隠すことができない存在感、キ・ソンヨンの3段変身

キ・ソンヨン
ディフェンダーだ?ミッドフィルダーだ?ストライカーだ?3人とも迎えた。ウルグアイの強い攻撃力を防ぐためのカスタマイズされた戦術、「変形スリーバック」の核心キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ)が中央のDFに変身した。そして90分の間の3つのポジションを消化し ​​て全天候型プレーヤーに生まれ変わった。
キ・ソンヨンが8日、京畿高陽総合運動場で開かれたウルグアイとの親善試合にセンターバックとして先発出撃した。シン・テヨン監督が予告したとおり「ショッキング」な変身だった。キ・ソンヨンは2012〜2013シーズンイングランド·リーグカップ決勝でのCBで先発出撃した経験がある。青少年代表時代にも、中央守備手にした試合に出たことがある。A代表では「初めての経験」だった。キ・ソンヨンを中心としたスリーバックが作られた。左右にキム・ヨングォン(広州恒大足球倶楽部)とキム・ジュヨン(ソウル)が布陣した。3-4-3フォーメーションだった。キム・チャンス(柏)とチャ・ドゥリ(ソウル)が左右のウィングバックで出た中原は、イ・ミョンジュ(知っている人)の朴鍾佑(広州くちばし)が担当した。最前方には移動局(全北)を中心に、ソン・フンミン(レバークーゼン)とイ・チョンヨン(ボルトン)が左右の翼を引き受けた。合格点を与えるような変身だった。しかし、物足りなさも残った。キ・ソンヨンは守備中心部に位置した。余裕があふれていた。守備陣営のペナルティボックスでボールを取っても急いでなかった。相手のFWが圧迫を入るとドリブルで皮をむいた出した巧妙なボールトラップでボールを守った。ポジション特性上、相手のFWカバーニ、エルナンデスとは頻繁に身体を負った。前半8分ロドリゲスのドリブル突破を最後まで?恋人ボールを打ちた。31分キ・ソンヨンはカバーニが中央突破を試みてみましょうサンパウロ切断した。両側面で上がってくるクロスは長身を利用してヘディングでキックた。しかし、間違い場面も続出した。前半34分に攻撃に加担していたキ・ソンヨンがあまりにも深く浸透して守備加担が遅れた。ウルグアイの逆襲が途中で絶えなかった場合失点につながる可能性の危機であった。後半には、決定的なファウルを犯し失点に口実を提供した。後半23分、キ・ソンヨンはペナルティボックスの左側でボールを磁化相手のFWにボールを奪われた。最終的にはパウロの攻撃を切断出した続いセットピースでヒメネスにヘディングゴールを許して物足りなさを残した。真価は攻撃で明らかになった。守備からの攻撃に切り替え時キ・ソンヨンがキーを握った。後ろキム・ジュヨンとキム・ヨングォンを残して一人進めた。瞬間的にキ・ソンヨンは、ホールディングミッドフィルダーに変身した。後方から鋭いロングパスを刺した。前半1分に左サイドを掘り下げるソン·フンミンに定規で測ったようなパスを渡した。また、いつものように左右にスペースを広げてくれるパスを刺してくれ攻撃の始発点の役割を消化し ​​た。後半22分、決定的な場面が出てきた。守備陣営ペナルティーボックスの前にあったキ・ソンヨンがウルグアイのゴール前に侵入するソン・フンミンに正確なロングパスを刺した。ゴールキーパーとの単独チャンスを迎えたソンフ・ンミンが得点に接続させなかったが、キ・ソンヨンの正確なパッシング能力とソン・フンミンの浸透能力が光を発揮した最高の名場面だった。キ・ソンヨンは攻撃能力も披露した。数回の攻撃に加担した。セットピース時の攻撃に積極的に加担して5回もヘディングシュートを浴びせた。後半39分に試みたヘディングシュートがクロスバーを迎え、残念ながら得点に失敗した。後半40分以降に攻撃手に変身して最前にとどまった。チームトップのように継続的にヘディングゴールを狙った。キ・ソンヨンの事件は後半23分に終わった。失点をした後、シン・テヨン監督が3-4-3戦術に変化を与えたからである。攻撃的MF朴鍾佑の代わりに韓国映画を投入し、4-2-3-1に転換した。キ・ソンヨンは、本ポジションの守備的MFに復帰した。ハン・グニョンと一緒に「ダブルボルランチ(二人の守備的MF)」の役割を遂行した。ミョンブルホジョンだった。センターバック、ホールディングミッドフィルダー、フォワードなど一人さまざまな役割を一人消化し ​​た。1つのミスが物足りなさを残したが、彼 ​​の変身は、変化をしようとする韓国サッカーに活気を吹き込むのに十分だった。キ・ソンヨンの活躍が続く競技場をいっぱいに満たした3万8183人のファンはキ・ソンヨンの名前を連呼した。敗北の中でも輝いたキ・ソンヨンの大活躍だった。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する