キ・ソンヨン「今の私は違う」

キ・ソンヨン
2014年は、韓国サッカーの節目であった。代表チームはワールドカップで不振Kリーグは内外にだらしない一年を送った。新しい希望として浮上した選手たちもあったと、国民的非難された人たちもいました、1年を通してサッカーだけ眺めるファンのそばには、大きな問題が爆発する場合にのみ目を与える隣人が出入りした。その間の時間は黙々と経過し、いつのまにか2015年の到来を目前にしている。

2014年は、キ・ソンヨンも格別な一年だっただろう。2013年のその劇的な浮き沈みをくっきりと覚えている人であれば、そのように言うしかない。全国民の祝福を受けた「国民新郎」が一晩の間に(誰かの言葉のように)「国民X奴」に転落していた瞬間の衝撃は、多くの人々に恥ずかしさを抱かせるに十分だった。しかし、彼はすぐにチームの中心に戻ってワールドカップに出場した。たとえ失敗に整理された大会であったがキ・ソンヨンは自分の価値を証明するのに十分な舞台だった。そう続いたイングランド·プレミアリーグの新シーズン、キ・ソンヨンは戻って来たスウォンジーで日進月歩の競技力に成功した下半期を仕上げているところです。

しかし、彼は過去1年に何を語ったことがない。ひどいした後悔の時間を過ぎて容易なかったワールドカップを経てスウォンジーで完璧なプレミアリーガーとしての地位を固めるまで、「その事件」以降、公然と話を惜しんできたキ・ソンヨンに会った。スウォンジー·シティFCの会議室に向かい合って​​割った長くて深い会話の一部をネイバー」マガジンS」読者に伝える。
#ブラジルワールドカップ

「ワールドカップが開かれる前に、個人的に今回の大会は、「某または島」と思いました。初出場だった2010年のワールドカップで感じたのはワールドカップが本当に容易ではない舞台というのです。世界最高の選手たちが集結する大会ですよ。しかし、その後は本当に心強いました。南アフリカ共和国ワールドカップの頃、私とチョンヨンが末っ子だった兄弟たちには本当に意志をたくさんしました。第後ろに(この)整数型、(ジョー)ヨンヒョン兄、ヨウンピョ兄、ドゥリ兄が布帛を浮上第横にジョンウ兄、その前にチソン兄をはじめ、多私より先輩がですけれど。試合に出ればなるという考えはアンんですよ。その時代表チームがAマッチ27試合連続無敗を熱望。兄がある、ということ自体が強固ました。ところが今回は、そのような兄の存在がなかったじゃないですか。それ大きかったと思います。今回私とチョンヨンが、ジャチョルが二十六、二十七のに、だいたい語つかむ。仲間たちも私たちの次は​​ヨウングォン、ジョンホは一二歳差なのに、みんな親もあるが、同じ年齢だから」先輩」という感じはなかったでしょう。2010年に、私は7〜8歳の差がある兄と走ったが、今回のワールドカップは違いました。私は4年前に兄と走りながら強固な心を感じて見たので、今回の大会に(私たちが古参級という)そのような部分への恐怖がありました。若い選手たちが覇気を前面に出して「モー」を投げるかもしれないがそうするにはワールドカップは、とてもレベルの高い大会だったのです。」

#アルジェリア前

「憂慮したすべてのことがばれて、私は試合でした。連続ゴールを奪われた後に11人すべてパニックになってしまいました。なおさら雰囲気を引き締めてゆっくりボールコントロールをして、全体的に再物静か質の時間を稼がなければならに誰もそうでした。みんなが揺れてしまいました。存在感のある選手が中心をとって与えている必要にそんな選手がいなかったのが、私たちのチームに最も不足している部分ではないかと思います。自らの限界も感じたことしれません。率直に言って話をすると、兄がとてもグリオながらも米べきものだった。ジャチョルやらも試合終了後に話を交わしたが、私たちを守ってくれる兄がいたならと思いが自然にしましたよ。チュヨン兄より一二歳以上の多くの兄が代表に位置を占めていた場合、チームは全体的にもっと良かっただろうという考えを続けました。選手選抜は監督がされるだろうし、今このような考えもある結果論的な話だろうがよ。」

