「キ・ソンヨンが支配した「アジアを惹かれたクラス

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(25)が所属チームスウォンジー·シティで一試合でも多く走って韓国サッカー代表チームに合流することを願ってのサッカー協会に選出演技を要求されたゲイリー・モンク監督の心が理解される。キ・ソンヨンは最近、自分の空いている場所を介して自分の価値を証明してきた。昨年12月30日スウォンジー・シティがリバプールに1-4ルーターをされた理由の一つは、途中出場したキ・ソンヨンがグラウンドを留守の間中原掌握を全くやり遂げることができなかったからである。モンク監督は知っていた。キ・ソンヨンの代表合流が遅れた理由だ。キ・ソンヨンは去る2日まで所属チームに滞在したシーズンの運命を左右する可能性のある「ボクシングデー」のスケジュールをすべて消化し ​​た。モンク監督の要請であった。アジアカップ開幕を控えて行われた韓国とサウジアラビアとの親善試合でもキ・ソンヨンの空席が大きく感じられた。スウォンジー·シティは、アジアカップが終わるまで心配に陥らなければならならない。55年ぶりにアジアカップ優勝を狙うチームは事情が違う。キ・ソンヨンの存在感が強固に感じられるからである。10日午後、オーストラリアのキャンベラで行われた2015年のオーストラリアアジアカップグループAのグループリーグオマーンとの第1戦で明らかになったキ・ソンヨンの存在感はすごかった。オマーンは守備を強化したまま試合を開始しました。得点の機会を作るがうまくいかなかった。キ・ソンヨンはじっくりビルドアップを導いた。時には中央を、時には側面を狙う攻撃で相手の守備を横に振った。適切な方向転換にオマーンの守備陣も揺れた。正確なロングパスも目立った。ク・ジャチョルとソン・フンミンなど前方攻撃手が後方から飛んできたパス漢方に決定的な得点の機会をつかむ場面が何度も出てきた。相手裏のスペースを一度に打つことは、通常、正確なパスではない。キ・ソンヨンは可能だった。ロイター通信は、キ・ソンヨンの活躍を言及して"チームのキャプテンとしての優位性を発揮し始めた」と描写した。キ・ソンヨンのグラウンド掌握力が大会最後まで持続すること、55年ぶりのアジアカップの上奪還のための必須条件である。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク