シューティリケ、キ・ソンヨンなくしたかった話

キ・ソンヨン
ウリ・シュティーリケサッカー国家代表チーム監督がヨルダンとの親善試合で、今までしていなかった方法で話を引き出した。 シューティせは韓国時間で14日夕方ヨルダンアンマンアンマンインターナショナルスタジアムで行われたヨルダンとの親善試合で1の内部でない2案を取り出した。攻撃と守備の輪の役割をし、チーム全体を調整してきたキ・ソンヨンを抜いて試合に臨んだ。「2014ブラジルワールドカップ」の後に代表チームと縁がなかった朴主永を最前方に起用し、4-1-4-1(あるいは4-1-2-3)フォーメーションを取り出した。結果は1-0で勝利。 キ・ソンヨンはなく、他の「糸口」を検索シューティせ監督はキ・ソンヨンがない状況で選手たちがどのように試合をもたらすか見ようとした。キ・ソンヨンは安定的にチームを率いる存在だ。キ・ソンヨンがなければ試合面は完全に変わるしかなく、シューティせ監督はそれを確認してみようしたものである。ハン・グニョンとナム・テヒとチョ・ヨンチョルが試合を運営する方式だった。 キ・ソンヨンの存在感は大きかった。前半序盤、韓国は正常に試合を運営していなかった。ハン・グニョン守備的な部分は良かったが、パスを解放する部分は残念だった。前半半ばナム・テヒがゲームメーカーの役割を果たしながら、景気が少しずつ良くなり始めた。前半24分、ナム・テヒがチョにスルーパスを入れてくれたのが象徴的だった。前半33分、チャ・ドゥリのクロスに続くハン・ギョウォンのヘディングも同じ雰囲気の中で出てきた。 シューティせ監督は後半に中盤にチャン・ヒョンスとク・ジャチョルの順に投入しながら、いくつかの状況を実験した。「2015アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ」のための布石だった。 チームの中心は、攻撃陣にこの日フォーメーションはシューティケー取り出したものの中で最も攻撃的だった。シューティケはFWとして分類することができる5人の選手を入れた。相対的に弱体であるヨルダンを相手に攻勢的な試合を広げようとしたのである。攻撃でボールをブロックされた時、すぐに重点を置いて再度、より良いショットを作成することができることを願った。 このような動きは、うまくいけば、相手のミスを誘発しゴールをたくさん置くことができますが、失敗した場合、危険な状況を受けることができる。その結果、前半半ばまでは攻撃陣の圧迫が良くなくてヨルダンに失点の危機を多く渡した。相手を効果的に圧迫しないのに守備陣は、数の戦いで後れを取るしかなかった。シューティケは後半を中心に、より下げながら安定を期した。 新しい顔の実戦チェックシューティせ監督は、これまで確認できなかった選手たちに多くの時間を与えた。パク・ジュヨンとホン・ジョンホ、ハン・ギョウォンと同じ選手に機会を与えた。勝利より点検をバー裂いたからである。シューティケ監督はこの日行われたヨルダンとの試合、18日に行われるイランとの親善試合を見た後、アジアカップに出る選手を確定しなければならない。 その結果、この日の試合は、結果ではなく、プロセスだった。シューティケは、自分が望む布石をし、その結果とプロセスを冷静に評価するものである。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク