チャン・ナラ "全盛期頭釘感程度忙しかった、臭いまで"

チャン・ナラ
チャン・ナラが忙しかった全盛期時代を回想した。チャン・ナラは10月13日放送されたSBS「ヒーリングキャンプ嬉しくないのか」で、2000年代初頭にデビュー直後の全盛期を迎えて休む暇もなく忙しかった過去を打ち明けた。チャン・ナラは「当時、私の生活はドラマ徹夜撮影をした後、再度シットコムを撮った。その間に歌謡番組に出演してイベントをしてみると、体がとてもたくさん好きではない常であった」とし「その時はドラマを撮って気を失ったこともある」と話して皆を驚かせた。続いてチャン・ナラは「私際は、最初から頭の感覚と思うをできなかった。臭いが出るほどだった。ドラマ撮影会場に行けば「頭巻いたの?」が挨拶を交わした」と付け加えた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する