ソンヨン - チョンヨン回復、ホン保護微熱警報解除

キ・ソンヨン、イ・チョンヨン
ホン保護の選手が一日ぶりにトップコンディションを取り戻した。チョ・ジュンホン大韓サッカー協会メディア担当官は5日(韓国時間)、「前日のトレーニングで微熱の症状で除外されたキ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)とイ・ボムヨン(釜山)が、通常のコンディションを取り戻した。イ・チョンヨン(ボルトン)、イ・ヨン(蔚山)、チ・ドンウォン(ドルトムント)も体調に異常がない」と明らかにした。キ・ソンヨンとイ・ボムヨンは4日、米国マイアミのセントトーマス大学の運動場で行われたワールドカップ代表チームのトレーニングでわずかな微熱の症状で宿舎のターンベリア露リゾートでリラックスを取った。同じ症状に長袖と長ズボンを着用したまま運動場に姿を現したのイ・チョンヨンと、この目的のミニゲームから除外されたままベンチで休憩を取った。チ・ドンウォンは訓練後、微熱の症状を見せた。これホン保護は6日から通常の訓練消化が可能となった。
選手の相次ぐ微熱の症状は、マイアミの出発前に実施した黄熱病の予防接種の後遺症で観測された。これまでの選手団は、風邪を懸念し、宿泊施設で、エアコンを停止することに十分な注意を払ってきた。黄熱病は中南米とアフリカの風土病で、主に蚊に噛ま感染する。発熱と頭痛の症状が一般的ですが、ひどい場合は死亡に至る病気である。世界保健機関(WHO)は、東海岸の一部を除いてブラジル全土を黄熱病の予防接種をお勧め地域に設定しておいている。代表チームが6月18日ロシアと2014年グループリーグH組第1戦を受けるクイ·アバド黄熱病の予防接種をお勧め地域である。しかし、予防接種の副作用がある。接種3〜4日後、20〜30%が痛みや腫れ、微熱、頭痛、筋肉痛などの軽度の副作用を経験する。ワールドカップ代表チームは先月29日、坡州NFC(国家代表トレーニングセンター)での団体接種をした。一日で症状が好転した洪明甫ワールドカップ代表チーム監督の本構想も中断することなく引き継がれ ​​た。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する