キ・ソンヨン、EPL活動量全体の2位... 193.6km消化

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(25·スウォンジー·シティ)が2014-15シーズンのイングランド·プレミアリーグ(EPL)の二番目に多くプレーした選手となった。イギリスのデイリーメールは25日(韓国時間)EPL部門別個人的な記録をまとめて発表したキ・ソンヨンは、今シーズン193.6㎞を消化、ハル·シティのジェイク・リバモア(195.5㎞)に続いてリーグ2位に上がった。キ・ソンヨンは、パスの成功の部門でも867本全体の6位を記録した。EPLの試合で最も多くのパスを成功させた選手は、1285個のヤヤ・トゥーレ(マンチェスター·シティ)で現れ、セスク・ファブレガス(1205個·チェルシー)、フィル八木エル(943個·エヴァートン)が後に続いた。最もドリブルを多くしようと選手はエダンアザル(134回·チェルシー)であり、ヤニック·ボラ時に(131回·クリスタル·パレス)、ラヒーム·スターリング(113回·リバプール)の順となった。最も多くの得点チャンスを作り出した選手はファブレガス(54)、最も多くのタックルを記録した選手は、サウサンプトンのナサニエル·クライン(73個)となった。クイーンズ·パーク·レンジャーズのゴールキーパーロバート·グリーンは、セーブ部門で63回路1位にランクされた。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する