「キャプテン」キ・ソンヨンの堂々とし、オーストラリアを見ますか?

キ・ソンヨン
堂々自信から出てくる。他の人の顔色を見る必要もなく、自分が堂々とこなすことができているときに自信を示すものである。キ・ソンヨン(スウォンジ·シティ)がそうだ。韓国サッカー代表チーム「キャプテン」キ・ソンヨンの堂々としがすごい。韓国は31日、シドニーのスタジアムオーストラリアで開催国オーストラリアと2015アジアカップ決勝戦を行う。この試合を控えている状況で、キ·ソンヨンが堂々姿勢を見せた。アジアカップ優勝を実現するという自信をチームを代表して表現したものである。28日、オーストラリアのシドニー鼻取るパークで代表チームの練習が終わった後に会ったキ・ソンヨンは、オーストラリアとの決勝戦の心配はなかった。オーストラリアがアジアの強豪であり、オーストラリアが開催国といっても気にしなかった。韓国は優勝する底力があるチームという自信を持って、そして太極戦士がこなせるという確信があった。キ・ソンヨンは堂々した。キ・ソンヨンは「オーストラリアよりも私たちが一日より休むことができる(韓国は26日、オーストラリアは27日、準決勝を行った)。選手たちの体の状態もより上がるだろう。私たちは、オーストラリアよりも余裕ができる。私体の状態も思ったより悪くない。もう1試合残っている。最後まで最善を尽くして良い結果を生じる。決勝戦は戦術ではなく、個人的な技術ではない、体力と精神力の戦いになるだろう」と自信を持って武装したまま決勝を待っていた。続いて、キ・ソンヨンは「オーストラリアはホームの利点がない場合は、一度も怖いと思ったことがない。オーストラリアは予選で私たちになって決勝戦では総力戦を繰り広げるのだ。しかし、私たちも、よく準備している。オーストラリアの監督が予選とき主軸がたくさん抜け100%の電力ではなく、したが、私たちが主軸選手がもっと落ちた状況だった。それでも私たちは1-0で勝った」と予選で勝利した自信を背負って決勝でも勝利すると確信していた。オーストラリア代表キャプテン· 「はいディナクの考えも明らかにした。例ディナクはオーストラリア中原のキープレーヤーであり、主将にキ・ソンヨンと似ている。だからイェディ落果キ・ソンヨンの対決構図に多くの関心を見せている。しかし、キ・ソンヨンの考えは違った。キ・ソンヨンは例ディナクを大きく気にしていなかった。キ・ソンヨンは「オーストラリアには例ディナク以外にも多くの選手がいる。だから、例えば、ディナクをそれほど心配していない。あまり気にもしていない。むしろケーヒルが脅迫的である。ケーヒルが最も多くのゴールを決めた。最も警戒すべき対象である」と述べた。最後に、キ・ソンヨンは韓国の準優勝はないと確信していた。キ・ソンヨンは「主軸選手が抜けにくい状況であった。それでも苦労してここまできた。サッカーをしながら決勝戦に行く機会は多くない。1〜2回あるかないかの機会である。虚しく準優勝をすることはできない。優勝し行き渡る。良い思い出を作ること」と堂々と優勝を話していた。「キャプテンキ」のような堂々が本当に良い。よどみなく魅力的である。韓国代表チームを率いるキャプテンらしい。キャプテンが堂々ない場合は、チームも堂々としてない。キ・ソンヨンの堂々と自信を持って韓国をアジアカップ優勝に導いと信じ。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する