「キャプテン」キ・ソンヨンが明らかにしたウズベク前3段変身の実体

キ・ソンヨン
シューティケホ」キャプテン「キ・ソンヨン(26·スウォンジー·シティ)がウズベキスタンとの準々決勝」の3段階に変身」をした理由を明らかにした。キ・ソンヨンは23日午前(韓国時間)、オーストラリアメルボルンタラマリン空港から2015オーストラリアアジアカップ準決勝が行われるシドニー行きの飛行機に乗った。韓国は26日イラン-イラクの勝者と決勝進出をめぐり勝負を繰り広げる。韓国は前日レックテンギュルドルスタジアムでウズベキスタンと120分血みどろの戦いの最後に2-0の勝利を収めた。主将腕章を4試合連続先発出場したキ・ソンヨンは、この日、様々なポジションを消化し ​​て韓国の4強を導いた。最初は守備的MFであった。前の試合と同じようにパク・チュホと中盤で足を合わせて試合を調整した。安定したボールタッ ​​チと正確なロングパスで攻撃の活路を開拓した。苦しい流れが続いていた後半半ば以降には、攻撃的MFに進めた。ハン・グニョンがパク・チュホとペアを成したキ・ソンヨンはチームトップの下で得点のチャンスをのぞいた。ハイライトは延長だった。キ・ソンヨンは左ウイングワードに移動した。キ・ソンヨンが大会開始後面でプレーしたのはウズベキスタン戦は初めてだ。ウリ·シュティーリケ監督は「キ・ソンヨンをウイングワードに立てたのは私の決定ではない。キ・ソンヨンが先にナムテフィが中央に来て本人が側面に抜けるのがいいらしい意見を出した。チームのために本人が良いと話をしてくれたので受け入れた」と述べた。メルボルン空港で会ったキ・ソンヨンは、当時の側に移動したのは、より効率的な攻撃をするためだとした。彼は「ナム・テヒは攻撃的MFとしてプレーするときより威力的である。だから場所をバークウィᆻダ。また、相手の右守備を私フィジカル的に攻略する方が良いと判断した」と明らかにした。キ・ソンヨンの選択は最高だった。直接支援になっちゃいないが、キ・ソンヨンで始まった変化は、韓国が延長戦でウズベキスタンを圧倒する結果につながった。実際に、キ・ソンヨンは、側面からかなりの脅威的な姿を見せた。ペナルティボックスの近くで一回にファウルを犯し出すなどウズベキスタン右側を混乱させた。キ・ソンヨンの移動にキム・ジンスは、左突破に大きな力を受けることになった、最終的には、ソン・フンミンのヘディングゴールが決まった。キ・ソンヨンは、今回の大会で主将腕章をぐらぐら飛んできた。続いたフルタイム出場で疲れ法したが、むしろ試合を重ねるごとに進化する姿である。ここで試合を貫いた洞察力までチャンチャクた。キ・ソンヨンはシューティせ号本物の万能キー(KEY)である。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する