「流暢な英語」キ・ソンヨン、「1年の古代た得点の瞬間チームだけと思った」

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(25·スウォンジー·シティ)が所属チームで初ゴールに喜びながらもチームを考えた。

キ・ソンヨンは16日(韓国時間)、イングランドグレーター·マンチェスターオールド·トラッフォードで行われた2014〜2015シーズンイングリッシュプレミアリーグのマンチェスター·ユナイテッド(以下マンU)と遠征試合に先発出場し、チームの2-1の勝利を導いた後、「スウォンジーシティTV」とのインタビューで「得点できなかった過去1年間ゴールをほしいと思った。しかし、得点の瞬間、チームに助けになったらいいなと思っていた他のものは思い浮かばなかった」と述べた。

この日キ・ソンヨンはスウォンジーの制服を着てリーグで最初のゴールを決めた。「ゴールネットを揺らしたとき、多くの感情がしましたが、より熱心に走っうとした」と述べた。また「昨シーズンリースを終えてチームに帰ってきた。スウォンジー·シティでプレーしてたかった」と強調した。この日のチームの勝利については「誰も私達があるだろうと考えていなかっすべての仲間が賞賛に値する。私たちの戦術は非常に良かったチャンスが飛ぶたびに、ゴールを決めた」と述べた。「私たちには本当に良いスタートを切っある」と力を込めて話した。



この日スウォンジー·シティは、前半28分キ・ソンヨンのゴールに力づけられて1-0で前半を終えた。後半8分ウェイン・ルーニー(29)に同点ゴールを許したが、後半27分ジルピシグルドソン(25)が逆転ゴールを決め笑った。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する