ウルグアイ戦びっくり戦術は「キ・ソンヨンシフト」

キ・ソンヨン
ウルグアイ戦の勝利のための戦術は、キ・ソンヨン(スウォンジー·シティ)を活用する変形フラット3に明らかになった。サッカー代表チームが7日高揚総合運動場でウルグアイとの親善試合を翌日に控え公開練習を行った。去る5日ベネズエラ戦を3-1で勝ったチームは、ウルグアイ伝導慎重を持って備えながら、勝利狩りに集中するという計画である。
シン·テヨン監督はウルグアイをつかむために「変形フラット3」を勝負に投げた。随時には3-4-3、攻撃時には4-2-3-1の形に変化し、ウルグアイの逆襲に備えというように、選手たちに休むことなく説明し、責任を与えられた。訓練では、中央のMFキ·ソンヨンがフラット3のうちの掃除に行われた。左右にキム・ヨングォン(広州エバーグランデ) -キム・ジュヨン(FCソウル)が配置された。キ・ソンヨンは守備時には二人のストッパと一緒にボールをガードし、守備に集中する訓練に熱を上げた。見る管理が良いキ・ソンヨンの利点を活用することである。キ・ソンヨンは去る2007年、カナダ20歳以下(U-20)ワールドカップでもスイーパーの経験をしている。大人代表チームとの重量感は異なりますが、十分に役割をすることができると思われる。ウルグアイの側面突破を意識したよう左右のウィングバックキム・チャンス(柏レイソル)とチャ・ドゥリ(FCソウル)のうち一人がオーバーラップをすると、もう一人降りてと守備に気にする様子を見せてくれた。守備のバランスが壊れずに確実に片側を攻撃ルートとして活用するという意図だ。中央には、朴鍾佑(広州くちばし)、イ・ミョンジュ(アル·アイン)が配置された。攻撃時の朴鍾佑がキ・ソンヨンのようにボールを展開する役割を担うものである。イ・ミョンジュはスリートップであるソン・フンミン(レバークーゼン) -移動局(全北現代) -イ・チョンヨン(ボルトン·ワンダラーズ)の動きに応じて、攻撃に加担した。セットプレーでもキ・ソンヨン中心の戦術が稼動されている。フリーキック時の側面から中央に接続すると、ペナルティエリア内に入らないキ・ソンヨンがミドルシュートなどでゴールを狙う。身長がやや低いウルグアイの守備裏のスペースを崩しという意図だ。遠距離フリーキックでは、キ・ソンヨンが直接キッカーに出てペナルティエリアに接続する。シン・テヨン監督は「びっくり戦術がまさにキ・ソンヨンの変形配置である。一種の変形フラット3と見ればされるキ・ソンヨンの役割が非常に重要である。我々は、先制ゴールのみをエクスポートしてくれずよく持ちこたえたら十分こなせることができる。朴鍾佑が、既存のキ・ソンヨンの役割をしてくれると考えればよい」とウルグアイの速い攻撃に対応するための変更を模索するという意味を示した。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク