キ・ソンヨンの「つま先」にかかったシューティせ号「シェアサッカー」

キ・ソンヨン
キ・ソンヨン(23·スウォンジー·シティ)のつま先にシューティせ号「シェアサッカー」がかかっている。ウリ・シュティーリケ(61·ドイツ)韓国サッカー代表チームは22日(韓国時間)ウズベキスタン(ウズベキスタン)との「2015オーストラリアアジアカップ」準々決勝を控えてシェアを引き上げると宣言した。シューティケ監督は「グループリーグを介して選手たちが相手ボールをよく抜いたが、それほどまたよく奪われた。ボールを守りながらシェアを引き上げる」とし「パスミスを最も注意しなければならない。戦列を整備する前に、パスをブロックされれば逆襲を許可することができる」と強調した。これは、パスを強調した部分に、準決勝、決勝までチームの組織力を頂点に引き上げるという計画まで念頭に置いた発言である。そのためにはボール·数電力の中心であるキ・ソンヨンの活躍が必要である。キ・ソンヨンはグループリーグの3試合先発出場してフルタイム消化し ​​た。それだけ安定した競技力を維持しており、試合の調整はもちろん、ビルドアップの出発点として消化し ​​ている。特に、今回の大会キャプテンまでチャミョ試合の内外でチームを率いている。アジアサッカー連盟(AFC)にも、キ・ソンヨンは「アジアカップのグループリーグのベスト11」を紹介しながら、キ・ソンヨンをミッドフィルダーに選定した。シューティケホで欠かせない「代替不可」電力である。キ・ソンヨンのつま先が重要な理由は、シューティケ監督が望むシェアサッカーに大きな影響を与えるからである。守備陣でパスを接続受け、左右側面または前方にパスを接続することがキ・ソンヨンの役割である。このパスが正確で滑らかに補間されると、肯定の「バタフライ効果」を期待することができる。すなわち、彼のパスを介して、ソン・フンミン(レバークーゼン)、ナム・テフィ(レクウィヤ)を中心にサイド攻撃が存続し、これにより、攻撃2線の動きが活発になる。これは、今後の対戦相手守備陣のバランスを破り、チャンスにつながることができるというものである。逆にキ・ソンヨンのパスが相手ブロックごとにすれば、それだけ攻撃で困難を経験するしかなく、これはウズベキスタンに主導権を出す結果につながることができる。「パスマスター」キ・ソンヨンがシューティせ監督を笑顔にするか関心が集まっている。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する