神の選択、チョンヨンは自由ソンヨンはずっしりと

キ・ソンヨン イ・チョンヨン
来る5日ベネズエラ、8日ウルグアイと二度の評価試合を控えている大韓民国サッカー代表チームの一時的司令塔シン·テヨン監督は「ブラジルのワールドカップ以来、初のAマッチであり、民族の最大の祝日である秋夕とき広がる競技だ。家族全員が集まって試合を見守るのに、ホットな攻撃サッカーを広げたい」と述べた。その熱いサッカーのためのシン·テヨンの選択は、イ・チョンヨンとキ・ソンヨンだった。シン·テヨン監督は3日午後NFCので進行した招集二日目の訓練で事実上のベストメンバーを公開した。最前方には、移動局が立ち、左右の翼でソン・フンミンとチョ・ヨンチョルを配置した。ミッドフィルダーにはイ・チョンヨンとイ・ミョンジュが呼吸を合わせた、その下キ・ソンヨンが、全体的なコントロールを担当する円ボルランチ役割を果たした。守備ラインは左からキム・ミンウ-キム・ヨングォン-キム・ジュヨン-チャで構成された。かなり攻撃的な配置である。シン・テヨン監督は「4-1-4-1大型ではなく、4-1-2-3に近い」と説明した。いずれにせよキ・ソンヨンの前に立っ5人全員が攻撃を志向するというのが基本的な方針である。この戦術で重要な役割を消化する人物はまさにイ・チォンヨンである。側面で活躍する姿が慣れていたイ・チョンヨンが中央に席を移動したということから興味深い。
事実上の「フリーロール」の任務を与えられた。シン・テヨン監督は「相手の守備裏のスペースをより積極的に掘り下げため、イ・チョンヨンを中央に配置した」と明らかにした。チョ・ヨンチョルも面での破壊力を備えているという信頼とともに、イ・チョンヨンに走るスペースをより多く付与するための措置であった。側面プレイに機能するに左右翼との自由なスイッチングが可能であることも利点である。見るこれら見慣れだろうが、肝心のイ・チョンヨンは、「プレシーズン時はボルトンでもミッドフィルダーを見たことがある」という言葉で大きな困難がないことを意味を伝えた後"競技中のポジションの変化が多いだろう」という言葉の位置に関係なく、自由に動くことを示唆した。イ・チョンヨンが相手守備陣を十分にヘジプゴ通わなければならワントップイ・ドンゴクにチャンスが日確率が高くなる。攻撃の中核とイ・チョンヨンなら守備のキーは、キ・ソンヨンが握っている。この日キ・ソンヨンはストライカーがなく、ディフェンダーと一緒に組を成して訓練を行った。守備ライン全体を調整するコントロールタワーであった。これもシン・テヨン監督が選んだ実験であり、変化します。専任ホン・ミョンボ監督は就任中4-2-3-1フォーメーションを好んだ。ホン監督は「4人のディフェンダーとその前の2人のミッドフィルダーは、私が求めているサッカーの根幹」と説明したりした。ところが、今、中央の人員が2人で1人に減った。シン・テヨン監督は「キ・ソンヨンが元ボルランチに立った、よくしてくれるものと信じている」と短く紹介した。文字通りキ・ソンヨンという選手を信じるに可能な選択である。キ・ソンヨンが柱にずっしりと中心を保持するために他の人々が多ければ多いほど、攻撃前に」を叫ぶことができる。守備ラインの前でろ紙の役割をしてくれるのはもちろんのこと、攻撃の切り替え時に、ビルドアップを指揮する役割もキ・ソンヨンの分け前である。シン·テヨンが追求するサッカーのイ・チョンヨンとキ・ソンヨンは、キーマンのような存在だ。いつ何時でも重要な選手たちだが、今回の2連戦には比重が大きくなった。困難を経験している韓国サッカーの雰囲気反転のためにイ・チョンヨン-キ・ソンヨン「双竜」のミッションがより重要になった。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク