キ・ソンヨン、「主将として最高の形見せようとした "

キ・ソンヨン
"主張として最高の姿を見せようとした。" "キャプテン"キ・ソンヨン(25、スウォンジー·シティ)がシューティせ号デビュー勝利を導いて主張の品格を披露した。シューティケ号南米の強豪パラグアイを下しておりデビューを気持ちのいい勝利で飾った。ウリ・シュティーリケ(60)新任司令塔が率いる韓国サッカー代表チーム(FIFAランキング63 ​​位)は10日午後天安総合運動場で開かれたパラグアイ(60位)と評価戦で前半半ばキム・ミンウの先制ゴールとナム・テヒの連続ゴールに力づけられて2-0で勝利した。最初のボタンを非常によくキウォトダ。過去7日の最初の招集後三日間の呼吸を合わせた後、収めた貴重な初勝利である。中心には主将キ・ソンヨンがあった。首長の期待に200%応えた。キャプテンの品格を誇った。ミッドフィルダーで選抜出撃したキ・ソンヨンは、空輸調整はもちろん、セットピース時得点加担、1次阻止線の役割など1人3役を完全に消化し ​​た。
キ・ソンヨンは試合後のインタビューで、「久しぶりに無失点勝利をして嬉しい。監督も満足していた」とし「ここで満足せず、2連勝できるように、コスタリカ戦をよく準備する」と所感を明らかにした。
キ・ソンヨンは「主張腕章をガレージ本当に良いことだとの考えより最高の形を見せなければと考えた。よくしようと努力したのが競技場で明らかになった"としながら"これからの主張をすると、責任感を持ってしなければならない。誰でもすることができるものではない。任務が与えられた場合、私の経験を生かして橋渡しをよくしたい」と覚悟を投げた。キ·ソンヨンは続いて「監督が自信を植えてくれた、攻撃を自由にするようにした」とし「守備の安定に支えられながら攻撃も上手ことができた」と仲間たちにボールを回した。キッカーでこの日のセットピースビギナーに変身したキ・ソンヨンは「満足している。ヘディングが以前より良くなった」とし「ナム・テヒやソン・フンミンのようにキックが良い選手がいる。私は背が高いので、チームに貢献この場合そのような役割をしたい」と説明した。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する