パス1の上に現れる「キャプテン」キ・ソンヨンの威厳

キ・ソンヨン
'キャプテン'キ・ソンヨン(26、スウォンジー·シティ)の威厳はパス部門の各種指標でそのまま表れている。ウリ・シュティーリケ監督が率いる韓国サッカー代表チームは先月31日(韓国時間)、オーストラリアのシドニーで開かれた2015年AFCアジアカップ決勝でオーストラリアと延長の末1-2で惜敗した。これにより、55年ぶりの頂上登板を狙った韓国は、1988年以来、27年ぶりの準優勝に満足しなければならいた。「キャプテン」キ・ソンヨンは準優勝の主役である。今回の大会グループステージ3試合から8強、4強、決勝まで6試合に先発出場した。イラクと4江西後半44分交代アウトされたことを除いては、ウズベキスタンとベスト8(延長戦)、オーストラリアとの決勝(延長戦)までのすべてのフルタイムを消化し ​​た。中原の「Key」であった。キ・ソンヨンは、今回の大会での主将の重責を引き受けた。年齢別代表チームをまとめて主将腕章をガレージ初のメジャー大会出場だった。キャプテンの任務を200%実行した。スタジアム内外での主張の威厳を誇った。特に脱アジア級パスは、見る人の目を捕らえるに十分だった。キ・ソンヨンは今大会で最も多くの408つのパスを試して最多の380つのパスを成功した。成功率もなんと93.1%であった。パス試してみて、成功回数は1位であり、成功率はわずかの差で2位だった。ロングパス成功率も84.9%に達した。キ・ソンヨンのパスは純度も高かった。前方に向かうパスの割合が26.5%、左、右側面には、それぞれ24.8%と30.6%であった。バックパスは18.1%に過ぎなかった。助けは1つを上げ、仲間のシュートで接続された決定的なパスも10個も記録した。90分間のパスの回数も61.3個、3位に上がった。アジア最高の選手と比較してみるとキ・ソンヨンの記録がどのようすごい簡単に知ることができる。アメル·アブドゥルラーマン(アラブ首長国連邦)とトレント歳ズカンタベリー(オーストラリア)は、パス回数368個の共同2位に上がった。アメルは、このうち333個を成功して90.5%の成功率を記録した。ロングパス成功率は69.6%であった。歳ズしまう343つのパスを成功させ、93.2%の今大会で最も高い成功率を誇っていた。ロングパス成功率は81.1%であった。アラブ首長国連邦のエースオマールアブドゥルラーマンは362つのパスを試し265を成功、73.2%の成功率にとどまった。キ・ソンヨンのパートナーであるパク·チュホと大会最優秀選手の(MVP)マッシモルーオンゴ(オーストラリア)もパスマスターとして活躍した。パク・チュホは7番目に多い318個のパスを試し284個を正確に配信、89.3%の高い成功率を上げた。90分間のパス回数は57個、ロングパス成功率は64.7%、チャンスを提供パス8個を記録した。ルーオンゴは318つのパスのうち、255個を成功して80.2%の成功率を記録した。90分間パス回数54.4個、4助けを借りてチャンスを提供パス15を上げた。日本のエイスウン香川真司は298つのパスのうち258個を正確に同僚に接続し、86.6%の成功率を撮った。ロングパス成功率は66.7%であった。90分間のパス回数は68.8個、ロングパス成功率66.7%、助け2つ、チャンスを提供パス12個を記録した。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク