イ・チョンヨン - ク・ジャチョルの空白埋めた「キャプテン」キ・ソンヨンの献身

キ・ソンヨン
疲れまた疲れた。2015年にオーストラリアアジアカップグループリーグ3試合、彼はフルタイムの270分をすべて消化し ​​た。既にイングランド·プレミアリーグ(EPL)で「ボクシングデー」週間を過ごし体力は底が出た。しかし、彼は走ってまた走った。左腕に満ちた主張腕章の重みに、彼は休むことができなかった。すでに大会前から彼の目は変わった。「ブラジルの不振を毛たい」という意志が強かった。彼の視線は、唯一の55年ぶりのアジアカップの上奪還のみ接続されていた。シューティせ号「キャプテン」キ・ソンヨン(スウォンジー·シティ)が「ミョンブルホジョン」の活躍で韓国の4強進出を導いた。キ・ソンヨンがウズベキスタンとの準々決勝で延長戦まで120分間活躍した。キ・ソンヨンは、すでに延長後半に太ももにマウスガーナスロジョトオも、フルタイムを走って「キャプテン」の任務を果たした。責任感と「脱アジア級」の実力で危機を超えた。実際にはウズベク前以前から体だけ心が重かった。キ・ソンヨンと一緒に代表チームを導かなければならない'ブジュジャン」イ・チョンヨン(ボルトン)は、すでにグループリーグ第1戦オマーン戦ですね負傷をして代表から落選した。さらに悪いことだった。「親友」ク・ジャチョル(マインツ)まで、オーストラリア戦で肘の靭帯破裂の負傷をした。数年間代表を支えてきたイ・チョンヨンとク・ジャチョルの空白に「キャプテン」キ・ソンヨンの肩はさらに重かった。しかし、シューティケホにイ・チョンヨンとク・ジャチョルの空白はなかった。キ・ソンヨンが一人、彼らの空白をすべて埋めた。キ・ソンヨンはシューティせ号「中原司令官」にパク・チュホ(マインツ)と一緒に「ダブルボルランチ(二人の守備的MF)」で出撃した。すべての攻撃は、彼の足で始まった。距離、方向とも完璧だった。左右側面のFWソン・フンミン(レバークーゼン)とイ・グノ(エル嘉義市)に向かって空間を広げてくれるロングパスはつま先で配信された。相手の守備2〜3人を弾き出す巧妙なボールキープでシューティせ号中原に力を吹き吹き込んだ。パス成功率が90%を超えた。しかし、シューティケホはなかなかウズベキスタンのゴールを開けなかった。疲れたソン・フンミンドリブルミスを連発した。イ・ジョンヒョプ(常駐)の決定的なヘディングシュートは相手GKのセーブに防がれた。相次ぐ攻撃にも得点が発光しなかったとき、ウリ・シュティーリケA代表監督は戦術に変化を与えた。「キ・ソンヨンシフト」であった。ボールを持って、相手の中盤を崩すク・ジャチョルの役割をほしいと思った。後半37分、ハン・グニョン(カタールSC)が投入されると、キ・ソンヨンはシャドウストライカーに変身、攻撃に重みを加えた。ペナルティボックスの近くで粘り強くボールを所有した。延長戦に突入するとキ・ソンヨンはまた変身した。今回は、イ・チョンヨンの役割を消化し ​​た。左サイドに配置された。ポジションを選ばなかった。キ・ソンヨンはどこにも自分の役割をこなした。面で滑らかなパスにキム・ジンス(ホッフェンハイム)のオーバーラップを助けた。ドリブル突破に続いて右足でシュートで相手のゴールを狙った。一試合で3つのポジションを消化し ​​たキ・ソンヨンはソン・フンミンのゴールが勃発すると、、、最終的に倒れた。延長後半8分、左太ももに窮屈。底をついた体力に足首を逮捕された。それにも彼は再び立ち上がった。キ・ソンヨンは最後までグラウンドを守りシューティせ号勝利をもたらした。一人イ・チョンヨンとク・ジャチョルの空白まで埋めたキ・ソンヨンの活躍があったからこそ韓国の3回連続アジアカップ4強進出も可能だった。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する