#エース

「周りから代表の中心が私と話をたくさんおられたが、まだ足りない。私今回のワールドカップで何を感じかというと、2010年のワールドカップに比べると、2014年のワールドカップで第競技力が非常に発展しました。4年前にも知らなく兄支えられながら上昇した場合、今回のワールドカップは、私が全体的に試合を見ながら走りました。これだけでも、「私は信じられないほどの成長をしたんだ」感じることができた。しかし、何が不足してたのか。私の考えで、今回のワールドカップで、私たちのチームを導くべき選手は私、チョヨンが、ジャチョルが、チュヨン兄さん、このように四人だった。2010年にヨウンピョ兄、チソン兄、定数型、ドゥリ兄がいた役割を、私たちがいる必要がありと意識していました。ところが、いざW杯に出ると、私、そして私たちがその役割をいう不足していることを低減穴。2010年に、私は兄弟たちに基まくっていたかのように、他の選手たちが私たちを見ながら傾くことが必要ですが、多くの不足していなかったか。ワールドカップ終わって食事の席で駐英が型にもその話をしました。「率直に言って私は兄が取得しないよ。兄が代表の責任感を持っている場合はどうなろうが早くチームを移し、京畿道走って競技力を引き上げ代表にも役立つべきではないか。私と兄とこのチームに悪影響を与えた。」このような話をしたことがなければ。ジュヨン兄さんがどのように聞いたことはよく分からないが、私は本当にそう思った。ジュヨン兄さんがとにかく最古参だから、とにかく代表チームに入ってきたから大変な重荷であるが、当然担うべきだと、その役割をする必要があると思います。もちろん、パク・ジュヨン兄も監督やチームに申し訳ない気持ちがあったと思います。しかし、それは私たちの限界だったようです。その四人、2010年に兄がくれた役割を果たしていれば一緒にプレーする選手たちも、より力を出したのにそうではないからね。だから「ああ、私はこのチームを導いていくにはまだまだだな」、大会終わって、このような考えをたくさんしました。一方では、先に述べたとおり、そこで兄がより米暑かった。私たちの上に兄が三、四人だけよりにいてくれても、私たちが今の年齢にそこまでの責任は持たなくてもされているはずだから。(笑)しかし、どうしようもない状況だったので、より惜しんではありません。」
#最終予選

「ワールドカップ最終予選期間が惜しいのは、他の選手たちも同じでしょう。この時期についてしたい話は多いです。いくつかの長い話だ。私(フェイスブック非公開アカウントに文を書きながら)間違えた理由についても、いつになろう必ず一度公に話をしたい。今ではその話をするのが誰にも助けにはならないと思います。何の話をしても真剣に受け入れられないだろうから。(<マガジンS>聞いた話の一部だけを取り出すよ。)音。私のチームには、基本的には組織力が最も重要だと考えています。サッカーは11人いるのだから。アジアのチームと競技する時も、私たちが適切に準備ができていない場合はさせられることが多いでしょう。ところが、最終予選で私たちの代表チームは、守備の組織力強化訓練やセットピース守備訓練がなかった。コーチングスタッフとコミュニケーションがうまくオプギドしたんです。このほかにも多くのことがありました。戦術的に代表チームが発展することができない状況でした。その結果、W杯本大会のチケットを得たので、問題はないと見ることもかもしれません私たちは、より粘着性があるなってさらに良いチームに発展することができる機会を逃したという点で、残念時期です。」

#ホン·ミョンボ監督

「私は人々がよく言う「ホン·ミョンボの子供たち」のメンバーははない。監督と一緒にした時間が比較的短いです。しかし、監督赴任初期に私のSNS関連事件が明るみにで監督がこの問題を収拾に苦労いただき、いつも申し訳ない気持ちがありました。だからワールドカップで良い成績で報いをしたいという気持ちがありました。結果的にはうまくいかなかった。ワールドカップが終わった後二三回連絡を取り合う受けました。ゴール入れた時の文字も送ってくださったよ。大会が終わった後、監督が本当に難しいいただいたと思います。最近になって、サッカーをするときは、私は監督だったらどうだったカラという考えをたくさんすることになる監督は、本当に大変な座と思います。特に代表監督は、全国の注目を一身に受けて、また責任を負うという点で過度に重い荷物を背負わなければなら席という考えをするようにハングします。サッカーというの監督が間違っていることもあるだろうが、実際の選手にも責任があるんじゃないですか。多分選手の責任がむしろより大きいです。だから申し訳​​ない気持ちが今も残っています。

#SNS_フェイスブック非公開アカウント

「私も間違ってました。認めています。(その時点でリンゴが遅れたのは)、英国にあったので、すぐに反応することができませんでした。どんな雰囲気なのか、すぐに感じることができなかった。その時は実際にその問題よりもチーム状況がより大変でした。試合に走らずあったので試合に出場する方法を見つけることに全神経をすべて注いでいました。それはむしろうまくいったような気もしている。その時、私は何かの話をした場合の状況がより悪くなったこともありますからね。所属チームの問題にこの事件が重なり、悩みをたくさんしました。私は代表選手を続けるというのが正しいのか、チームの位相を害したので、やめなければならするではないか。真剣に悩んをしていたと思います。私は明らかに誤った行動をした代表チームにも害を及ぼしたから。いくつかの考えがしましたよ。代表の一員として、より慎重にすべきだった試合の後ろに一度学んだ。 "
キ・ソンヨン
#SNS_ツイッター

「SNSを介して映し出された姿が多くの人々に私に否定的なイメージを持たれたという指摘に納得している。(<マガジンS>:過去サイワールドやTwitterを使って「キ・ソンヨンは純血種で軽率だ」というイメージが形成された側面がのです。ソン・フンミンにツンス与える感じのツイートや「リーダーはどっしりしなければならない」、「私のように見になると、2群ガーナ?」、「MB帽子写真"のようなツイートのように大衆の誤解を買うか、または感情を刺激する内容がそうだった。)
その時は、私の性格が火のようだったと思います。今は、私が結婚した家族ができてかどうか、自分自身をよりよく制御になったが、その時は私の意見で「これはない」と思うと考えるとアグレッシブに反応していたと思います。よくやったということは絶対にないよ。とにかく、それはしばらくTwitterを多くする時期でした。イギリスに一人でありますので、あまりにも退屈しましたよ。訓練終わって家に来れば確実にすることがあまりありません。韓国にいる時とは異なり、調べてみる人もない私は有名であることを感じることができないでしょう。他人の目を意識する必要もなく。しかし、ツイッターでファンや友人とのコミュニケーションのが面白かったんですよ。その時私はサッカーのスターではなく、同年代一般男性の一人であるという考えにTwitterをしました。従ってより面白かったと思います。しかし、それは私の考えだったようです。上げる文が、思ったのとは別の方法で受け入れ負ける不便ました。最近は理解している。当然そのように考えるしかありませんでしざるを得ない。しかし、その後SNSたことを後悔しません。ツイッターやフェイスブック、今ではしないです。ツイッターは昔から結婚すれば壊さうと常に考えていた。私7月1日に結婚したので、その翌日(7月2日)出国する前にアカウントを削除しました。その後は異なりましたよ。フェイスブックの事件に影響を受けたこともあるだろうが、結婚して今は私 ​​の責任を負う人がそばにあって見たら私の性格に(公開的な言動)とはいけないという考えをするようになりました。 "

