「ニューキャプテン」キ・ソンヨン、シューティせ号心強い柱か?

キ・ソンヨン
本来の主将とは逆の選手本人が望んでして簡単に得ることができる場所がない。実力的に裏付けがなければならすることはもちろん特有の責任とリーダーシップの資質を十分に備えた人にのみ下される特権である。そして最初の航海に出たウリ・シュティーリケ監督は、このような主将材木でキ・ソンヨンの点とった、満足のいく内容と結果の両方を得た。しかし、今やっと第一歩という点を忘れてはならない。また、キ・ソンヨンが過去の惜しかった姿を振って出して完全なシューティケ号柱になることを願うファンたちの心も留意しなければならない。シューティケ監督率いる韓国は10日午後8時、天安総合運動場で行われたハナ銀行の招待サッカー国家代表チームの親善試合でパラグアイを2-0で勝利を収めた。韓国はキム・ミンウ(前半27分)とナム・テヒ(前半32分)の連続ゴールを前面に出して早目に勝機をつかんだ。この日の試合は、相手を圧倒した積極的な内容と糸久しぶりに味わった無失点勝利の結果だけでも十分印象的だった。ところが、この称賛されて適当な試合内容をさらに豊かに作成者がいて目が行く。主人公は、シューティせ号新しいキャプテンキ・ソンヨンである。シューティせ監督はパラグアイ-コスタリカにつながるAマッチ2連戦を控えて、以前には見られなかったキ・ソンヨン主張カードを取り出した。これに対してシューティケ監督は「キ・ソンヨンは、中央でプレーして攻撃と守備の両方に関与する。これにより、中心役をよく消化することができると信じる。さらに、経験豊富な古参とまだ未熟な後継者たちの間に位置する中間の年齢台。したがって、調停口実もよく解決すること」とキ・ソンヨンにキャプテンを任せ背景を説明した。このような信仰を得てグラウンドに上がったキ・ソンヨンは満点の活躍を広げた。ハン・グニョンと一緒にダブルボルランチに起用されたキ・ソンヨンは、これまでから着実に受け継いできた特有の正確なパスを発揮するのはもちろん、適切な工数緩急調節で韓国の攻撃を主導した。だけでなく、試合中に仲間を奨励する姿もリーダーの品格がにじみ出た。キ・ソンヨンはたまに行われた受信のミスにも拍手を送り、むしろ雰囲気がずれないように集中した。キ・ソンヨンのこのような満点の活躍は、競技場を訪れ、2万5,156人のファンから拍手を得るには十分だった。しかし、実際にキ・ソンヨンがこのように多くのファンに呼応を得るまでにはかなりの急峻な過程が続いた。過去SNS(ソーシャルネットワークサービス)に成熟していない発言を残した時もそうだったし、試合中に国歌を斉唱する過程で誤った手の位置にファンからクレームを聞かなければならいた苦い経験があった。そうだったキ・ソンヨンが変わっている。試合中はもちろん、試合前·後も一層成熟した姿でチームに肯定的な効果を植えている。キ・ソンヨンがコスタリカ戦以来要することが11月遠征評価試合も主将し続け腕章を蹴ることができるかどうかは未知数だ。ちょうど「可能であれば与えられたチャンスをつかむ主将として優れた架橋になりたい」と力を込めて語っていたキ・ソンヨンの目標健全な現実になることを願うばかりだ。幸いなことに出発は良かった。新監督の前でリーダーの資格を確実に証明されたキ・ソンヨン。過去の不名誉が悪いの過去をすべて払い、新たに発足したシューティせ号心強い柱になるかどうかは静かにキ・ソンヨンの分け前に走った。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する