チャン・ナラ "深刻な不安+強迫性障害、歌は難しい」

チャン・ナラ
チャン・ナラが強迫性障害と不安症に難しくしていた事情を打ち明けた。チャン・ナラは10月13日放送されたSBS「ヒーリングキャンプ嬉しくないのか」で強迫性障害と不安症の曲呼ぶことも大変だった過去を打ち明けてすべてを残念にした。チャン・ナラは「デビュー後2〜3年後から大変だった。寝ても何食べ、高所恐怖症が生じてすぐに無秩序までがよ。しばらくは飛行機を釘乗った。そこで止まらず、家でも無秩序が活気だよ。強迫に近かった」と当時を回想した。続いて、彼女は、 "ある瞬間からは歌もできなかっ呼ぶことによ。本当に大きな衝撃だった。2012年のドラマを撮りながら無秩序がなくなったと思ったマイクを握って出て行った手がすごく震えなさい。首にリボンを結ぶことによって引くように舞台の上で息が詰まった。舞台に立つことができなくしたヶ月での活動を停止した」と言って皆を驚かせた。チャン・ナラは「当時、私自身がとてもみすぼらしいなった。「本当の使えないようになったんだ」と思った。歌だけしようとする人の首を絞めるようだ」と付け加えた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する