく笑うことができなかった。試合内容が深刻だったからである。韓国は序盤を除けば、終始、シリア攻撃をギリギリに防いで不安な状況を公開した。この過程で、選手たちはボールコントロールが不安し、相手に攻撃の主導権を渡した。シューティケ監督が最も望まれていない場面だった。
これ試合後、多くのメディアは、シューティせ監督は批判し更迭説に重量を加えた。結局、シリア戦終了後にシューティせ監督は頭を下げるしかなかった。しかし、直接試合をプレーした選手たちの意見は違った。特に主将キ・ソンヨンとク・ジャチョルの言葉で、その意味を知ることができた。

まず、キ・ソンヨンは「監督は多くの準備をした。いくつかのプレーを話しても選手がこれを見せてくれていない。外では監督を問題にコプジが、私は選手たちが、戦術的にこれを行っていないと思う」と胸の内を打ち明けた。

続いて「今のようにすればどのような監督が来ても問題が生じるだろう。これまでの主張として、選手たちに良い話をした。今回の2連戦を介して選手たちの競技力について話さなければならない。監督は重要でない。今日の姿は代表レベルにたくさん不足した」と明らかにした。

選手たちに向かって主将キ・ソンヨンの苦言は続いた。彼は「監督の問題ではない。選手たちが再び精神を弁えなければならない。次のAマッチまで各自試合のために準備しなければならない。監督がいくら良い戦術を組んでも選手がなければ意味がない。代表9年間監督が5度変わった。責任は監督だけになっている。皮肉だ」と批判した。

ク・ジャチョルも同じだった。ク・ジャチョルは「選手たちがどのように大きな責任感を持っているのか、精神的に準備ができてたのか会話をしなければならない」と選手たちの態度を批判した。続いて「流れが重要である。2次予選は良かったが最終予選で前より強いチームに会い、心理的な圧迫を受けながら勝ち点を失った。プレーが良くない。問題をよく緩めていない。遠征で勝ち点を取得する必要に萎縮がされている」と述べた。

キ・ソンヨンとク・ジャチョルの言葉のように今の監督を非難するよりも、選手たちを振り返る時間である。韓国は勝利にもかかわらず、不安な状況に置かれた。監督のミスよりも選手たちの態度に疑問符を付ける時間である。

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