韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

キ・ソンヨン出国... "主将に不足自責... よりよくする」

2017/03/30 20:06 ジャンル: Category:ハン・ヘジン
TB(0) | CM(0) Edit

キ・ソンヨン
代表の主将キ・ソンヨン(28・スウォンジー・シティ)が声援に感謝を表した。

キ・ソンヨンは29日、大韓サッカー協会ユーチューブ公式アカウントを通じてスウォンジー復帰に先立って撮影した映像が公開された。"赤い悪魔が容易ではない、中国遠征応援までしたのに満足した結果を出せなかった。主将としてチームメイト統率も不足した」とし「良い試合をしていなくて申し訳ない気持ち」と反省した。

「批判や叱責の中でも常に常に代表を応援してくれることに感謝している。選手団に大きな力になる」とし「残り3試合ワールドカップ出場のために最善を尽くしたい。これからもっとよくしたい」と念を押した。ウリ・シュティーリケ(63・ドイツ)監督が率いる韓国は2018国際サッカー連盟(FIFA)ロシアのワールドカップアジア最終予選A組で4勝1分け2敗得失点差+2勝ち点13で2位に上がっている。しかし、1位と(17点)よりも3位ウズベキスタン(12点)が近い。3月の結果は、中国遠征0-1とシリアとのホームゲーム1-0。サッカー代表チームは6月13日、カタールとワールドカップ最終予選8戦遠征試合を行う。次は8月31日、イランとの9戦ホームゲーム。最後は9月5日ウズベキスタン遠征だ。最終予選A・B組1〜2位に本選に直行する。3位2チームのうちの勝者は北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)4位の大陸間プレーオフをまた勝たなければならロシアのワールドカップに参加することができる。
スポンサーサイト

代表の主将キ・ソンヨンの苦労... データは言う

2017/03/30 19:02 ジャンル: Category:ハン・ヘジン
TB(0) | CM(0) Edit

キ・ソンヨン
最終予選7試合でパス・シューティング・ビルドアップなど、すべて1位
サッカー代表チーム主将キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)は28日、2018、ロシアワールドカップアジア最終予選シリア戦を終えた後、仲間の選手たちを公に苦言を残した。

彼は、「選手たちができなかってたものである。覚醒しなければならない」と弟に苦言を残した。

このような言葉を残す必要があった。

キ・ソンヨンはこの日、守備的MFで先発出場し、攻撃と守備を選ばずに苦労した。

しかし、周辺選手たちはキ・ソンヨンのプレーを支えてくれなかった。

キ・ソンヨンが鋭いスルーパス、クロスを飛ばすたびに攻撃陣は非現実的にボールを奪われ無為に終わった。

「キ・ソンヨンだけ闘魂を発揮した」との評価が出てくるほどだった。

キ・ソンヨンの「孤独なプレー」は、シリアの前にのみ限定されない。彼はロシアのワールドカップ最終予選の期間にわたって一人のチームの中心を捉え、すべての力を出している。

代表チームがキ・ソンヨンにどのよう頼っているのか、データが証明している。

大韓サッカー協会の資料によると、キ・ソンヨンは予選7試合でパス・シューティング・ビルドアップなど、ほぼすべての数値で1位を記録している。

彼は最終予選第7戦で合計474回のパスを記録し、チーム内1位を記録し、パスの精度(90.7%)も最も高かった。

代表内で200回以上のパスして精度90%を超えた選手はキ・ソンヨンだけだ。

パスの詳細要素でもキ・ソンヨンはずば抜け活躍を広げた。彼は「攻撃的パス」を最も多く(45回)記録し、精度(77.8%)も最も高かった。

代表選手のうち15回以上に積極的パスを記録した選手の中で精度60%以上を記録した選手は、キ・ソンヨンが唯一だ。

攻撃地域パス(154回・精度89.6%)で独歩的な1位を記録し、守備の地域パスでディフェンダーチャン・ヒョンス(広州)に続いて2位に上がった。

シュートは14回路ソン・フンミン(トッテナム・12回)、ク・ジャチョル(10回)よりも多かった。撮影精度(35.7%)も二人の選手よりも良かった。

攻撃ブロックの数は、34回のDFチャン・ヒョンスに次いで2位だった。

ビルドアップを80回試みク・ジャチョル(アウグスブルク・82番)に続いてチーム内2位を記録した。

出場時間も最も多かった。予選7試合すべてフルタイム出場した選手は、キ・ソンヨンとチャン・ヒョンスだけだ。

キ・ソンヨン「あまり来るだろうと思っていた」。シリア戦翌日挨拶

2017/03/30 18:56 ジャンル: Category:ハン・ヘジン
TB(0) | CM(0) Edit

キ・ソンヨン
韓国サッカー代表チーム主将キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)が、シリア戦を終えた次の日、ファンに感謝の気持ちを示した。

キ・ソンヨンは29日、インスタグラムで「中国戦の結果が良好ではない、多くの方々がない来るだろうと思ったが、多くの方が訪れてくれて、実際にはあまりにもありがとうございました。その方々にぜひ感謝という言葉伝えたいと思います」という文を残した。

キ・ソンヨンは前日ソウルワールドカップ競技場で開かれた2018ロシアのワールドカップ最終予選A組のシリア戦で1-0で勝利した後、後輩たちに苦言を呈した。

彼は「今のようにプレーすると、そのいくつかの指導者が来ても問題が生じるだろう」とし「今までは主将として後輩たちが自信を得ることができる良い言葉だけだった。しかし中国、シリア戦競技力を見た時は(良い言葉だけ継続か)もう一度考えてみよ」と強く語った。

また「(選手が)ボールをパスすると、管理をすることもできず、多奪われる。代表レベルではない。精神を弁えなければならない」と不満を表わした。

決心たよう苦言キ・ソンヨン...そんな資格ある

2017/03/30 09:51 ジャンル: Category:ハン・ヘジン
TB(0) | CM(0) Edit

キ・ソンヨン
主張キ・ソンヨン(28・スウォンジー・シティ)の手厳しい所信発言がホットな話題を生んでいる。

キ・ソンヨンは28日、シリアとのロシアのワールドカップアジア最終予選第7戦(1対0勝)を行った後、決心したよう太極戦士の反省を促す発言をした。

彼の書いた音は「周りで話をする監督の戦術が問題ではない。選手たちの戦術をしっかりと見せてくれない面が大きい。今のように景気と監督が誰とも問題は起こる。監督の間違っいうよりボールの管理をできず、頻繁に奪われる様子は、代表レベルに合わない。選手たちの精神を弁えなければならない」と要約される。

一見聞くとほとんどのサッカーファンが交換を必要とするシューティせ監督を擁護するようだが、多くの人々がキ・ソンヨンの所信発言に拍手を送る。

キ・ソンヨンはそのような苦言をする資格が十分だからだ。大危機に陥ったシューティせ監督を取得するために、偶然にも中心に立った人がキ・ソンヨンだった。

昨年11月15日ウズベキスタンとの第5戦は、いわゆる「ギロチンマッチ」と呼ばれた。前のグループリーグでシューティせ監督が引き続い総崩れに、「お前のせいで」をするような法に説話に巻き込またからだ。

よりによってその日はシューティせ監督の62歳の誕生日であったウズベキスタン戦の敗北で2位奪還をしていないまま最終予選前半を終える場合、硬質になるだろうという見通しが大勢であった。

危機に陥ったシューティケホを呼び覚まし歯主将キ・ソンヨンだった。当時キ・ソンヨンは代表選出前所属チームの試合中に得られた足の甲の負傷で、カナダとの親善試合(11月11日)にも出場していないまま回復に専念した。

本人も「体調は100%ではない」と試合直前まで悩んだ。しかし、太極マークと主張腕章をチャンキ・ソンヨンは違った。ウズベク前90分の間、まるですべてをかけた精神力が歴然に表出された。

パッシング力とサッカーセンスに比べて脆弱であるヘディング競合に積極的に乗り出しウォンボルランチ(一人の守備的MF)の不慣れなポジションでもシューティケホビルドアップの起点であった。攻撃の機会が生じたときは果敢に前進してミドルシュートと鋭いクロスを試みるかと守備時には相手ストライカーをマークして、布帛守備を補完する役割まで担当した。

彼の献身が同僚を目覚めさせた。キ・ソンヨンは0-1でリードされた前半までウズベキスタンに許可された逆襲状況を数回協力プレイで防い出し能力を100%発揮した。あまりにも多くの活躍したことだし、後半の動きがやや鈍くなったが終盤に取り組むために倒れたソン・フンミンを保護するための堅い神経戦を稼ぐ勝つなど「キャプテン」の役割を失わなかった。当時2対1の逆転勝ちの隠れた補助者は、キ・ソンヨンの闘魂であった。シューティせ監督も起死回生した。

