キ・ソンヨンの120分、大変でもない倒れだった

キ・ソンヨン
すごい賛辞と気の毒である心配が頻繁に交差させた。試合の2番目やポジションが変わったが、自分の役割をしますし、試合後半足に痙攣がたが、最後までグラウンドを守った。シューティケホ」中原司令官」キ・ソンヨンの大きな存在感は今回も遺憾なく発揮された。ウリ・シュティーリケ監督が率いる韓国サッカーの国歌代表チームは22日午後4時30分(韓国時間)メルボルン·レクタンギュラー·スタジアムでキックオフされた2015 AFC(アジアサッカー連盟)オーストラリアアジアカップ準々決勝でウズベキスタンを2-0で下した。韓国は0-0だった延長前半14分と延長後半14分2ゴールを決めたソンフン民意活躍でウズベキスタンを下して準決勝に進出した。これにより、4強に一番最初に無事に到着し、韓国はイラン-イラク戦の勝者と26日の決勝進出を置いて争うされた。この試合でキ・ソンヨンは、なんと3つのポジションを消化する「マルチプレーヤー」の能力を示した。前半パク・チュホとペアを組んで守備的MFとして出場したキ・ソンヨンは、ウズベキスタンの中央ミッドフィルダーと期(氣)の戦いで勝利し、韓国が試合の主導権を持つように貢献した。以後も後半半ばまで守備的MFとして活躍したキ・ソンヨンは、特有のホールディング力とパッシング力をあまねく披露シューティケホ中原司令官役を非常によく実行した。そんな後半35分頃、キ・ソンヨンに最初の位置の変化の任務が落ちた。シューティケ監督はキ・ソンヨンのパッシング力をより積極的に使用にするために攻撃的MFとして使用した。キ・ソンヨンは急なポジションの変化にも慌てず与えられた役割を忠実にこなした。0-0の状況では延長戦に入った後は、再びポジションの変化を試みた。今度は、左サイドのMFだった。キ·ソンヨンは左サイドに移動しウズベキスタンの守備ブロックを崩すために努力したし、最終的にはキ·ソンヨンが席を移した左サイドからゴールが開始され、4強進出の勝機をつかむことができた。試合のうち3回ポジションを変え分前したキ・ソンヨンは、延長後半二度足に痙攣が起き正しく歩くこともできない姿を見せた。しかし、最後まであきらめずにグラウンドに滞在し、韓国がウズベキスタンを下し4強に進出できるように助けた。三回のポジションの変化を上手に消化することはもちろんであり、足のけいれんが起こる悪条件まで存続したキ・ソンヨン。シューティケホ中原を守るキ・ソンヨンと存在がウズベキスタン戦でも遺憾なく発揮された。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する