韓国映画&俳優&k-pop

韓国映画や韓国の芸能について

2017/04/15(Sat)

「ユン食堂」チョン・ユミ、外国人も動物も調べてみる」ユムアセンブリ」

ユン食堂
'ユムアセンブリ」チョン・ユミの魅力はどこにも通じる。動物たちにも、外国人にもチョン・ユミは、「ユムブリ」そのものだ。

過去14日午後放送されたtvN芸能プログラム「ユンレストラン」では、1号店で2号店に移し、営業に出たユン・ヨジョン、イ・ソジン、チョン・ユミ、シングの姿が描かれた。

2号店は経営危機を迎えた。少ない流動人口が第一の理由であり、焼肉だけのメニューも惜しかった。これイ・ソジンは危機突破のためにラーメンをビジョンとして提示し、卵、餃子を入れたラーメンで勝負を浮かべた。翌日イ・ソジンは朝早くからマートをお探しなら、15袋を購入し、新メニューでお客様を誘致するという意志を燃やした。

家族の風とは異なり、「ユン食堂」は、パリだけ飛ばした。旅行者がホットプレイス「ボートパーティー」に集中し、距離閑散とした。これ家族は積極的なマーケティングでお客様を誘導した。ユン・ヨジョンはミニプルコギバーガーを作って試食を勧めており、チョン・ユミは通過外国人に声をかけ、積極的に乗り出した。しかし、「ユン食堂」家族が流した汗に比べ所得は少なかった。

この間ユン・ヨジョンは新メニューの開発にも没頭した。ラーメンに入る水餃子を揚げ「ポップ-餃子」を作ったこと。たれまで用意しながら、新しい料理をメニュー板に登録した「ユン食堂」家族は、次の日を約束して、残念ながら営業を終了した。以後「ユンレストラン」家族は外食を介して雰囲気を転換させた。

外食に力を得たイ・ソジンとチョン・ユミは、翌朝早く食堂に向かった。普段出勤していた道ではない緩い反対の道を選んだ二人は、自転車に乗ってビーチを走った。チョン・ユミは、太陽の光を浴びている所を発見し、近づいて声をかけて交感するした。この時、チョン・ユミの言葉を知っている聞いたかのように、ソト動い起き驚きを誘った。

この日の営業は雨ながら新たな局面を迎えた。雨を避けるために団体旅行者が「ユン食堂」に入ってきたこと。団体客、家族客、カップルなどが集中し、ホール担当イ・ソジン-新区は忙しくなり、押し寄せる注文ユン・ヨジョンとチョン・ユミもキッチンで忙しく動いた。

この時、「ユン食堂」を訪れた外国人客はチョン・ユミのルックスと行動を絶賛した。可愛らしく、きれいこと。先に1号店でもチョン・ユミの魅力にすっかりはまったお客様が大勢いたので、推測はされたが「ユムブリ」マジックは利用できた。
スポンサーサイト
2017/04/15(Sat)

ヒーリングを売る「ユン食堂」が不況に対処する方法

ユン食堂
'ユンレストラン」の社長ユン・ヨジョンと常務イ・ソジンが経営悪化打破に乗り出した。
14日放送されたtvN「ユンレストラン」では、ユン・ヨジョンとシング、イ・ソジンとチョン・ユミがまだ客がなく、パリだけ飛ばす「ユンレストラン」を悩んに陥った姿が描かれた。
ビーチ整理事業により1号店を一日で閉じ「ユン食堂」は、島の中の2号店を新たに開業した。観光客が並ぶ1号店の位置とは異なり、2号店の周りの高級リゾートが位置した静かなビーチであるせいで通過旅行者も多くなかった。ドアは開いたがお客様は訪れず、「ユン食堂」の家族は、締め切り時間の午後6時になる前に、「ユン食堂」のドアを閉め帰宅するなど落胆した様子だった。
先立ってイ・ソジンは「ユン食堂」の問題で焼肉のみ画一化されたメニューの単純さを指摘した。これを解決するために、イ・ソジンは新メニューラーメンの導入を主張し、ユン・ヨジョンは卵、餃子、卵+餃子の選択肢まで提示してイ・ソジンのアイデアをさらに発展させた。
新しいメニューにラーメンを準備することにしたイ・ソジンは朝目覚めるとすぐ近くのスーパーに向かった。幸いなことに近所のスーパーには、韓国ラーメンが揃っていた。一気に辛いラーメン15袋を取り上げたイソジンは「引くとき引っ張るならない」との意志を燃やした。
しかし、商売の結果とはすべからく空が降りてくれること。悲壮な覚悟で、新しいメニューであるならばまで準備したが、お客様は導通来るとを知らなかった。「ユン食堂」家族は戦々恐々し、「なぜみんなご飯時にご飯をしない満員食べるよ」とぼやいデドンユン・ヨジョンはゲストのプルため、再び新しいメニューの開発に突入した。ユン・ヨジョンが開発した新しいメニューは「ポップ餃子」。餃子なら用餃子を3分以内に弾く「ポップ餃子」はその労働効率メニューでイソジン、シング、チョン・ユミの絶賛を受けた。
ゲストがなく心配しているときに、島では雨が降り出した。悪天候に心配をしようとしたのもつかの間、非は「ユンレストラン」の幸運の女神に作用した。突然注がれた雨を避けるため、お客様が「ユン食堂」にうようよ集まったもの。まず、定着したオーストリアの男性客のテーブルに、スウェーデンから来た客が同席し、「ユン食堂」のすぐ前のビーチでシュノーケリングを楽​​しんでいた中国人団体観光客たちも「ユン食堂」の桁を保持イ・ソジンの窪み笑顔を誘った。
お客様が集まる新しいメニューは力を発揮した。オーストリアのお客様がさせた卵ラーメンを見て、スウェーデンから来た女性客は目を離さないできなかった。雨降り注ぐ日、鼻先を刺激するトゥクンハンならスープの味は、まさに食欲を引く魔法のようなメニューだった。さらに、ユン・ヨジョンが開発したポップ餃子もビールとの相性がぴったりのメニューで、お客様にしきりに追加注文をすることにした。
お客様がなかったため「ユ​​ン食堂」家族は、新しいメニューを絶えず開発した。スイカパイナップルジュース、バナナ、パイナップルジュースなど様々なミックスジュースはもちろん、ラーメン、ポップ餃子など、さまざまな新メニューが「ユンレストラン」を訪れた客と「ユン食堂」を見守る視聴者を誘惑している。無限の進化を介して発展している「ユン食堂」、やはり意味があるところに道の法である.

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する