韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017.04.03.Mon

「推理の女王」チェ・ガンヒ "おばさんと呼ばれた敵NO ...タメ口が嬉しい年齢"

チェ・ガンヒ
チェ・ガンヒが「おばさん」と呼ばれる所感を明らかにした。

3日午後KBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本イ・ソンミン、演出キム・ジンウ、遊泳は、製作Aストーリー)の制作発表会がソウル永登浦タイムスクエアアモリスホールで開かれた。キム・ジンウPD、俳優チェ・ガンヒ、クォン・サンウ、イウォングン、シン・ヒョンビンなどが参加した。

この日チェ・ガンヒは、劇中で「おばさん」と呼ばれるものの考えを述べた。彼は「生きながら「おばさん」という言葉をよく聞いたことはない」とし「ただ駐車場の係員をされる方が「先生」とすることがある。数年前であれば「娘」と言いながらぞんざいな言葉をいただいたのに、今はないよ。最近はタメ口がうれしい」と冗談を言った。

続いて「現場で聞く「おばさん」と音は聞くがよい。クォン・サンウがそれだけ劇中の流れに打たれ、トクソとおいしく呼んくれる。軽快である」とした。

チェ・ガンヒは「最近面白い台本がなかったよ。私は判断力が曇ったことが分かった。ところで友達とこの作品を読んでみた面白いと言っていた」と「推理の女王」を選択した理由を語った。

「推理の女王」は、生活密着型推理クイーンソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルドベテラン刑事ワンスン(クォン・サンウ)が幻の空調パートナーとして生まれ変わり犯罪で傷ついた人々の心まで解きほぐすヒューマン推理ドラマだ。来る4月5日に初放送。
スポンサーサイト
2017.04.03.Mon

「推理の女王 'クォン・サンウ、「「四十春期」本当に私の姿、デビュー以来最も好き "

クォン・サンウ
俳優クォン・サンウが3年ぶりにテレビ劇場に復帰する所感を明らかにした。

KBS 2TV水木ドラマ「推理の女王'製作発表会が3日、ソウル市永登浦区永登タイムスクエアアモリスホールで開かれた。この日の行事には、キム・ジンウPD、クォン・サンウ、チェ・ガンヒ、イ・ウォングン、シン・ヒョンビンが参加した。

「推理の女王」は、クォン・サンウの3年ぶりの復帰作。しかし、彼は自分が引き立つキャラクターではなく、「推理の女王」であるチェ・ガンヒをサポートしてくれる役割である。これに対して彼は「現場で私にくく方が多い。しかし、キャラクターの大きさよりも、その時々私に入ってくる台本が私に面白いとならなければなら演技をすることができる。時期に合わせて、このような作品が入ってきたようだ」と率直に答えた。

続いて「ドラマを久しぶりにするため、当然のことながら、よくなければならないという負担感がありますが、それより全体的な完成度が重要であると考えている。タイトルが「推理の女王」も私楽しく演技することができるキャラクターなら、それよりも良いことがない」と説明した。

また、「デビュー以来こんなに楽しい現場は初めてという気がするほどのエネルギーにあふれ気持ちよく撮影している」とし、楽しい現場の雰囲気を伝えた。

「推理の女王」は、生活密着型推理クイーンソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルド熱血刑事ワンスン(クォン・サンウ)が相乗効果コンビを成し迷宮にバージン事件を解放ながら犯罪に傷ついた人々の心を撫でるヒューマン推理ドラマ。来る5日午後10時初放送。
2017.04.03.Mon

クォン・サンウ、「「探偵ザビギニング」以降チェ・ガンヒと再会、輝きようサポートすること」

クォン・サンウ
俳優クォン・サンウが「探偵ザビギニング」以降再びチェ・ガンヒと出会った所感を伝えた。

3日午後、ソウル永登浦区タイムズスクエアアモリスホールでKBS2新しい水木ドラマ「推理の女王'製作発表会が開かれた。この席にはキム・ジンウPDと俳優クォン・サンウ、チェ・ガンヒ、イ・ウォングン、シン・ヒョンビンなどが参加した。

「推理の女王」は、生活密着型ソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルド熱血刑事ワンスン(クォン・サンウ)が相乗効果コンビを成し迷宮に陥った事件を解放ながら犯罪に傷ついた人々の心を撫でるヒューマン推理ドラマ。

チェ・ガンヒクォン・サンウは先に映画「探偵ザビギニング」で呼吸を合わせたことがある。今回はお互いの役割が変わって再会した。

クォン・サンウは「今回「探偵」と「チェチェなロマンス」の姿も見ることができる。私は事件を解決するよりもワンスンの役割が演じ面白いようだ。私たちのドラマが「推理の女王」である。チェ・ガンヒが最も光るべきこのドラマがよくなると思う。私をはじめチェ・ガンヒ役が映えようサポートする計画で、このドラマを始めることになった"と伝えた。
2017.04.03.Mon

「推理の女王」チェ・ガンヒ "推理物、好きではない」爆弾告白

チェ・ガンヒ
チェ・ガンヒが推理物の考えを明らかにした。

3日午後2時、ソウル永登浦区永登浦タイムスクエアアモリスホールでKBS2新水木ドラマ「推理の女王'製作発表会が開かれた。

チェ・ガンヒは「私は推理物を好きではない。このドラマは、私の好きな最初の推理物になりそうだ。だから、参考にした作品は、別にない」と述べた。

「推理の女王」は、生活密着型推理クイーン芝峰類ソルオク(チェ・ガンヒ)とハードボイルド熱血刑事しワンスン(クォン・サンウ)が迷宮に陥った事件を解いて出して犯罪に傷ついた人々の心を撫でるヒューマン推理ドラマだ。「グッドドクター」、「ヒーラー」などで温かい人間愛を照明していたキム・ジンウPDがメガホンを取って「4次元クイーン」チェ・ガンヒと元祖韓流スタークォン・サンウが出演を確定した。ここでシン・ヒョンビン博餅はキム・ミンジェ、アン・ギル、カンヤン、イ・クジュン、イ・ウォングン、キム・ヒョンスク、トョン・スジン、パク・ジュングム、ユ・フイソクなど個性の強い俳優たちが加勢して、さまざまなケミを披露する。

作品は「キム課長'後続で5日午後10時放送される。

 | HOME |