キ・ソンヨン「一生に一度の優勝のチャンスを逃さない "

キ・ソンヨン
シュティせ号キャプテンキ・ソンヨン(26·スウォンジー·シティ)がオーストラリアとの決勝戦を控えて55年ぶりの優勝への切実を隠さなかった。キ・ソンヨンは30日午後、シドニーのオーストラリアスタジアムで行われた韓国とオーストラリアの2015オーストラリアアジアカップ決勝戦比の記者会見に参加して"選手たちとのミーティングで「人生において一度あるかないかなアジアカップ優勝のチャンスを逃してはならない」と話していた」と必勝の覚悟を伝えた。彼は"コンテストを開始し、最初に我々が優勝するという見通しは、多くなかった。しかし、我々は困難を乗り越えやった」と決勝まで上がってきたことを誇りにした。キ・ソンヨンは「すでに決勝に上がって来たとき私たちはもう失うものはないと思っていた」とし「私たちよりもむしろ、オーストラリアが失うものより多くの負担を感じている」と述べた。
◇キ・ソンヨン一問一答-決勝に臨む覚悟は。"この席に上がってくるようになって光栄だ。オーストラリアというアジア最強のチームを相手に決勝を受けるのは、かなりの意味がある。オーストラリアには特に言うことはない。予選で一度したので、どのよう解いていくのかよく知っている。明日の競技場ですべてを言えば良いと考える。明日両チームがアジアサッカーがこのレベルにあることを試合を通じて見せてやる。世界のサッカーとの格差が減ったということも見せてあげたい。」-韓国代表の主将にどのように選手たちを導くのか。」今回の大会で初めて主将を引き受けたが年齢が最も多いのではない。私より型が多い。(車)のドゥリ兄と(郭)テフィ兄が精神的な支柱の役割を担っている。私は中間の役割を担っている。最も重要な考えの部分は、私たちのチームにAマッチの経験が不足している選手、若い選手たちが多いが、競技場の中で可能な限り問題なく誰かに傾くことができると主将が必要だと考えた。そのために、誰よりも競技場の中で良いプレーを展開しなければならないとも考えていた。そのため、自然にプレーも良かった自信も得た。明らかなことは、チームの中で最も重要な役割をしている選手はグァック・テフィとチャ・ドゥリだ。彼らはチームのために少しより多くの犠牲にしている。特にドゥリ兄は明日が最後の戦いであるため、他の競技より選手たちに最善を尽くす良い姿を見せるだろうと考えている。」-チャとは以前セルティックでも呼吸を一緒に合わせてきたいくつかの選手だった代表チームにどのように多くの助けを与えたのか言ってくれ。明日優勝する上で多くの刺激となっているのか。」のドゥリ兄とはケルトでも呼吸を合わせたチームでも10年以上活躍を一緒にしてきた。フィジカルが良く足速い選手に覚えている。セルティック時代のドゥリ兄が今よりも若い時はボールよりも速いほどスピードが優れていたし、私はパスを長く与えてもスピードを前面に出して受け止めるほどだった。彼はまた、代表でも多くのことを成し遂げた選手だ。2002年ワールドカップ4強、2010年遠征16強進出などを獲得した。記録を見ても十分に尊重してくれること選手だと思う。明日の試合は、引退試合記念に、ぜひ胴上げを打って与えたいと思い優勝という贈り物を与えたい。」-オーストラリアで数年暮らし、明日の決勝戦を備えるにおけるどのよう迫っオナ。」幼い頃オーストラリアとアジアカップ決勝でつくことは想像もできなかった。当時、オーストラリアはAFC加盟国ではなかった。常にオーストラリアと試合をするということは、私にとって大きな意味があるようだ。グループリーグで対戦したブリスベンは勉強をしていた場所に特別に迫ってきた。明日の決勝戦も大きな意味で近づいてくるのだ。私たちが優勝できなかったか、長い時間が経ったが、オーストラリアが簡単な相手ではないのだと思う。オーストラリアサッカーがたくさん発展したのが事実である。既存のは、フィジカルとスピードを使用して解いていった場合、今では組織力とパスも良くなった。明日の試合が容易ではないと考えている。しかし、我々は多くの準備をしてきた。明日の試合は、多くの変数が多いだろう。精神力の部分で準備ができており、負担を震え打てばよくすることができると考えている。」-韓国が無失点記録を続けている。韓国の守備組織力に優れたせいなのかそれとも相手の攻撃力がすぐれなくてそのような事評価するか。」代表生活をしながら無失点で決勝まで上がってきたのは初めてであるようだ。守備でゴールを食べないのは、チームにもかなりの自信を与えて選手たちにも大きな力を与える。一人一人の能力だけでなく、守備組織力がよさそうだ。ゴールを食べたくない切実さが多い。5試合を走りながら相手にチャンスを許したこともあって、相手が良いチャンスをゴールに接続させない部分があるが、もしかしたら運が続いたとすることができますが、その分選手がゴールを食べないという覚悟が身についていたからだと思うする。そのような部分が決勝まで来た背景のようだ。」- 55年の間に韓国が優勝していなかったことに対するかなりの負担感があったはずだどのように乗り越えてきた、決勝戦を控えてどのように準備をするのか。」大会が始まる前に優勝を懇願したものの、実際には韓国がアジア最強国とはいえ、ワールドカップ4強、2010年遠征16強進出などを通じて証明したが、アジアカップでだけ長い間優勝できなかった。どのように見れば矛盾であれば、矛盾であった。日本とサウジアラビアが私たちよりも優勝回数が多いことは残念だった。一度はアジア最強であることを証明したかった今回がチャンスだと思っていた。今回の大会をおこなって、負傷した選手が多くの困難があったし、若い選手が多く、経験も不足している側面もあったが、国内では、我々のチームを見て、最初に我々が優勝するだろうことをたくさん考えていなかった。しかし、私たちはよく克服やり遂げ、決勝に上がって来たときに大きく失うことがないという考えで試合に出ている。オーストラリアが失うものより多くの負担を感じているのだと思う。ミーティング仲間の選手たちに「人生で一度あるかないかなアジアカップ優勝のチャンスをつかもう」と言っていた。すべての選手が明日のハードプレーする準備ができていると自信を持って言える。」
スポンサーサイト

テーマ : 韓国メディア情報 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する