キ・ソンヨン、ソン・フンミン - イ・チョンヨン陥った代表の絶対的存在

キ・ソンヨン
韓国サッカー代表チームの「信じられないほどマン」キ・ソンヨン(25、スウォンジー·シティ)が主力選手が大挙抜けたクウェート戦で中盤に安定感を吹いていれチームの2連勝を導いた。キ・ソンヨンは13日、オーストラリアキャンベラスタジアムで行われたクウェートとの2015オーストラリアアジアカップグループAのグループリーグ第2次戦で先発出場し、チームの1-0の勝利を守った。クウェート戦は、多数の負傷者が出てきて主軸のMFキ・ソンヨンの役割がこれまで以上に重要だった。代表チームはオマーン戦ですねの骨に失禁が行くけがをしたイ・チョンヨンを含むソン・フンミン、ク・ジャチョル、キム・ジンヒョンなど主力選手が出てこなかった。特に攻撃陣営で主軸だったソン・フンミンとイ・チョンヨンが悪化し、大きな舞台での経験は、多くのキ・ソンヨンが代表チームを導かなければした。代表チームは、クウェート戦で多くの選手が変わり、思ったより苦戦している姿を見せた。攻撃の重みと守備の安定感の両方不足している様子だった。パク・チュホとイ・ミョンジュと一緒に中原に配置されたキ・ソンヨンは、特有のパッシング力と落ち着いた試合運びで代表の足りない部分を埋めてくれた。キ・ソンヨンは時々積極的なドリブルで相手守備ラインを引き戻す作り、守備的には、仲間と一緒に協力しながら、相手の攻撃を切断した。引き立つ活躍をしたキ・ソンヨンは、記録面でも立派だった。キ・ソンヨンはクウェート戦でボールタッ ​​チ(81回)、パス成功率(93%)部門で、この日出場した選手たちの中で最も良い記録を誇示した。イングランド·プレミアリーグも正確なパッシング力に定評のあるキ・ソンヨンの存在はやや不振を示されている代表チームに大きな力になった。また、キ・ソンヨンは、チームの主軸選手らしく相手もみ合い、気力の戦いに屈しない姿を見せてくれて、チームデョンリョを促す姿も見られた。ソン・フンミン、イ・チョンヨンなど主軸選手がなかったクウェート戦でキ・ソンヨンの存在は、まさに恵みの雨とだった。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する