キ・ソンヨン「世界の舞台性的ためには守備裏付けが必要」

キ・ソンヨン
代表のMFキ・ソンヨン(スウォンジー·シティ)がロシア戦を前に安定感のあるプレーを強調した。 代表チームは16日午前(韓国時間)ブラジルクイアバUFMT大学で訓練を消化で、18日ロシアを相手に払う2014ブラジルワールドカップH組1次戦に備えた。その中にベースキャンプ地イグアナスソ訓練を続けてきた代表チームは、ロシア全決戦地クイアバで初の訓練を行った。 キ・ソンヨンは16日、「ロシア戦を前に選手たちの全体的なコンディションやロシア戦に備えて、戦術的にチームが良くなった。ワールドカップを準備する過程で行った二度の
親善試合の結果が良くなかったが、間違いを繰り返さないという」とクイアバ最初の訓練を終えた所感を伝えた。また、「いろいろな部分が良くなかったのは事実」とし「私たちのチームの武器は組織力である。守備をしっかりすれば、私たちのチームの攻撃陣に能力のある選手がいるので、良い試合ができるだろう」と付け加えた。 代表チームの雰囲気については、「親善試合で良くない結果を得て失望感があるかもしれないが、選手たちは最初の試合を最も重要な思う」と「持つ能力を100%であることが重要である。私の能力を広げながら、お互いを信じて試合をすると良い結果を得るだろう」と伝えた。 ブラジルワールドカップの最後のロンドンオリンピックを比較してほしいという質問には、「世界の舞台で成績を出すためには守備が裏付けなければならない」と答えた。 キ・ソンヨンは、過去南アフリカ共和国ワールドカップで韓国代表のキッカーに出て2つのアシストを記録した。今回のブラジルワールドカップもキッカーに出ることが有力なキ・ソンヨンは「セットプレーは自分もとされているものではない。難しい戦術であり、少しの運が必要だ」とし、「最大限の努力をしている。キックには自信がある。チャンスが来たら生かせるようにしたい」という意欲を見せた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する