韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017/04/01(Sat)

「ユン食堂」チョン・ユミ、できないのが何ですか?外国人口当たり捕らえた「ミックスコーヒー」

ユン食堂
俳優チョン・ユミが韓国ミックスコーヒーで外国人たちの心を捕らえた。

31日放送されたtvN「ユン食堂」では、本格的な営業を開始した「ユン食堂」のメンバーたちの姿が電波に乗った。

この日ユン食堂は、最初営業日にもかかわらず、お客様が集まった。精神なしに忙しい渦中、した外国人客が「韓国のコーヒーを食べたい」とイ・ソジンに要請した。

イ・ソジンが「冷たくう熱くか?」と尋ねると、彼は"関係ない。一番おいしくてほしい」と答えた。

これイ・ソジンはチョン・ユミにミックスコーヒーをタジュルことを要請し、チョン・ユミは韓国ミックスコーヒーを作るに乗り出した。彼はミックスコーヒー二袋を開けて入れ、氷を入れて「チョン・ユミ表韓国コーヒー」を完成した。

以後ミックスコーヒーを味わった外国人のお客様は、驚いたような表情を浮かべた。引き続きコーヒーを飲んでいた彼は、友人にもコーヒーを薦め満足姿を見せて視聴者たちをほほえましくた。
スポンサーサイト
2017/04/01(Sat)

「ユン食堂」ユン・ヨジョン、情熱と愛情の「社長」

ユン食堂
俳優ユン・ヨジョンが'ユンレストラン」に格別な愛着を見せた。

去る3月31日午後放送されたtvN「ユン食堂」では、インドネシアルムボクのギリトラ王艮島に設けたレストランでユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミなどがお客様にパイナップルジュースとプルコギバーガーを提供するために苦労している姿が描かれた。

ユン・ヨジョンは社長ダウン責任ある姿を披露した。ユン・ヨジョンはレストランのオープン前から" 'ユン食堂」のために指紋を放棄する」とユン食堂の愛情を表わした。また、材料を受給するために食材を入念に点検するなど情熱を注ぎ込んだ。

ユン・ヨジョンは「ユン食堂」を展開前に、材料の仕上げのためにご飯を建てるのにもチョン・ユミと話を交わすなど、強い意志を示した。以後ユン・ヨジョンはゲストが食べ空のボウルを見ては、満足感を示して笑いをかもし出した。

シングの歓迎式でユン・ヨジョンは撮影することと関係なく、自分は焼肉を焼くことに専念すると述べた。また、「ユン食堂」にアルバイト生きたシングには人手が必要な場合は喜んで助けなければならならないと脅しを置いた。

ユン・ヨジョンは「ユン食堂」について「この瞬間がなければできない経験だから努力する」と強い愛情をもう一回露出した。

「ユン食堂」ユン・ヨジョンの率直で愛情のこもった姿が、今後も期待される。
2017/04/01(Sat)

「ユン食堂」の最初の芸能に取り組むチョン・ユミの姿勢

ユン食堂
チョン・ユミの最初の芸能、魅力というものが起きた。

31日放送されたtvN「ユン食堂」では、万能の補助として最初の営業に出たチョン・ユミの挑戦記が描かれた。

三人力を合わせて、かつての営業準備を終えた状況。それでもチョン・ユミは休まなかった。キッチンのあちこちをブラッシングぬぐっきちんと整理をやった。ユン・ヨジョンの動きが容易に動線までチェックした。

レストランのドアが開き、お客様が集まってくるとチョン・ユミもユン・ヨジョンを助け腕前発揮した。全体的なプレーティングがまさにチョン・ユミの分け前。

営業が高まると、ユン・ヨジョンはチョン・ユミに向かって、「ユミが私の代を継いで受けなさい。私は引退する。引退する私である」と笑って話した。

チョン・ユミは、サービングも才能を見せた。ホールのゲストが集まってあげよう力に父親イ・ソジンがチョン・ユミを呼び出した。

チョン・ユミの接客は上手だった。ゲストが日本人であることを知って上手な日本語で注文を受けた。日本語を上手は賞賛にチョン・ユミは「少し知っている」と謙虚に答えた。

材料調節失敗でユン・ヨジョンがメンブンを吐露した状況にもチョン・ユミの気の利いは光った。肉の半分をライスに、残った半分は、2つバーガーにするとされる解決策を提示した。これユン・ヨジョンは「お前の頭がいい」と安堵のため息をついた。

