「取ってくれて開けてくれ」キ・ソンヨン、シューティせ号「キー」であった

キ・ソンヨン
A代表で2試合連続の主張腕章を冷たいキ・ソンヨン(25)が中盤で大活躍を広げて「シューティケシク「パスゲームのカギに位置づけた。 韓国は14日午後8時ソウルワールドカップ競技場で開かれたコスタリカとの親善試合でイ・ドングクが前半終了間際に同点ゴールを放ったが1-3で敗れてしまった。 ユリーシューティせ監督は試合を控えた記者会見でシェアサッカーを展開したいと宣言した。したがって、この日の試合立つ強い圧迫を広げるコスタリカを相手にシェアを高めるために、パスゲームは、新しい変数として浮上した。 シューティケ監督が強調したパスゲームの核心はやはり「中原司令官」キ・ソンヨン(25)であった。 この日のキ・ソンヨンは4- 2-3-1フォーメーションでチャン·ヒョンスと一緒に守備的MFとして先発出場した。前半キ・ソンヨンは中盤で試合のテンポを取ってくれる役割を引き受けた。ボールを所有している、すぐにいち早く周りを世話を焼き、相手の圧迫が入って来る前に適材適所にパスを刺しながら攻撃の出口を開いた。 前半9分、相手選手のミスでボールを傍受したキ・ソンヨンは、一寸の迷いもなしにすぐにゴール前に鋭いクロスを上げてくれた、前半11分には中盤で右サイドを見て鋭いパスを低く敷いてくれコスタリカディフェンダーを緊張させた。
強い圧迫が行き交った中原の戦いにもキ・ソンヨンは全く慌てていなかった。後半6分2人が取り囲む状況でも最後までボールを所有し、ついにパスで仕上げやり遂げ、相手の圧迫にも落ち着いて対応した。 後半には、直接ゴール前深く浸透して攻撃の突破口の役割をした。イ・チョンヨンとナム・テヒが積極的に中原の戦いに加わったことに続き、シューティケ監督がナム・テヒを抜いて韓国映画を投入しながら、その役割は倍になった。 キ・ソンヨンは後半23分、ハン・グニョンで空いた反対側を見て適切にパスの茎 ​​を切り替えし、後半34分、右サイドにいたイ・チョンヨンを見て長くクロスを上げてくれ攻撃の始発点の役割を果たした。 後半終盤には、左CKから右足でシュートに仕上げながら、積極的な攻撃を展開したのに続いてミドルシュートがナバスのセーブに当たって出てきて再度撮影してゴール接続した残念ながらオフサイドが宣言されてしまった。 ただし、残念敗北を喫し濃い物足りなさが残したしたが、希望を見ることができた、ハン・グニョンの鍵はまだキ・ソンヨンという事実を再確認することができる試合だった。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する