87個」最多パスで見たキ・ソンヨン存在感

キ・ソンヨン
オマーンとのアジアカップの最初のゲームは、「パスマスター」キ・ソンヨン(26·スウォンジー·シティ)の存在感を改めて確認した試合だった。キ・ソンヨンは10日(韓国時間)行ったオマーンとの2015オーストラリアアジアカップA組第1戦に先発フルタイム出場し、韓国の1-0の勝利を牽引した。主将腕章を出たキ・ソンヨンは、空輸で大活躍した。特に大規模なパス成功率は、彼がなぜ、今シーズンスウォンジー·シティの中核的MFとして重用されている見せてくれた。オマーン戦は記録だけでキ・ソンヨンの存在感が目立った。キ・ソンヨンは、合計87個のパスを試みた。これは、両チーム中で最も多くの数字だ。成功率はなんと96%に達する。イングランド·プレミアリーグ(EPL)も90%を超える成功率を誇っていたキ・ソンヨンの「ワールドクラスのパッシング力はアジアカップでも輝いていた。ボールタッ ​​チも97回に左サイドバックキム・ジンス(98回)の次に多かった。韓国のすべてのパスは、キ・ソンヨンを通じた。キ・ソンヨンは韓国がボールを所有したときのCBがあるところまで奥深く降り韓国のビルドアップを導いた。キ・ソンヨンは左右はもちろん、前後まで幅広くパスを分散させた。後方にありながら、キ・ソンヨンは2つの重大なチャンスを創出した。前半7分ハーフライン付近でチャン・ヒョンスにボールを受けたキ・ソンヨンはペナルティボックスの中に浸透するソン・フンミンに50M以上のロングパスを刺した。ボールは正確にソン・フンミンのつま先に落ちソン・フンミンの左足シュートは惜しくもオマーンクロスバーに当たって出てきた。キ・ソンヨンの巨大なロングパスは、オマーンの密集守備を一度に崩壊された。キ・ソンヨンはかなり遠い距離だったが、相手の守備とゴールキーパーの間に著しくロングボールを渡した。後半12分頃、なんと34個の連続パスの後ク·ジャチョルのヘディングにつながった名場面もキ・ソンヨンのパスが決定的な出発点であった。右からキ・ソンヨンがボールを取った後、左側にあったパク・チュホに接続したし、これがク・ジャチョルのヘディングまで接続された。パスが常につながるとき、キ・ソンヨンは、すべてのプロセスに関与した。左からキム・ジンス、パク・チュホとボールを送受信たらいつの間にか後方に降り、中央のDFの間でビルドアップを導いた。そしてまた、右側に移動し、中央にボールを集めて行った後、パク・チュホにパスを与えパク・チュホのクロスは、ク・ジャチョルのヘディングにつながった。アルましょセーブがなければ、今回の大会で最も素晴らしいゴールが出てくることもできた。そして、その中心には、キ・ソンヨンが立っていた。このようにキ・ソンヨンは、韓国のすべてのプレーに関与した。負担になるはずだった主将もキ・ソンヨンには翼になった。シューティケ監督も「キ・ソンヨンは、主将の責任感が続くときより良い競技力を見えるようだ。チームを安定的に導いた」と賞賛した。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する