「キャプテン」キ・ソンヨン、シューティケの理由がある選択...ブジュジャンイ・チョンヨン

キ・ソンヨン イ・チョンヨン
キ・ソンヨン(26、スウォンジー·シティ)が2015アジアコプソシューティせ号の主張に指名された。理由がある選択である。ウリ·シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー代表チームは7日(以下韓国時間)キャンベラディーキンスタジアムで本格的な焼きに突入した。前日キャンベラに入り、公開訓練を消化し ​​たシューティケホは戦術訓練が開始されているこの日から初めの15分公開して電力を非表示にに乗り出した。当初アジアカップキャプテンはク・ジャチョルの分け前になると見られた。2009 20歳以下ワールドカップ、2010年広州アジア競技大会、2012年ロンドンオリンピック、2014年ブラジルワールドカップなどのメジャー大会で相次いで主将腕章を冷たいうえ選手団を一つに束ねる能力が卓越しており、コーチングスタッフの分厚い信頼を得た。
しかし、最近離れたフォームと競技力が問題であった。不振はサウジアラビアと最終的な評価まで続いた。安定した競技力と出場というキャプテンの基本的な条件に2%不足している部分があった。シューティせ監督は、最終的に劣後候補に上げておいたキ・ソンヨンにキャプテンを任せた。当初選手団とのミーティングを通じて決定を下そうとしたが、主張候補選定に負担を感じた選手たちの立場を考慮し、コーチングスタッフと相談の最後に決定した。ブジュジャンはイ・チョンヨン(ボルトン)が務める。キ・ソンヨンの不在時に主張腕章を蹴る。大韓サッカー協会の関係者は「アジアコプソ新しい変化を与えるために、キ・ソンヨンを主将に選任した。ク・ジャチョルとも前に相談をし、キ・ソンヨンを助けて任された役割を尽くすとの意見を表明した。仲間たちも快く祝ってくれた"と説明した。キ・ソンヨンは、代表チームと所属チームでの地位を固めている。2010南アフリカ共和国ワールドカップ、2011年のアジアカップ、2012年ロンドンオリンピック、2014年ブラジルワールドカップなど骨太な大会で柱として活躍したのも選任の決定的な背景となった。キ・ソンヨンにキャプテンは慣れではない。昨年10月にコスタリカ-パラグアイと評価全書初めてキャプテンをつけたが、一時的キャプテンだった。キ・ソンヨンがメジャー大会主将がされたのは、年齢別代表チームをまとめて、今回が初めてである。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク