初めての部屋「三試三食」、断言イ・ソジン、ナPDの組み合わせは幻想です

三試三食
再び一つになったイ・ソジンとナ・ヨンソクPDの組み合わせは、やはり、視聴者たちに大きい笑いをプレゼントした。17日午後放送されたtvNの芸能番組「三試三食」は、「トムとジェリー」イ・ソジン-ナ・ヨンソクPDの関係で出てくる笑いから新しい兄弟に登場するようにされたオク・テギョン当たり、そして田舎の生活から出てくる自然な笑いなどで成功した開始を知らせた。この日の放送でイ・ソジンは、江原道旌善で行われる料理番組に不平を本能を発動させた。彼はナ・ヨンソクPDに「ミチョトグナあなた」とかっと、以降田舎へ向かう道途中、「都市の人のようだ」という言葉に「うるさい」と再びぶつぶつたてて笑いをかもし出した。また上等に到着しても、彼の不平本能は止まらなかった。彼はシャワーはどこかと質問、これに製作陣が「庭でするとされている」と答えると、「カメラのに赤く脱いでシャワーするには?」とうなり声、以降製作陣の電話の盗聴を疑う場合、脱出を敢行するなど、制作陣に乗るために反抗する姿で終始笑いを誘発した。そして、そんな彼にカンジョク台ナ・ヨンソクPDの姿も笑いのポイントの一つ。メンブンに陥ったイ・ソジンとオク・テギョンにいきなり癒し味噌チゲと大根飯をして食べるようにすると、イ・ソジンの不平を言うにもかかわらず、イ・ソジンを料理に作ってトムとジェリー面貌を見せてくれたりした。加えて、状況に応じ適材適所の字幕センスは、プログラムの楽しさを倍加させた。すでに二人の呼吸は「花よりじいさん」を使用して確認されて、二人は「花よりじいさん」よりもはるかに困難な状況である「田舎で料理をする」という設定の中でも関係の中で咲くリアリティた姿で、プログラムの楽しさを担当した。だけでなく、「ポーター」として愛されたイ・スンギに続いて、新たにナ・ヨンソクPDのパートナーになったオク・テギョンはどこか足りないような姿で「ゴール」というニックネームを得て、今後の期待を高めた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する