キ・ソンヨン決勝覚悟 "イ・チョンヨン - ク・ジャチョルのために優勝するの」

キ・ソンヨン
キ・ソンヨンがアジアカップ決勝戦を控えた覚悟を明らかにした。ウリ・シュティーリケ監督率いる大韓民国(FIFAランキング69位)サッカー代表チームは1月26日午後6時(以下韓国時間)、オーストラリアのシドニーANZスタジアムで開かれた「2015 AFCオーストラリアアジアカップ」準決勝(4強)でイ・ジョンヒョプ先制ゴール、キム・ヨングォンゴールに力づけられて、イラク(FIFAランキング114位)を2-0で下した。これで韓国は「1988年アジアカップ」以来27年ぶりに決勝に進出した。早い時間先制ゴールを抜き出した韓国は、イラク戦争を考えるよりも簡単に解いていった。前半19分、セットプレーからキム・ジンスがあげたクロスをイ・ジョンヒョプがゴールで接続した。続いて後半4分キム・ヨングォンが追加点を決め、韓国はイラクに2-0完勝をおさめ ​​た。キ・ソンヨンは試合後、「選手たちが今日あまりにも良かった。負傷した選手たちが多かったが、5試合無失点という事実が誇らしい。優勝をしたい心がより一層切実だ」と所感を明らかにした。続いてイ・チョンヨン、ク・ジャチョルなど負傷した選手たちの状態を問う質問が出ると、彼は「チームの主軸であり、今回のアジアカップをたくさん待っていた。血まみれ惜しい。友達の分までしようとしてみると、私はより良い姿を見せているようだ」とし「これらのために優勝をする。常にメッセージの送受信ができる」と言って友情を誇示した。キ・ソンヨンは、韓国が行った5試合で先発に出て、フルタイムの近くを消化し ​​た。これに対して彼は「大変場合嘘だ。イギリスから大変だった」とし、「アジアカップの切実さが大きい。優勝していなければ惜しいようだ」と優勝への熱望を伝えた。一方、27年ぶりに決勝に進出した韓国は、来る1月31日午後6時、オーストラリア-アラブ首長国連邦(UAE)の勝者と決勝戦を介して55年ぶりのアジアカップの上奪還に挑戦する。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する