「キャプテン」の変わった目つき、キ・ソンヨン「代表位相の向上の機会 "

キ・ソンヨン
「キャプテン」の目つきが変わった。シューティせ号主将キ・ソンヨン(26·スウォンジー·シティ)が2015年にオーストラリアアジアカップオマーン前の必勝意志を表わした。キ・ソンヨンは9日(以下韓国時間)オーストラリアのキャンベラスタジアムで行われたオマーン戦の記者会見で、「今回の大会を控えて、同僚たちに責任を持つべきだと話だった。ご存知のように、ブラジルW杯の後、代表チームの否定的な視線が寄せられた」とし「今回の大会が選手たちに良い機会と考えている。国民に優勝をするために良い姿を見せてくれれば、代表チームの位相も上がるだろう」と明らかにした。続いて「オマーン戦は、最初のボタンだ。負担はなるだろうが、勝ち点3を必ず取らなければならない理由」と付け加えた。「インポート」も発動した。55年の間にアジアカップで優勝していなかったことが誇りを傷付けた。キ・ソンヨンは「55年間優勝していなかったのは不名誉的である。8回連続ワールドカップに進出したチームがアジアカップで55年間優勝していないのが理想である」と述べた。また、「ワールドカップ以後自信が落ちた。しかし、アジアカップで優勝チームになるために努力している。我々は、アジア最強である。100%の実力を発揮して優勝する。オマーン戦を勝てば負担が減るだろう」と強調した。キ・ソンヨンは所属チームのスケジュールを消化し ​​た後、最も遅く代表チームに合流した。4日サウジアラビアとの評価前に出なかった。20時間の飛行と11時間の時差はキ・ソンヨンに大きな壁になることができる。しかし、これまで培ったノウハウで代表チームに力を吹き込むと強調した。彼は「オーストラリアに来て一週間が残念。英国にあるとき最高のコンディションであるときに限りの体の状態は当然ではない」と説明した。その一方で「代表チームを多く行き来しながら、時差ぼけの問題もあった。しかし、今のように重要な瞬間に競技場から100%の体がないときゲームをどのようにするか準備している。それほど心配していない」とした。オーストラリアは、キ・ソンヨンに特別な場所である。子供の頃、オーストラリアでのサッカー留学をした。精神的、身体的、実力的に多くの成長を成し遂げた。キ・ソンヨンも認めた。彼は「オーストラリアで子供の頃あったので、環境的な部分がよく知られている。10年が過ぎた。いろいろなことが多くなった。それでも特別なのは事実だ。優勝も切実である。今回の大会は、韓国サッカーの地位を向上させることができる絶好の機会」とした決戦まで一日が残った。キ・ソンヨンは、最初の相手オマーンの電力について境界の声を出した。キ・ソンヨンは「アジアサッカーは今、10年前に比べて消費電力差が多く減少した。毎試合が激しい試合になるだろう。オマーン戦は、私たちにとって重要な試合」と警戒心を緩めなかった。彼は「これまでアジアのチームと試合をしたとき密集守備と逆襲に苦戦した。明日はオマーンが密集守備に出てくる、積極的に出てくるかわからない。しかし、シューティケ監督がおっしゃったように、私たちがどのように準備していくつかの試合を展開したかが重要だと思う」と述べた。加えて「密集守備の解決策は、急がずに試合をコントロールしながらスペースが開かれたときのタイミングをつかむ攻撃することが重要である」と伝えた。最後に、攻撃手の信仰も隠さなかった。キ・ソンヨンは「ストライカーが試合を変えて与えることができると考えている。そのような能力も持っている。個人技に依存することはありませんが、時にはそのような能力も必要だ」と力説した。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク