100%以外のキ・ソンヨン、一人輝いていた

キ・ソンヨン
'中原司令官'キ・ソンヨン(スウォンジー·シティ)の存在感を再確認できた試合だった。韓国サッカー代表チームは28日、ソウルワールドカップ競技場でチュニジアとの評価試合兼2014ブラジルワールドカップ出征式を行った。結果は0-1の敗北だった。国内日程を終えた韓国代表チームは30日、米マイアミで離れ転地訓練を実施し、来月10日、ガーナと評価試合を持つのが最後の実戦テストの舞台だ。この日、ホン・ミョンボ監督は、負傷から回復していたキ・ソンヨンの中央ミッドフィルダーで選抜出場した。キ・ソンヨンはオールシーズン終盤、右膝の膝蓋骨と脛骨をつなぐ腱に炎症が生じ、早期に帰国してリハビリに明け暮れた。
ホン監督はチュニジア前にキ・ソンヨンの代わりにハ・デソン(北京国安)を先発に起用するように見えた。しかし、キ・ソンヨンを先発で投入してけがの回復程度と体の状態を確認した。体が多少重く見えたキ・ソンヨンは、序盤の動きが少しこもってましたが、通常の試合に適応して特有の安定感のあるボール所有とパス能力を見せてくれた。キ・ソンヨンは左右に広くパスを開いてくれて韓国の攻撃ルートを確保することに努めた。パスの精度も良かった。相手がボールをキャッチすることができないように、適切な場所に配信をした。相手の圧迫も無難に凌いだ。仲間がキ・ソンヨンのパスを効果的攻撃に続かなかったのが残念として残った。キ・ソンヨンの体の状態が100%ではないことを考慮すれば、悪くない動きだった。相手の堅いタックルに敏感な反応を見せるなど、気をつけている姿も見せてくれた。ホン・ミョンボ監督がチュニジア戦コンセプトの一つとして傷防止を重視思っていたという点を考慮すると、十分に本格的にはしたと見ることができる。KBSのハン・ジュンヒ解説委員は、「キ・ソンヨンを利用するためには、より有機的な動きが必要である。ボールを持たない選手たちの動きがそれでより重要である」と分析した。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する