「攻撃型MF」に変身したキ・ソンヨン、「私の席は、より楽だ」

キ・ソンヨン
キ・ソンヨンがウリ·シュティーリケ韓国サッカー代表チーム監督が必要なポジションに最大限期待に応える姿を見せてたいという意向を明らかにした。しかし、本人の長所をもとに、よりチームに重宝になるためには、自分の席で活躍するのが正しい見方を示した。14日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われたハナ銀行の招待サッカー国家代表チーム評価試合で韓国がコスタリカに1 -3で敗れた。韓国は前半終了間際に移動局がゴールをすくったが、前半37分、後半02分に2点を決めセルソ・ボルヘスの大活躍と後半33分にヘディングで得点を生み出したオスカル・デュアルテをふさができず、崩れてしまった。シューティケ監督就任後の最初の敗北となったこの日の試合で、キ・ソンヨンは、チャン・ヒョンスと呼吸を合わせて中原を守り、後半半ばから攻撃的MFの位置に上がって試合をした。フルタイムを消化し ​​たキ・ソンヨンは物足りなさがたくさん残る感想を残しており、ポジションについては、自分の位置について、もう少し愛着を示す姿を見せた。試合後ミクストゾーンで取材陣と会ったキ・ソンヨンは「パラグアイ前より競技力が足りなかった。コスタリカが私達より技術的に優位にあったので厳しい試合だった。失点シーンで集中力を発揮できず、残念だが、良い経験したと思う。次のAマッチでは、良好な外観を見てもらいたい」と所感を明らかにした。続いて、 "失点シーンがある惜しい。あまりにも簡単に突破を可能にしてゴールまで許したのは補完すべき点だと思う。2015オーストラリアAFC(アジアサッカー連盟)アジアカップまでの時間が多く残っている。今日監督が何が私達のチームに不足しているかどうかを確認いただいたものだけによく補完しなければならない」とコスタリカ戦敗北が与える教訓を忘れてはならないということを強調した。後半半ば以降攻撃的MFとしてプレーしたことと関連してはいけ"その役目を引き受けをするときどのようにプレイする必要があるかどうかがよくわかる。今後、この場でプレーする機会が与えられるならばどうするべきかを知ることができるだけでも意味がある」と答えた。しかし、「私はプレイを開くには、より下の位置でプレーするのがちょっと楽だ。それチームにも恩恵をもたらすことと思う」と本来場であるセントラルミッドフィルダーへの愛着を見せた。キ・ソンヨンは、Aマッチで連勝を乗ってないことについて物足りなさを見せた。キ・ソンヨンは「監督が赴任した後、両方の試合を行った。ただし時間内にすべてのことを変えることができない。監督だけでなく、選手たちも努力しなければならない。2014ブラジルワールドカップ前後着実によくやっているとは思わない。一試合勝ちした試合れるパターンが発生してしまったが、2連勝したかったが成り立たなくて残念だ。まだ進むべき道は遠い。選手たちがよく準備して11月遠征Aマッチ2連戦では、良好な外観を示さなければならない」との見解を明らかにした。前方に位置するストライカーの活躍に支えられた場合、オーストラリアアジアカップ優勝も十分に可能性あることを意味を表わした。キ・ソンヨンは「今日のFWが100%のコンディションだったのか分からない。ただし前走るストライカーが呼吸をよく合わせて一人一人の実力をよく出した場合、私たちのチームは、アジアで最高だと思う。だから、今日の試合の評価はしたくない。初ゴールは、素晴らしいシーンを介して作った。その良いシーンを何度も試みている場合の選手がチャンスを作り出すことができるだろう」と答えた。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク