ソン・ユナ「悪い人烙印ストレス、関節までセカメて」涙

ソン・ユナ
ソン・ユナが空白期の間の心の苦労をした事情を打ち明けた。俳優ソン・ユナは、6月29日放送されたSBS「よく食べ、よく生きる方法食事ましたか?」で、6年間の空白期の間、自分が感じた率直な気持ちを打ち明けた。ソン・ユナは、「私大きな事件を、爆弾に当たって住んでいたじゃないですか。だから関節、膝、足くるぶし、すべての関節がセカメられた。どんどん着色されたかのように開始された後かマジだったよ。人々は驚いて、自分ではサウナへも恥ずかしいくらいだった。病院に行くと血が詰まっていると診断され、今では多く回復した」と述べた。続いて、ソン・ユナは、「私は想像することができない人生を生きた女性になってしまった。そのような人に住んでいないじゃないか。そのような人は悪い人じゃないですか。ところで、私はそのようになってしまったよ。この種の私は含んで生きなければならうと決心しましたので。」と言って涙を流した。ソン・ユナは、「息子にお母さんが絶対そんなママではないことを確認させてくれて見せるためにも、熱心に健康に生きなければならないと考える」と述べた。イ・ヨンジャもソン・ユナの姿を見て一緒に涙を流した。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する