「お父さんどこ」ソン・ドンイル表リュックサック旅行違っても、あまりにも違っていた、韓歴史研究

パパ、どこ?2
ソン・ドンイルが娘のために特別なリュックサック旅行を計画しました。俳優ソン・ドンイルは、6月22日放送されたMBC '日夜-パパどこ'で娘ソンビン量と共に中国上海に旅に出た。アノルソン・ドンイルはソン・ビン量と共に上海に位置する大韓民国臨時政府庁舎を訪れた。入場料は一人当たり20元(3,500円)だった。ソン・ドンイルは、一般的な観光旅行を開始する代わりに、大韓民国臨時政府庁舎を見つけ、1919年4月13日、上海に設立された大韓民国臨時政府の歴史を勉強した。ソン・ビンは大韓民国臨時政府の歴史順に紹介されているブラウン管を見つめて「柳寛順。本に出てくるんじゃない。大韓民国叫ぶが日本独房に閉じ込められじゃない」と言いながら全く真剣な表情を浮かべた。独立運動を理解する感心姿を見せた。日本軍が虐殺を敢行する多少露出したシーンにはびっくりした表情を浮かべた。ソン・ドンイルは「私たちの独立運動する人々を日本軍が殺した」と説明したソン・ビンは「悪い」と述べた。ソン・ドンイルは「今よろしいですか?なぜ私たちがここにしようとしたかどうか?」と尋ねたソン・ビンは首を黙ってクドクゴリョトダ。以来、ソン・ドンイルとソン・ビン親子は金九の執務室を訪れ、歴史の勉強を継続して視聴者たちの感動を誘った。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する