ベテランへの道、リーダー品格示されているキ・ソンヨン

キ・ソンヨン
2015オーストラリアアジアカップを終えた後、国内で休息を取ったキ・ソンヨン(26)が4日午後、仁川(インチョン)国際空港を通じて、英国に出国した。所属チームスウォンジー·シティに復帰してすぐに2014/2015シーズンイングリッシュプレミアリーグ(EPL)の試合に参加しなければならない。 去年から今年初めまでキ・ソンヨンは強行軍のスケジュールを消化し ​​ている。2014年ブラジルワールドカップに行って来るために忙しい夏を過ごし、2015年オーストラリアアジアカップ参加で、冬でも休む暇がなかった。しっかりとした休暇を過ごすことができない1年が続いている。 キ・ソンヨンがない間、多くの勝ち点を失ったスウォンジー・シティーは、合流と同時にキ・ソンヨンを出展させる予定である。ゲイリーモンク監督は週末の試合だけでなく、続く平日競技にもキ・ソンヨンに出場をお願いしたことが分かった。 出国現場で会ったキ・ソンヨンは「事実大変難しい」とし、サッカー選手として試合に出場する機会の大切さについて語った。「監督が見つけていただいて試合に出ることができるということは、選手としての祝福だと思う。アジアカップ終わって精神的肉体的のは難しいチームを長く空けた。行ってもいい姿見せなければならない。することができるように体調管理をよくして、今週末の試合からプレーできるように準備する。」 キ・ソンヨンは2015オーストラリアアジアカップを主将するように行った。代表の主将に選任されたのは今回が初めてである。腕章が与え重みと責任感はキ・ソンヨンを精神的に、より成熟し選手に成長させた。主将に行った大会を振り返ってキ・ソンヨンが言及した人物は、23人の参加選手の中で唯一の試合を出場できなかったゴールキーパーチョン・ソンリョンだった。
「周囲の先輩兄が多くの助けを与えて主将をするために大幅に困難がなかった。特に試合を多くできない走った選手たちにありがとう。その選手がティーをアンネゴ最後まで懸命に訓練してくれて、チームの雰囲気を多く生かした。古参のチョン・ソンリョン兄は1試合なかっ走った表現ず頑張ってくれた。主将としてありがたく、申し訳ありませんでした。 " 出場機会が祝福という言葉の真正性を感じることができる部分である。キ・ソンヨンは親友の間、よく知られているイ・チョンヨンのEPL復帰のニュースを祝うし、「20代後半になり、最盛期にサッカーする年齢が多く残ってなくてよう飛んでみたいという話をたくさんした」という話を持ち出した。まだ若い私が、韓国の年齢で27歳になったキ・ソンヨンは血気旺盛だった時期を過ぎサッカーの大切さを再確認する時間を迎えた。 ウリ・シュティーリケ監督がキ・ソンヨンを主将するように任命し下した指令は、「チームが困難なときに大きな支えにすることができなければならない」ということだった。キ・ソンヨンは少なくない負担を持った、大会の間にク・ジャチョルとイ・チョンヨンなどリーダーの役割を分担していた友人の離脱に心的負担が加重されたと述べた。結局は、正常に大会を行った。 前代表の主将パク・チソンは最近発刊した自叙伝で自ら強心臓ではなかったと述べた。キ・ソンヨンは、このための"その中には明らかにチソン兄だけ強い精神力になると考えている。続いて感じる(主将という)そんな桁が容易でないこと感じ、チソン兄やその前の先輩たちがどのように多くの努力をした精神的に大変たのか、今回の大会を通じて多く感じた」と述べた。これ以上の優れた実力に個性あふれるチームのいたずらっ子キ・ソンヨンの姿はなかった。 代表チームは2015オーストラリアアジアカップで国民の信頼を回復した。しかし、2012ロンドンオリンピック銅メダル2014ブラジルワールドカップの失敗を既に経験したキ・ソンヨンは爽快ず、自分自身をより下げた。まだ代表チームが進むべき道は遠いと初心を強調した。 「選手たちが本当にこの大会で最善を尽くした。自分の技量を100%だしたのが正しい。良いサッカーをしたと思いますが、ここで満足してはいけない。ブラジルW杯での経験したように、国民が良く見ていただいて、たくさんの応援したということに運び去られて停滞してはいけない。所属チームに戻って良い競技力を見せて、チームとなっては一段階アップグレードがなければならない。」 代表の次のミッションは、2018ロシアワールドカップ出場である。すぐに2015年6月から予選のスケジュールが開始される。「ワールドカップとアジアカップ異なっていることに留意すべきである」と言われたキ・ソンヨンは、今後さらに発展していなければ、栄光がないだろうと強調した。「これからが重要である。すべての選手が、今後より良い姿見せなければファンも好きだし、良い成績出すことができるだろう。」 空港に到着してから多くのファンを運転し通ったキ・ソンヨンは出国場に入るまでファンのサイン要請を拒まない、長い時間を過ごした。2年前までSNSを介して示されている光の姿でファンの批判を受けたキ・ソンヨンの子供の姿はもはやなかった。キ・ソンヨンはいつの間にか代表の主将職が似合うベテランへの道を歩いていた。
スポンサーサイト

theme : 韓国メディア情報
genre : テレビ・ラジオ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tyumiko

Author:tyumiko
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク