2%不足していた中原、キ・ソンヨンの空席」やっぱり」

キ・ソンヨン
サウジアラビアを相手に貴重な勝利を収めたが、「お中元の鍵」キ・ソンヨン(26、スウォンジー·シティ)の空白はやはりかなり痛かった。韓国は4日午後6時(以下韓国時間)オーストラリアのシドニーポテクスタジアムで行われたサウジアラビアとの親善試合でイ・ジョンヒョプの決勝ゴールで2-0で勝利した。この日の試合立つ所属チームのスケジュールを終えた後、一歩遅れてシューティケホに合流したキ・ソンヨンが抜けたままパク·チュホ(マインツ)と韓国映画(カタールSC)が先発出場し、中盤で呼吸を合わせた。しかし、パク・チュホと韓国映画の中盤の組み合わせは、あまり効果を発揮できなかった。中盤でビルドアップの始発点の役割をきちんとこなしておらず、前布帛ラインを保護する任務を遂行も多少物足りなさを残した。特にパク・チュホは前半35分、バックパスを受け継いだ後、中盤でパスミスを犯して相手に決定的な逆襲チャンスを空けることもした。これにシューティせ監督は後半開始と同時に変化を与えた。パク・チュホを左サイドの守備位置に配置し、それによる空席をイ・ミョンジュが代わって韓国の呼吸を検査した。しかし、状況は同じだった。前方圧迫を介して積極的に守備に加担したが、パスの茎 ​​を読み取って適材適所にボールを配給する場面は出てこなかった。キ・ソンヨンの存在感がそのまま感じられる試合だった。キ・ソンヨンは、これまで鋭いパスと幅広い活動量に基づいて、中盤で試合を調整した。相手がボールを取った時は前方圧力を広げて守備にも積極的に加担した。この日キ・ソンヨンの空白が惜しかった最大の理由だ。 55年ぶりにアジアの頂点を狙うシューティせ号「2015 AFCアジアカップ」大会で注目すべき成果を出すためにはキ・ソンヨンの存在の有無も重要だが、キ・ソンヨンの代わりに中原で「鍵」の役割をこなす、新しい中原組み合わせも考えなければならない。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク