「ベース章」からの攻撃尖兵まで、一人役キ・ソンヨン

キ・ソンヨン
キ・ソンヨンが大韓民国サッカー代表チームの核心プレーヤーというのは、自他共に認める事実である。一日二日のことでもない。遠くは2010年南アフリカ共和国ワールドカップ以来、エースの役割をしてきた。比重はその時も今も変わらない。むしろ大きくなった。キ・ソンヨンのない韓国サッカーは考えにくいほどだ。ウリ・シュティーリケ監督が新たに指揮を取った2014年秋韓国代表チームのキ・ソンヨンも立地は変わらない。しかし、変わった。キ・ソンヨンが変わった。彼がいつから献身的で誠実なプレイのか、改めて感心が出るほど変わっていた。役割も多様化した。今キ・ソンヨンはストライカーとしての能力も誇っている。大韓民国サッカー代表チームが14日午後、ソウルワールドカップ競技場で開かれたコスタリカとのAマッチ評価試合で1-3で敗れた。去る10日パラグアイを2-0で勝利を収めたことを思い出すと、残念な結果だ。しかし、相手のレベルが異なっていた。ブラジルワールドカップ8強に輝くコスタリカは、いわゆる「レベル」が異なっていた。全体的に重たいし、バランスが理想的だった。
このような強いチームを相手に韓国が対等な試合を繰り広げることができたのは、キ・ソンヨンのボール大きかった。最前方にイ・ドングクが配置されて左右にソン・フンミンとイ・チョンヨンが広がる三角編隊が見味を高めたが、最も目立った人物は、キ・ソンヨンだった。コスタリカの中原圧迫強度はパラグアイとは次元が違った。その中でキ・ソンヨンが洗練されたプレーを見せたと賞賛するのは難しい。代わりに、誠実た。そしてチームのために犠牲にした。キ・ソンヨンというプレイヤーと「献身」という言葉はあまり似合わなかった。しかし、シューティケホでのキ・ソンヨンは荒れ模様の日を厭わなかった。基本的には多くの跳ね上がった。その過程で疲れた体当たりは避けられなかった。昔はそう嫌いだったヘディング争いにもケチませんでした。CKをなどセットプレーでは、ヘディングターゲットがキ・ソンヨンになるほど重要な比重を占めた。ディフェンダーが攻撃に加担する際は、カバープレーに入るのもキ・ソンヨンの役割だった。一人駅だった。腕に巻かれた黄色の腕章も古いように自然に見えた。キ・ソンヨンが代表で主将職を務めたのは今回が初めてである。しかし、座と敢闘が人を作るという言葉のように、キャプテンキ・ソンヨンは決して軽くない責任で選手団のリーダーの役割を果たした。後半半ばからの役割が変わった。シューティケ監督は後半21分、攻撃型MFナム・テヒを抜いて、守備的MFハン・グニョンを投入した。ナム・テヒの席に入った人物はキ・ソンヨンだった。キ・ソンヨンの積極的な才能までの信頼を送っているという傍証である。コスタリカ戦を控えて、キ・ソンヨンをエントリーから除外する実験を敢行することもできているという話があった。しかし、シューティせ監督にも、キ·ソンヨンという存在は、代替が困難な感じだった。確実なエースがいるということは鼓舞的なことではないことができない。そのエースが誠実さを備えた献身にも目を開けているというのがまた嬉しい。献身的な「ベース章」からの攻撃尖兵まで、多才さを誇っているキ・ソンヨンである。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク