キ・ソンヨンの「クラス」、他のリーディング...「V3エンジン」私の足にかかって気づい

キ・ソンヨン
「キャプテンキー(Ki)」キ・ソンヨン(26·スウォンジー·シティ)がシューティケホ」勝利のキー(Key)」で存在感を誇示した。韓国サッカーのアジアカップ通算三回目(V3)優勝も彼の足にかかっている。ウリ・シュティーリケ(61·ドイツ)監督が率いる韓国サッカー代表チームが2015オーストラリアアジアカップサッカー大会グループリーグ3連勝でグループ首位を占めており、8強に進出した。その中心には、キ・ソンヨンがあった。キ・ソンヨンは3試合先発出場でフルタイムを消化し ​​て「怪我や風邪風」が吹き荒れたシューティケホを守り、特に競技場でボール·でき調律はもちろん、キャプテンとして陣頭指揮し、「本当のエース」の真価を発揮した。キ・ソンヨンは去る17日(韓国時間)、オーストラリア、ブリスベンスタジアムで行われたオーストラリアとのグループリーグ第3戦で大活躍を広げて1-0の勝利でチームのA組1位確定を導いた。これアジアサッカー連盟(AFC)は、キ・ソンヨンを「プレーヤー·オブ·ザ·マッチ(試合最優秀選手)」に選定した。キ・ソンヨンはこの日、守備的MFとして出場し先に進んだ2試合で8ゴールを襲ったオーストラリアを相手に強い圧迫はもちろん、守備ラインとの協力プレイを披露して無失点勝利に力を加えた。攻撃で定規で測ったようなパスと攻撃加担にオーストラリアの守備陣を苦しめた。特に、彼は前半32分、相手側に抜け入るイ・グノ(エルジャイ時)に向かって感覚的かつ正確なパスを伝え、これをイ・グノとイ・ジョンヒョプ(常駐常務)がコンビプレーを繰り広げ、決勝ゴールを作り出した。キ・ソンヨンのパスがなかった場合は不可能なシナリオであった。彼は最後の1戦であるオマーン戦でも正確なパスでゴールの足場を用意したりもした。ボール·数で「代替不可能な「資源と位置づけたキ・ソンヨンのつま先にトーナメント運命も走った。この日のオーストラリア戦で攻撃的MFのク・ジャチョルが肘、守備的MFのパク・チュホ(以上マインツ)が鼻の負傷した。これらの準々決勝出場は未知数だ。ボール·数でキ・ソンヨンと呼吸を合わせてきた二人の選手の負傷でキ・ソンヨンの役割は多くなり、これにプレッシャーも大きい。しかし、キ・ソンヨンは自信を示している。彼は「負傷者がいるが、ベンチに良い選手がいて心配ない。体力を順調に回復して、より良い試合をしたい」と強調し、「究極の目標である優勝まで進んでいきたい」と拳を握った。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する