「キャプテン」キ・ソンヨン、「シューティケホ真骨頂見せる "

キ・ソンヨン
代表キャプテン、キャプテン・パク」の香りが相変わらずだ。優れた実力だけでなく、グラウンド内外を網羅するカリスマは代表の主将パク・チソンを説明するのに十分であった。世界最高の舞台であるユナイテッドで活躍して得た経験は、相手を臆与えることを許可することだけでなく、グラウンドに一緒に線仲間たちに自信を持ってであった。パク・チソンが代表を去った後、いくつかの選手がキャプテンを受け継い受けたが、「キャプテンパク」を凌駕する ​​リーダーシップを示しジュジンできなかった。
シューティケホ1期の主将は、キ・ソンヨン(25·スウォンジー·シティ)であった。ウリ・シュティーリケA代表監督はパラグアイ、コスタリカとの10月Aマッチ2連戦にキ・ソンヨンを主将に選任した。当初フィールドプレーヤーの中で主張を見つけようた本人の覚悟を貫いた。生まれて初めてA代表主将を冷たいキ・ソンヨンは10日午後8時、天安総合運動場で開かれるパラグアイ戦で「キャプテンキー」でデビューする。キ・ソンヨンは9日、京畿道華城ローリングヒルズホテルでのパラグアイ戦公式記者会見で"新しい監督の下で試合を準備することになった。任期が長くなかったし、選手たちも新しい監督を経験する状況であった。グラウンドで最善を尽くして良い結果をオトヌン ​​ゲ目標だ。監督が必要なサッカーを最大限にできているのが私たちの妥当であると考えている」と述べた。彼は「最初の主将腕章を冷やしていかなり大きな責任を感じている」とし「栄光の席だが、グラウンド内外で選手たちに良い姿を見せなければならない。競争の中で最高の実力を見せなければならない。そのために与えられた部分も最善を尽くし考え」と覚悟を固めた。最後の2日間の間訓練には、満足感を表わした。キ・ソンヨンは「二日間のトレーニングとミーティングをしながら、過去競技について分析する時間を持った。監督が過去の試合で誤った部分と問題点に加えに対して明確に言ってくれた。私だけでなく、選手たちは十分になければならない部分を認知するきっかけがされた」とし「新しい監督が来ただけに、より良い姿を見せるために最善を尽くすことが当たり前だった。そんな姿が、明日の試合にそのまま露出されてプラスの効果があると思われる」と予想した。
キ・ソンヨン
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク