キ・ソンヨン、流暢な英語の実力発揮した事情は?

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(25·スウォンジー·シティ)が流暢な英語力を披露NFC(国家代表トレーニングセンター)を熱した。事情はこうだ。キ・ソンヨンは、パラグアイ(10日·天安総合)コスタリカ(14日·ソウルワールドカップ)との評価試合を控えて「シューティせ1期」に参加するために7日NFCのを見つけた。ウリ・シュティーリケ(60·ドイツ)の新監督就任以来、初の招集に加え、来年1月のオーストラリアアジアカップが近づいてきて、この日NFCは取材陣に大変な混雑を成した。これカタールメディアでもアジアカップ関連取材のためにNFCを守った。問題は、カタールの取材陣が通訳ガイドと同行していないこと。午前11時を少し過ぎると選手たちがNFCに足を踏み入れておいた。これカタール取材陣は、選手たちに向かって「スピークイングリッシュ?」と英語をすることができかと尋ねた。しかし、選手たちは恥ずかしそうに「アイムソーリー」という回答と一緒に宿泊施設に入った。ソン・フンミン(22·レバークーゼン)にも同じ質問が続いたが、彼 ​​は、 "ドイツ語は上手」と笑って答えた。そう何度も試みたが、戻ってくる答えは同じだった。インタビューの失敗を繰り返していたカタール取材陣によいニュースが入ってきたまさにイングランド・プレミアリーグで活躍しているキ・ソンヨンが到着したこと。カタールメディアは、キ・ソンヨンに向かって「2015アジアカップオーストラリアで開かれる。オーストラリア遠征をどう思うか」と英語で尋ね、通常キ・ソンヨンは「明らかに、オーストラリアアジアカップは容易ではない大会になるだろう。しかし、我々は上に上がるために最善を尽くして努力するだろう」とし「私もできるすべての力を発揮するだろう」と答えた。やっとカタール取材陣は満足しているように微笑んだ。
サッカーでのコミュニケーションが重要である。所属チームメイトとのコミュニケーション能力に応じて、チーム適応時間も違ってくる。ので、「韓国サッカーレジェンド」パク・チソン(引退)もマンチェスター・ユナイテッド時代のトレーニングや試合がない日には、英語の勉強に邁進した。キ・ソンヨンもオーストラリアのサッカー留学をしながら英語を身につけた。現地メディアとのインタビューをするほど流暢に駆使する。おかげで、キ・ソンヨンは、カタールのメディアの「光」のような存在になった一日だった。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する