シューティケ "キ・ソンヨン主将したのでよかった」

キ・ソンヨン
ウリ・シュティーリケ韓国サッカー代表チーム監督がキ・ソンヨン(スウォンジー·シティ)にキャプテンを満たしたことを満足に思っていた。 シューティせ監督は11日、オーストラリアのキャンベラの各ケラーパークで記者を会って「キ・ソンヨンが主張の責任のための任務をより忠実に実行したよ」と舌を巻いた。 キ・ソンヨンは、前日オマーンとの2015オーストラリアアジアカップA組第1戦での主将として先発出場し、90分間に大活躍した。 選手たちの詐欺を最後までよく多読だったグラウンドを二分するように横切るキラーパスで相手の肝を冷やしにしたプレイもよく披露した。 シューティケ監督は「キ・ソンヨンが攻撃香りのに昨日は一歩ながら全体電熱のバランスをしっかりキャッチ与えられた」と述べた。 彼は「若いが、経験豊富な選手なので、他の選手たちとは異なり、最初の試合に緊張している様子もなく、安定的にトップクラスの試合をした」と付け加えた。
これまで代表チームでは、ク・ジャチョル(マインツ)が不動の主張に活動してきたが、今回のアジアカップを控えて腕章がキ・ソンヨンに移った。 シューティケ監督は「ク・ジャチョルが主将を取る場合、多くの問題に個別に気を使いながら負担になるように見えた」と「だから、気軽に自分の競技力だけ気を使うことができるよう、キ・ソンヨンを主将に選任した」と述べた。 ク・ジャチョルは揺れる競技力のために競技場で主将するように活動するのは難しいという世論にこれまで苦 ​​しめられた。 シューティケ監督は「ク・ジャチョルにもうけるを与えようと腕章を奪ったのではなく、保護しようとする重荷を与えた」と述べた。 彼は「ク・ジャチョルがまだ頑張っする必要がありますが前日のオマーン戦でサウジアラビアとの親善試合を含む以前の試合と違う姿を見せてくれた」と説明した。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する