#海外組

「この話はぜひお聞かせしたいです。代表チームに海外組、国内組の話が多かったじゃないですか。発端となっチョ監督時代からでした。チョ監督が海外組を好きいただき、海外派を中心に重用と。私もその中の一人として取り上げましたよ。しかし、私はチョ監督を個人的に知らない。私FCソウルに入団した時はすでにチームではないおら、別に合ったこともありませんでした。代表監督になられた後に、最初は私をあまり認めないなかったです。むしろ当時慶南でプレーし(ユンビト)伽藍がより認めたでしょう。監督は、自分が信じて認める選手に多くの機会を与えるのは当然だと思います。選手は競争をハヌンゴゴ。その時、私はセルティックで行わない持って体の状態にもならないかった時代だった伽藍がは代表でゴール入れて競技力が良好であった。私の主張するが、その頃に監督ハンテ最も多く叱らはことが私でした。存在下で「中途半端な選手は嫌いだ」とストレートに話をしたこともある整えよ。率直に言って、それ気分が悪かったのです。招集するたびに毎回、その話を希望か。私も競技力が良くないことを自ら知っているので、自信も失い、。アジアカップを控えて監督が青龍他人がミッドフィルダーで、誰が鎌かと尋ねるもされたと言うんですよ。それ決心した。何のためにすべてはさておき、この監督が私を抜くことができないゲクム自分のスキルをすべて見せなければならうと。本当に好きしっかり食べてきつく走ったと思います。そうしたら監督賞賛を聞き始め、結局は座を握った。そのような経験をした私の立場では、当時の代表チームが海外でプレーする選手たちだけ無条件に起用するという話が私のが不思議でした。監督ハンテソプライドにひびが入るほど重度の叱責を聞きながらかろうじて競争のに、なぜマスコミはあんな話が出てくるか。(<マガジンS>:代表招集期間に主力選手を中心に訓練したからだという指摘がありました。)の招集期間が2 〜3日しかならないほど短いみると試合に出る選手たちを中心に訓練する傾向があったりしました。その過程で話が大きくなったんじゃないかと思います。 " "海外組、国内組別に遊んでご飯も別に食べる。このような話も出回った誇張された解釈だと思います。代表チームでもみんなが親しいことではないでしょう。親しい選手たちはそれぞれ別々にあり、食事は自由にすることだよ。例えば、私はチョヨンとジャチョルと親しいです。これにより、のように座って食べないでしょう。そして、海外でプレー見ると、外国語のみが必要にせっかく韓国語でお互いの苦情を共有することができる経験をすることができる座だから、その話を理解してくれることができる友達ともっと話をたくさんするようになったんですよ。しかし、それをチーム内の仲間たちが「ジェドゥル同士遊ぶ」と考え言うの怖いんですよ。最初は反論する必要もないと思いました。しかし、拡張されて誤って伝わっことでストレスを受けたんです。そうするうちに、私は代表招集期間にチョヨンイラン戦っは記事がした。他の子と行った場合、わからないチョヨンと戦ったので、本当に私もちょっとない画家ナドラゴヨ。記事が出たとき、私は代表チームに招集がされていない状態なので、すぐにどのようにすることもできなかった。海外派に対する偏見が消えたらいいですね。」

キ・ソンヨン ハン・ヘジン
#結婚_ワイプ

「子供の頃から結婚はできるだけ早くしていました。問題は、結婚する相手を見つけることができるかでした。海外で一人で長い山も影響を及ぼしたと思います。どうせなら早く結婚してたよそ見しないで家にいるだけ充実しようという考えがいつもいた。結婚が多くのこと変えてくれたと思います。もちろん、肯定的な方向でね。妻がいつもそばにいてくれるから、競技力も良くなると思います。内助の力が大きいです。一人で買うときは、本当にとても大変でした。ご飯をこしらえて食べることからすべてが大変でした。経験がない人は、おそらくわからないでしょう。本当に孤独大変でした。だからツイッターを始めたことで。ところが、妻が来て、すべてが安定になりました。とにかく第ほうが一人の見かけじゃないですか。何が起ころう私の味方になってくれる人、そしてご飯を食べても、今誰と会話をしながら食べることができるようになったということ!(笑)もちろん、ご飯のレベルも上がってよ。(笑)そうしてみる自然心も楽になって落ち着いてなり、多くのことが変わったと思います。妻が本当にすごい。演技者が(仕事を)下に置くのが容易でない職業だが、この田舎まで来​​て、いつも私を満員の努力をたくさんしてね。そして、私がそのフェイスブック非公開アカウント事件が起きが結婚直後だったんです。ワイプにとても申し訳ありませんでした。当時は、率直に言って人がこれをアクハルもできるんだ、そんな考えも聞いた。その記者という方はそれを暴いたものについては、実質何も悪感情がありません。ところが、よりによってそれ結婚直後にからの衝撃に対しか。結婚したばかりでもないのに...私はその時、英国では、まず渡っていました。第状況がどんなものかよくわからない状況で、そのニュースを接したワイプや義理の母がどのように考えて確信恐ろしく申し訳ありませんました。ところが、妻が私をかなり多く慰めてくれました。第編で理解してくれて多くの努力をしてくれよ。ワイプがなければ、本当に多くのひどいたんです。大変な時期だったが、その時もう一度感じましたよ。ああ、私は本当に結婚をよくしたんだ。(笑)」

#派閥

「チョヨンと戦った噂もそうですし、私もしない代表混乱の中心のように誤解される状況がかなり深刻だったと思います。昨年7月にフェイスブック事件が頂点でした。しかし、私はいくつかの悔しい気がします。だから考察行きたい。代表チームで派閥を造成するには私の年齢が若すぎるかないですか?私のチーム内でその程度の影響力を持った選手でもないのに.. (<マガジンS>:しかし、外ではそのような偏見が強く作用しているようです。そのような影響力を持った選手だと。「主任」のようなイメージというか。これまでのハプニングが先入観を作成したでしょう。)そうですか?第位先輩たちも大勢いらっしゃいます。考えてみると、いくつかの推測されているエピソードがあります。ワールドカップ最終予選を値の時だったが、その時、私たちは本大会にいくか否かとても重要な試合だった。ところがチョヨン、ジャチョルが、フンミンとネットがおやつを食べる気には可視質ないでしょう。試合前日なのに守備的に、私たちがどのように動くべきか訓練が一度もない状態だった。もし興民が相手を一方的に運転するたならば後ろから私たちがどのように前進するか、そう守備するとき約束されたプレイが一つもないんです。訓練もアンヘトゴ。だから明日には試合だから、私たち同士でも前守備をどのようにするか議論をすべきだと考えてました。実際には守備ランゲ先進からしてくれるでしょう。だからおやつを食べて、私は紙を持って来て、ペンで絵を描きながら戦術的な動きについてお互いに話をしていた。ボールこのように動かすと、フンミンがそう動いてチョンヨンががそう動いて..ところで誰かその姿を見て、「あれ、あいつ見ろ」このような考えが召し上がったようです。その瞬間が、後で私主導してチームの雰囲気を台無しにした事例として取り上げなりましたよ。」

#キ・ソンヨンパートナー

「最近、私が最も嫌いなのが「キ・ソンヨンパートナーは誰"こんな記事です。なぜならそれは私と一緒にプレーする選手の礼儀ではないだけでなく、私は今すぐに努力を続けほうが無視される気がするんですよ。私も代表チームで私の席を占めるために常に努力しており、私も競技力が良くなければ誰かに席を渡さなければならハヌンゴでしょう。ところが、マスコミで無条件に私を中心に置いて私のパートナーを見つけるように記事が出るのが不便です。そして、みんなその「パートナー」と呼ばれる選手たちをまるで私のそばでドィチダク気にする選手であるかのように眺めるよう不快です。グニョンやジョンウ、パク・ジュホ兄、すべて自分だけの強みが確実で所属チームでレギュラーにプレーする選手たちがじゃないですか。この選手たちを見るたびに申し訳ない気持ちがします。代表チームは常に競争するところであり、私も今までに6年以上の位置を守るために多大な努力をしました。チョ監督ときも、チェ・ガンヒ監督ときも、ホン・ミョンボ監督ときも、シューティせ監督ようこそた後も、私の利点を示すためにとても努力しましたよ。そして、仲間たちも私のそばに誰でもそのような考えはしないにしてほしい。ずっとそのような記事が出てそうなのかいつの日かグニョンのインタビューを見ると「ソンヨン兄がよくできるように助けたい」というふうに、インターリュブリャナたんですよ。なぜグニョンが私によってそのような話をしなければならでしょうか。みんないい選手なのに。(<マガジンS>:認めることは認めなければならないことはないでしょう?みんな代表がキ・ソンヨン中心に動くと見る今の状況を。EPLでも作り付けのに良い試合を見せてくれている選手じゃないですか。それを認めて受け入れるというのが正しい時点ではないかも。)私はサッカーでポジション別に長所と短所が違うと思います。私の欠点が誰かの利点であることができ、逆の場合もあるだろうし。それ合わせることが監督の役割のはずなのに、とにかくお互いの才能を合わせて最高の組み合わせでいくことが最も重要だと考えています。ところが、キ・ソンヨンが攻撃をしていくことができるよう守備的に支援する選手が必要である、というような解釈は、不便だというのです。私の攻撃力が良ければ守備力は良い選手と一緒に呼吸を合わせて相乗効果を出すことが当然でしょう。逆の場合も同様んです。しかし、それをまるで私を中心に置いて、他の選手はそれを助ける役割に限定建て説明することがいつも心にかかり。そうしたら、その選手にも心理的に影響を与えることだよ。だから、私はグニョンにも多くの話をしました。あなたがたが主導をしなさい。私にボールを与える必要がない。お前ミッドフィルダーだから主導することができなければならない。もちろん、私主導をしなければならな状況であれば主導をしますよ。代表MFの中での経験も多く、当然、より責任感を感じる場所ということも知っている。しかし、私の70%の責任を、パートナーは30%を、このように区分することなく、トレースし。少なくともボールを持っている間は、誰もが何か解決しようとする姿を持つべきだと思います。」



#アジアカップ_シューティせ

「シュー監督はあまりにも経験もマンウシゴレアルマドリードでプレーしたこともありましてなのか、選手たちからすぐに信頼を得る方法を知っていると思います。出発は良い。選手たちの側に意見も多く聞いて下さい。選手たちも自分の意志をたくさん表現して意志を示していますからね。アジアカップの展望は、率直に言ってよく分からない。その考えをすれば良い睡眠アンワヨ。私は今すぐ代表チームに現役で走っているので、代表チームを評価することは難しい。一つのことを言えば、今の代表チームに最も必要なのは得点力だと思います。相手ゴール前まで接近してゴールエリアの中で得点をすること。これが一番不足でしょう。ストライカーが必要なのは事実ですよね。」
キ・ソンヨン
#ストライカー_チ・ドンウォン

「個人的には、ドンウォンががたくさん楽しみです。2011年のアジアカップ時、だからその友達は19歳の時、本当にすごいんですよ。だから、私は本当にドンウォンが大きくなると思いました。期待もたくさんしたし。もちろん、ヨーロッパ進出以来、多くのチャンスを釘得膝の怪我もありました。しかし、理由は何であれ、私は最終的にはドンウォンが存続なければならないと思います。まだ若いじゃないですか。サンダーランドに一緒にいるときに、ダイアログもたくさん交わしたが、怪我がひんぱん運従わないのが事実だが、少なくとも代表に対してだけ、より欲を必要ではないかと思います。代表選手なら、所属チームでのチャンスがないとき、どのようにしてもゲームに走らなければならないというこだわりがなければと考えています。もちろん、いくつかの事情があるだろう、代表選手という責任感を持って韓国サッカーのために、代表のために自分が少しよくしなければならないという考えをしますよ。所属会社も同じで、サンダーランドでは、チームメイトでもあり、今でも毎週連絡する間だが、そばで見てそのようなもの切ない。機会が与えられたとき、それをキャッチするために、チーム内でのより強力な努力をしなければならないと思います。アジアカップでそのようによくしていた選手なのに、今後10年間代表チームを引っ張っていく選手なのにマルイイェヨ。19歳にアジアカップに出てそうゴールをたくさん入れた攻撃手がドンウク型以降ありませんでしじゃないですか。今ストライカーがいない状況で、とても残念です。存続なければなら大韓民国サッカー全体が力を受けるもので。チュヨン兄にも同じ話をしていたのです。代表というのしたくて嫌アンハヌンそんなことはないでしょう。その後、欲も出して責任感も必要だと思います。ミッドフィルダー立場でも前に心強いストライカーがあり、ないの違いは大きくよ。(ボニーのように?)はい。(笑)私はその友人本物は本当に好きです。ミッドフィルダーは、自分が解決する選手ではなく、助けを与える選手じゃないですか。前にそのようプレーヤーがあり無く、本当に大きいです。 "

#変わった

「最近競技力が(肯定的に)変わったという話を聞いて考えてみると競技場の中で余裕が少し多く生じたようです。子供の頃からキックは自分がいました。しかし、その外的な部分では、不足していることをたくさん感じましたよ。背は大きかったが、約し、スピードが速くなったり力が良いこともなかった。私持っているのは、キックして、ある程度の技術だったんです。しかし、ヨーロッパに来て、ウエイトトレーニングをたくさんしながら、体格が大きくなり、EPLを経験しながら、相手がかかって聞いたとき、慌てずに仲間にボールを接続するための能力が良くなったと思います。力がつくみるともみ合いに自信を持ってもできたし。実際には、私は私がプレミアリーグでプレーなるとは考えてませんでした。チョンヨンがプレミアリーグ進出し、どの位の後ろに済州遠征を行った。ところが、TVでチョンヨンが試合をしてくれるでしょう。TVでチョンヨンが走るのを見て、「ああ、私もあそこで走ってほしい」という思いはしたがその時は私はあの道に行くことができるとは思わなかった。プレミアリーグは、私にとって非常に高い、そのような考えがありました。私は試合に出ることをとても大切にしています。サッカー選手はサッカーをする人じゃないですか。どんなに良い舞台で走っても走っなければ選手としての意味がないと思います。選手は基本的に試合を走らなければなら幸せだろうと考えますね。ビッグクラブに行ってチソン兄のように走ることも価値があることはあるが、今はただチーム名ではなく、ビッグクラブでもそれに見合った良いオファー、私本当に望む良い監督が必要であることを知っている。私しっかりとした価値を払って連れて行かなければプレーの機会を最大限に保証するにくいから。そのような条件がない場合は揺れる必要ないと思います。幸せすることができる選択をしようとするから。とにかく、私は今でも本当に面白くて幸せです。昔は思いもよらなかったようなことを今私がしているんじゃないですか。だから毎試合熱心に最善をつくすことも十分大変なことだと思います。そう渦中に良い提案が来たら、慎重に検討をだろうがビッグクラブに行くこと自体を目標にしてたくない。」

#パク・チソン

「チソン兄では、まだ連絡よくして行う。ロンドンに住んで一生懸命ノシドン大要?(笑)あ、ところで、本当にチソン兄があまりにも多くのことをしておきシャー持って私たちがあまりにも大変です。もうフンミンがしますよ。(<マガジンS>:まだ若いなぜ本人ではなく、ソン・フンミン?)ああ、私は、今後3〜4年、ヨーロッパでプレーできる最大値ではないかと思います。三十一歳くらいまでプレミアリーグにあり、その後はヨーロッパでもアジアでも、米国でも、他の舞台に移したいと思います。ヨーロッパで激しく競争してサッカーする生活もいいけど、そのあと少し楽しくサッカーすることができるところがどうだろうと思います。」

#未来_チャンピオンズリーグ

「一つの望むものがある場合UEFAチャンピオンズリーグは、一度飛んでみたいと思います。セルティック時代に予選だけ走ったんですよ。それ以外まあまあのすべてを試みることによってチャンピオンズリーグが物足りなさが少し残っています。チェムスのためにチームを移さなければならだろうそのような程度ではないが、走らずに去れば寂しいことだと思う。チェムスを走ればするほどのものはすべて試したんだ、後でその振り返ることができると思います。ああ、そしてAFCチャンピオンズリーグ優勝は必ずしてみたいと思います。アジアサッカーについてよく知らないので、その過程で、アジア各国、日本や中国のインフラや文化がどのようなかについてももっと知りたいもして。」
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する