宿泊施設に到着した後も、チョン・ユミは止まらなかった。長い道のりを来るために苦労した新しいバイト生シングを取りまとめ宿泊施設を歩き回った。

チョン・ユミが夕食時にも大人2名の配慮しようとエスミョンイ・ソジンが出た。直接肉を焼いて最後の点をチョン・ユミに譲歩して優しく彼女を手にした。

苦楽を分かち合い、いつのまにか家族がされた「ユン食堂」人、チョン・ユミが末娘の役割を正確にやり遂げた。
2017/04/01(Sat)

「ユン食堂」チョン・ユミ、即応性満点きれいしかない末っ子

ユン食堂
ユン・ヨジョンにチョン・ユミは、きれいしかない後輩だ。何をしたいどんなにてきぱきよく取りまとめるか。視聴者が見ても笑顔が自然に出てくる温かさである。

3月31日放送されたtvN「ユン食堂」では、ユン・ヨジョンの手足になって忙しく動くチョン・ユミの姿が描かれた。一瞬たりとも笑顔を失わない彼の姿に日本人客もすっかり落ちた。

チョン・ユミは、朝から「ユン食堂」の家族のために動いた。目を開くやいなやマートに向けたチョン・ユミはリンゴとバナナなどを買いながらみんな食べる朝を手にした。ユン・ヨジョンはチョン・ユミのおかげ目覚めてすぐに堅く倍を満たすことができる。後の章を見に行ったスーパーでニンジンがなかったため一人の市場にはニンジンを買っては情熱あふれる姿も見えた。

キッチンでも情熱は燃えた。イ・ソジンは、光の速度で野菜を整える間、チョン・ユミは「先生これスシルのですか?」という質問をはじめと厨房機器を整理し始めた。動線に合わせて、より楽に書くことができるようにするため。ニンジンを切りに行く"先生これお召し上がりください」とユン・ヨジョンの口にニンジンの部分を入れてくれた。

反転の日本語の実力も自慢した。彼はホールで忙しく動くイ・ソジンのためではなく、日本人のお客様にご注文を受けた。チョン・ユミは、お客様が日本人という事実を悟るゴン日本語で会話を交わした。そうしたところキッチンでは「とても怖い。不思議飛騨」とお客様との会話にときめきを隠さなかった。日本人はチョン・ユミを見て「かわいい」、「女優だ」などが反応を見せて人目を引いた。

団体注文が入ってくるクイック判断でユン・ヨジョンを支援した。フランス人の家族は焼肉ライス、焼肉バーガー、焼肉ヌードルまで5人分の料理を注文した。これ焼肉を2人前と3人前分け炒め状況、チョン・ユミは焼肉バーガー円チーズが入ったらライスとヌードルを先にプレーティングすることを提案した。ユン・ヨジョンは「お前の頭いい。私は頭が動作しないならない」と賞賛を惜しまなかった。

営業が終わった後にユン・ヨジョンに「先生ワイン一杯できますか?」と尋ねた。ユン・ヨジョンのためのレストランにワインを用意してきたこと。ユン・ヨジョンは「ワインがジュースだ」と満足感を示した。アルバイトシングが登場した時も同様。彼はお尻もつけずにキッチンや食卓を行き来した。

だからどうしてきれいないだろうか。ユン・ヨジョンもシングもイ・ソジンも全てチョン・ユミを見て微笑ましく微笑む姿を簡単に見ることができた。「新西遊記」のアン・ジェヒョン、ソン・ミンホ、「三試三食」のナム・ジュヒョク、ユン・ギュンサンなど満点末をてきぱきよく交渉していたナ・ヨンソクPDがもう一つの満点末っ子を作り出した。
2017/04/01(Sat)

「ユン食堂」イ・ソジン、上等気難しい→バリ・クリア変身大成功

ユン食堂
イ・ソジンの経営本能が目浮かんだ。

過去31日に放送したtvN「ユン食堂」には、初日の営業を終えたユン食堂家族の姿が描かれた。

ニューヨーク大で経営学を勉強したイ・ソジンは、これまで上等と収量もで見せた姿とはまた違った魅力を発散した。彼は上手な英語もとに「ユン食堂」を発見したこれら接客した。同時に多くの客が押し寄せてきて飲料まで製造するなど、手ごわい状況の中でも最善を尽くした。

忙しくてもお客様の反応をチェックすることも忘れなかった。掃除をしながらも、お客様がプルコギバーガー、焼肉ライス、焼肉ヌードルなどユン食堂のメニューについてどのように評価するかを注目してみた。多くのメニューを注文したお客様にはレストランのシュノーケリングを快く貸してくれるたり、水をサービスとして与えるなど、常連顧客管理に徹底した。

イ・ソジンは夜に一緒に集まって一日を反芻する時間もレストランの価格政策、ユン・ヨジョンのパフォーマンス、菜食主義者の訪問時の対処法などについて話し光らせるは野心を表わした。価格を下げることの話が出るとすぐに反発し、利益の最大化を追求する姿で笑いを誘った。アルバイトを雇って態度のをくちばしうように冗談を言った。

その一方で「ユン食堂」の家族を誰よりも手にした。一日中立ち熱い火の前で料理をしなければならいたユン・ヨジョンとチョン・ユミに代わってスタッフ小麦を本人が作った。シングが登場すると走って行って、馬車の屋根にシングが頭をぶつけないように気を使った。

だけでなく、すでにシングの味覚を知っているイ・ソジンはシングが来たことを歓迎する夕食を準備するときにも、汗を流しながら肉を焼いた。シングがチゲが好きだという事実を知っている彼は、ユン・ヨジョンにこれを強くアピールした。ユン・ヨジョンはレストランのオープン前の食材の準備もイ・ソジンが相当部分助けてくれたと感謝の気持ちを伝えることもした。

上等でつぶやき収量もでエリック深いスープの味に笑顔をマーグムドンイ・ソジンはバリでは「すべてクリア」で風変わりな魅力を見せている。下がる別れるにヘトダドンナ・ヨンソクPDと、しばらくは別れる難しいようだ。
2017/04/01(Sat)

ヒーリングを売る "... 「ユン食堂」に営業された

ユン食堂
正常営業を開始し、視聴者は営業れた。ぜひ一度行ってみたいレストラン。エメラルド色の海が広がっているビーチは、人社臭い懐かしあふれる店だ。バリの小さな島、「ヒーリング」を売る「ユン食堂」の話だ。

ユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミ、シングが一家族になってお店を経営する姿は、それ自体で「ヒーリング」だった。人間的な魅力を誇る四俳優。そして調味料のない深い味わいを楽しんでオリョネはナ・ヨンソクPDの演出が一品である。

先月31日に放送されたtvN芸能プログラム「ユン食堂」では、三人の俳優がバリの近くの島に小さな食堂を開いて操作する話が描かれた。

この日の放送で、三人は、直接食材を買い物手入れをし、オープン準備を終えた。しかし、ゲストがかからず、社長のユン・ヨジョンは焦っている様子を見せた。待った末客が見つけてきて、最初の注文を受けた。

ユン・ヨジョンは真心を込めて焼肉料理を作って出し、チョン・ユミは気さくに彼の補助した。イ・ソジンは飲み物を作って料理を提供して、それぞれの位置で最善を尽くした。

お客様の反応も良かった。色とりどりながらも、自然と調和したインテリアと焼肉を使った料理にかなり満足している様子。キムチを探したり、韓国語で感謝をする外国人もおり、興味深かった。

何よりも、この日の白眉はシングの合流。最強のアルバイトスペックを持つ彼は、「旧ケビ」に紹介され、初出勤を終えた。三人は、期待感を抱いてアルバイトを待ち、シングの登場に戸惑いながらも一気に走っ挨拶を交わした。

何よりも期待を集めた四人の「ケミ」が目立った。それぞれのキャラクターが和えながら良い呼吸が行われ、、徐々に家族のような雰囲気を演出しながら、快適な感じをかもし出した。ユン・ヨジョンが社長兼オーナーシェフを、イ・ソジンは総務兼サービングとキャッシャーを、チョン・ユミはキッチン補助を務め、それぞれの役割をこなしながら楽しみを与える。

これらの店はかなりフォーマた。ビーチがひと目で見えるビューと広々としたキッチン、快適ホールと雰囲気のある外観が一応合格点だった。三人は、直接市場調査に乗り出して料理を作って見て、価格を定めてオープンを準備していった。互いに固く団結し、素朴な夢に向かっていく過程は、暖かく暖かくした。

見るだけでも、快適な安息を与える「ユン食堂」。代表メニューは「ヒーリング」であることが確実である。

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する