28日、シリアとの第6戦もキ・ソンヨンは輝いた。今回のシリア戦も中国戦敗北(0対1)に基づく暴風が大きい中で二番目「ギロチンマッチ」とされた。

前半4分時早い先制後、韓国サッカーが息苦しさの悪習を繰り返しているときにさえも扉を開いた人がキ・ソンヨンだった。監督の戦術に応じて全般に、主に守備に重点を置いていたキ・ソンヨンは後半韓国映画が途中出場後、ラインを大幅に引き上げて韓国のボール-数展開の中核として四方を歩き回った。他の選手たちが難しいないたいキ・ソンヨンに、まずパスをする場面が続出するなど、「キ・ソンヨンワンマンチーム」だった。

太極戦士たちの不振の競技力、不十分な部分戦術に大きな失望を抱かた、シリア戦でさえも落第点を除くしてくれた人がキ・ソンヨンといっても過言ではない。

キ・ソンヨンへの依存度が非常に高いというのが問題ではあるがそれさえも韓国サッカーがより墜落しないための支えでもある。そのおかげで、シューティケホは今回もまた2位の最悪を免れた。

口だけ生きている「編み大型」の主張がなく、体に実践した後、合わせた言葉をので、誰が反論する余地がない。資格のあるキ・ソンヨンが吹き出す「主将の香り」だ。

キ・ソンヨン「毒舌」に溶けているシューティケホ」毒薬または星」

2017/03/30 09:47 ジャンル: Category:ハン・ヘジン
TB(0) | CM(0) Edit

キ・ソンヨン
"私たちのすべて樋にあるが、いくつかは星を見つめている。「

危機を経験しているサッカーチームの主将キ・ソンヨン(28・スウォンジー・シティ)が意図して「毒舌」を吹きだして選手団に覚醒と自覚を注文した。シューティせ号「毒」が溶けている一言であり、危機の希望を見つけるための切実なあがきだった。

ウリ・シュティーリケ(63・ドイツ)監督が率いる韓国サッカー代表チームが「2018ロシアのワールドカップアジア最終予選」で苦戦している。勝敗を離れ、7試合を払って発展どころか退化している。苦しい競技力に懸念の声が空を刺す。29日現在、勝ち点13(4勝1分け2敗)で出場直行マジノ線2位を維持しているが、カタール(6月13日)イラン(8月31日)ウズベキスタン(9月5日)など上位チームとの対決だけが残っており、厳しい順位競争に予想される。

代表雰囲気が底まで沈んだ中で、すべての非難はシューティリケ監督を向いている。無色無臭の戦術、効果的な用兵術、選手一人一人の長所を生かすことができないパターンなどを指摘受け、ギョンジルロンまで水面上に浮上した。シューティリケ監督就任後最悪の世論である。

このうち主将キ・ソンヨンが立ち上がった。彼は、シリア戦直後「選手たちが競技場での能力を見せてくれた。監督の戦術の問題ではない。選手たちが監督が注文する戦術を正しく理解できていない」と毒舌を吐き出した。続いて「パスをすると見管理さえきちんとできていない。これは代表レベルに合わないプレーだ」とし「今のようなプレーであれば、どのような監督が来ても問題は発生しない。選手自ら考えて感じなければならない」と指摘した。

これはシューティリケ監督の性向と関連があることをスポーツワールドの取材の過程で確認した。代表内部関係者は「シューティリケ監督が曖昧に戦術を指示する傾向である」と打ち明けて"もちろん個人差があるだろうが、欧州の監督のスタイルだ」と説明した。ここでシューティせ号「毒」が溶け込んでいる。協会が疎通部材を指摘しドイツに堪能なチャ電力分析官を投入し、欧州での選手生活をしたソル・ギヒョンコーチを選任したのも、このような脈絡だ。現状態を維持すると代表チームは取り返しのつかない結果に直面するしかない。

シューティせ監督の変化も必要だが、キ・ソンヨンが毒舌を吐き出した理由は、代表チームの選手一人一人がシューティせ監督の意図を考えて研究してプレイに見せてほしいというものである。代表ユニフォームを着る選手なら、このような一人一人の特別な努力が必要であることを間接的に表現したものである。受動的に単にハードだけ走ると代表チームの選手ではないことを強調した。彼は「責任は監督がなる。代表生活をしながら、5回も監督が交代した」と説明し、「しかし、選手は何の責任を負わない。皮肉である。選手団の両方の精神弁えなければならない」と力説した。

世界的な小説家オスカー・ワイルドは、「私たちのすべては、樋に陥っているが、その中のいくつかは、以上の星を眺めている」と述べた。キ・ソンヨンが眺めている星を代表誰もが見るべきワールドカップも近づいてくることを覚えておかなければならない。

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -