「三試三食」イ・ソジン内的葛藤、奴隷根性vs自由意志

三試三食
イ・ソジンが自分との戦いを繰り広げた。11月14日放送されたtvN「三試三食」でイ・ソジンは、お皿を洗うし、内的葛藤を経験した。キム・ジホ、キム・グァンギュは朝食後、文字通り「渡り鳥」をした。残されたイ・ソジン、オク・テギョンは空しさにとりこに。精一杯楽しむ捨てられた気持ちを感じたこと。イ・ソジンは「困難な人々がよい。笑って楽しむ間、大変なこと。楽しむ人とのような存在だと勘違いしている。フリーズものビョルグギョンか私」と愚痴をした。やかんをダクドンイ・ソジンは通常、「これより拭くと、光ナゲトダ。なぜしきりにより磨きたい。けいれんはいこれ」と述べた。奴隷根性と自由意志の間で葛藤したイ・ソジンは「こらえるべき」と言った後、洗濯物をした。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する