「390分を支配した男」キ・ソンヨンがすごい理由

キ・ソンヨン
'キャプテン'キ・ソンヨン(26·スウォンジー·シティ)は、代替不可だ。4試合連続先発と一回の延長戦を含む390分の出場がこれを証明してくれる。ウリ・シュティーリケ(61)監督は、アジアカップを控えキャプテンキ・ソンヨンに任せた。競技力の探求に陥ったク・ジャチョルを生かしキ・ソンヨンの責任を増やした彼の選択は最高だった。特に主将がされたキ・ソンヨンは、コンテストを通して大活躍飛んでいる。オールシーズン所属チームスウォンジー・シティで多くの試合を走って体力的に厳しい状況にもキ・ソンヨンは毎試合限界を超えるプレーで韓国を4強に置いた。キ・ソンヨンがシューティケホへの影響は実にすごい。グループリーグで負傷や風邪にイ・チョンヨン、ク・ジャチョル、ソン・フンミンが抜けたような状況で、彼はチームの心強い支えになった。オマーン、クウェートなどしたことが、次のチームとの対決で勝利する結果を得たこともキ・ソンヨンがあったので可能なミッションだった。シューティせ監督もキ・ソンヨンの信頼が厚い。多分シューティせ号本物の王子はキ・ソンヨンのかもしれない。キ・ソンヨンは4試合を先発に上昇した。また、すべてのフルタイム活躍である。ウズベキスタンとの準々決勝では、延長30分まで消化し ​​て出場時間を390分に増やした。追加の時間まで合わせれば、400分近く走ったわけだ。チームでは、キム・ジンス(23、ホッフェンハイム)で最も多く上がった。巨大な活動量が要求されるミッドフィルダーという点でキ・ソンヨンのこれらの記録は、さらに驚くべきことに近づいてくる。キ・ソンヨンは「体力的に大変なのは事実だ。しかし、プロであれば、克服すべき課題だ」と熱心に淡々とした様子を見せている。キ・ソンヨンの多才さシューティせ監督を笑顔する。過去ウズベキスタン戦はキ・ソンヨンの真価を確認した試合だった。2ゴールを決めたソン・フンミンにスポットライトが帰った日の最高の選手は断然キ・ソンヨンだった。守備的MFで始め攻撃的MFを経てウイングワードまで続く変化はキ・ソンヨンだからできる「3段変身」だった。昨日はキ・ソンヨンの誕生日だった。アジアカップ優勝という目標を立てた彼は宿で静か誕生日を過ごした。「永遠のキャプテン」パク・チソンの引退後、韓国はチームを支えるくれるリーダーにのどが渇いていた。しかし、今、私たちには、「勝利の鍵(KEY)」キ・ソンヨンがある。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する